FC2ブログ

オーニソガラム その8

今日は、オーニソガラム・シルソイデス、エベレスト(ユリ科、ヒヤシンス科)です。

この花は、2012年12月13日に、知人からいただいて、育てています。
2013年6月8日のブログに、つぼみから開花までを載せました。
昨年は、5月1日から6月5日の様子でしたが、
今年は、少し早目の花芽が出てきた時からです。

2014.04.14 撮影
1406126.jpg

2014.04.17 撮影
1406127.jpg

2014.04.24 撮影
1406128.jpg

2014.04.25 撮影
1406129.jpg

2014.05.02 撮影
1406130.jpg

2014.05.11 撮影
1406131.jpg

2014.05.13 撮影
1406132.jpg

2014.05.19 撮影
1406133.jpg

2014.05.25 撮影
1406134.jpg

1406135.jpg

2014.05.27 撮影
1406136.jpg

2014.05.29 撮影
1406137.jpg

2014.05.31 撮影
1406138.jpg

2014.06.01 撮影
1406139.jpg

2014.06.06 撮影
1406140.jpg

このオーニソガラム・シルソイデス、
エベレストのように円錐形の花序に咲きます。
花穂が長いので、頂上まで開花するのを待たず、
最初に咲き始めた花は、種を作っています。
この種から発芽する様子、球根が形成されている様子は、
2013年11月4日のブログに載せています。
その時に、数名の方に、2年経ったけど、
開花までに至らなかった株を、貰っていただきました。
皆さん、上手く育てられて、早目に花が咲いていました。

うちのも、今年も綺麗に、咲いてくれて、嬉しいです。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

植えていたのに目が出て来ません。
腐ったのかも知れませんね。
今年はチューリップの八重の花が出て来ませんでした。
私は毎年植え替えていません。
その為だと思います。でも夏咲きの物は出ています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

豪華できれいですね。
嫁入りオーニソガラム、こちらは、早目に咲きました。
約二ヶ月の差があるようですね。
次年度の成長が楽しみです。

曇ったり晴れたり、降ったり止んだり、そんな一日でした。
梅雨はいやですね・・・。

こんばんは

オーニソガラムっていうのですね。
咲いていく様子は初めて見ました。
小さな蕾からこ〜んなにたくさんのお花が咲くなんて
とってもきれいですね。

No title

この花のように穂状のものは一堂に満開
と言うわけにはゆかないようですね~
シルベビアーナなどと似ているのでしょうか?
    

種蒔くんさま

オーニソガラム・シルソイデス、
梅雨から夏の高温多湿で腐ってしまうことがあるのですね。
うちは、鉢植えなので、乾燥気味になってるからか、
しっかり育っているようです。
チューリップも、鉢植えだと、
掘り起こしたほうがいいみたいですね。

鍵コメさま

オーニソガラム・シルソイデス、うちのは親株ですし、
花茎が長く伸びていますが、4本で、支えあってる感じです。
先日、これをくださった方が来られて、
うちのより元気って言ってました(笑)
秋に植え替えしたのが良かったのかも(^^ゞ
来年は、もっとたくさんの花になると思いますよ。

オダマキ、うちのも種が採れていますが、発芽率が悪いので、
出来れば、色々いただきたいです。
薄いピンクはダブルの感じですね。
よろしくお願いします。

カズジイーさま

南の島にお嫁入りしたシルソイデス、
ほんと、早くに咲いていて、びっくりしました。
親株は、やっと、咲きました(^^ゞ
娘株は、来年は、もっと豪華に、親を超えて咲くでしょう(*^。^*)

昨日曜日は、霧雨の中、朝6時から
「市民一斉清掃」で、溝掃除をしました。
そのあとの、「町内青空コンパ」は、屋根付きの駐車場でした(笑)
青空が恋しいですね。

テト母さま

オーニソガラム・シルソイデス、白い花がたくさん咲いて、綺麗でしょ(*^。^*)
花嫁さんが持つブーケにも、使われているそうです。

最後の写真で分かるように、下の方の花は、もう種になり始めています。
この親の子供達がたくさん育っています。
夏の高温多湿で、球根が腐ることがあるようなので、
秋に、球根になっているのを確認してから、お送りしますね。
秋植え球根として育てて見てくださいね。

ひげ爺さま

そうですね、ひげ爺さまが、育てていらしゃったシルベビアーナ?・・・
シラーベルビアナも、同じユリ科ヒヤシンス科なので、
最初から最後までが一斉に開花にはならなかったようですね。

でも、このオーニソガラム・シルソイデスは、
下の方の花1つずつが、もう種になり始めています。
ほとんどが種になるので、子供がどんどん増えています。
そして、ユリと同じで、最初の年は頼りない葉っぱだけ、
2年目に立派な葉ができて、球根も充実して、
3年目に花が咲くようになります。
その子供たちもたくさん育っています。
良かったら、貰ってくださいませ。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle