FC2ブログ

アメリカンブルー

今日は、アメリカンブルー、エボルブルス (ヒルガオ科)です。
このアメリカンブルーは、非耐寒性宿根草です。
昨年も夏に近くのホームセンターで、購入して育てましたが、
冬、室内に移動した後、元気がなくなり、今春に、枯れてしまいました。
それで、もう一度、挑戦しようと、今年は、5月に同じホームセンターで、
2株購入しました。
高温乾燥に強く、真夏に、ブルーの花を咲かせます。

2011.05.17 撮影 一株は、オトメキキョウの隣に植えました。(上の方の小さな苗)
1112363.jpg

2011.07.05 撮影 もう一株は、単独で。
1112364.jpg

               綺麗なブルーの花。(単独の方が、花が大きいようです。)
1112365.jpg

2011.07.31 撮影  枝が伸びて、花数が多いです。
1112366.jpg

2011.10.07 撮影  単独の方は、葉の色が少し茶色に。
1112367.jpg

2011.10.22 撮影  単独の方は、上に枝が伸びています。
1112368.jpg

2011.11.16 撮影  こちらは、枝が横に伸びています。
1112370.jpg

1112371.jpg

陽のよく当たる所に置いて、育てたので、大きく成長し、
12月に入っても花を咲かせていました。
最高気温も16度ぐらいあったし、花を咲かせていたので、
屋外に置いていました。

少し寒い日の朝、アメリカンブルーを見ると・・・・・
2011.12.15 撮影
1112372.jpg

一晩で、枯れたような状態です。
南関東以西では、霜の降りないベランダで越冬可能と書いてあったのに・・・
冬は霜に当てず、暖かい場所で管理するとも書いてあったのに・・・
暖かい場所に移動する前に、残念です。
3冊目の本を読んで、納得しました。
それには、越冬には10度以上は必要で、凍結すると枯れてしまうと書かれていました。
最低気温が10度以下になったから、一晩で枯れてしまったのです。
昨年も室内と言っても、玄関の廊下だったので、たぶん10度以下になったと思います。

2度目も宿根草になりませんでした。
もう少し早めに切り戻して、元気のいい枝を挿し木にしておけば良かったのに、
後悔しています。
また来年3度目に挑戦します。

最後に昨年のアメリカンブルーの写真を。

2010.07.23 撮影
1112373.jpg

来夏もこの爽やかなアメリカンブルーの花に出逢えますように。

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
始めの写真の花は、おとめキキョウでしたか。
我が家でも毎年楽しんでいます。

とっくんさんは勉強家ですね。
お花の博士の称号をあげます~
アメリカンブルーもお庭を引き立ててくれますね。
来年も楽しみにしていますよ~

今日は今年初の冷えらしいです…
札幌は-6℃でまだ大した事ないです。

サンダーソニアMさま

ありがとうございます。
勉強しないと花に申し訳なくって。
せっかく芽を出してくれたのだから、
出来るだけ綺麗に、長く、咲き続けてほしいと願ってます。
まだまだ初心者で失敗ばかりしています。
耐寒性、耐暑性、水のやり方、試行錯誤です。

花を楽しむ方法にブログも加わったので、
写真の撮り方、文章の書き方も勉強しないとですね。

今日は、9度ぐらいでしたが、雨が降らなかったので、
主人と『香木の森』に行って、花苗を購入して、
温泉に入ってきました。

札幌、冷えてるのに、大したことじゃないと言える、
サンダーソニアMさまは、素晴らしいです。
感服しています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle