FC2ブログ

チューリップ祭 その2

今日は、5月4日に行った、「世羅高原農場 チューリップ祭」の続きです。

今日は、気になったチューリップとチューリップで描くお花模様の様子です。

いかにもチューリップといった赤と白
1405130.jpg
そして黄色
1405131.jpg
今年お気に入りの「アンジェリケ」
1405132.jpg
房咲きの紫色
1405133.jpg
八重の紫色
1405134.jpg
紫に白の縁取りの「シエナダブル」
1405135.jpg
「マリリン」
1405136.jpg
白地に赤の絞りの「グランドパーフェクション」
1405137.jpg
「サッポロ」
1405138.jpg
オレンジの中に、八重の黄色が1株
1405139.jpg
房咲きの黄色地にピンク
1405140.jpg

花絵を見るために、「初恋の丘展望台」に昇って、
1405141.jpg

1405143.jpg
反対側にある「森の展望台」に歩いていきます。右端の子供が孫1号です。
1405145.jpg

1405146.jpg
「森の展望台」に昇って、
1405147.jpg

1405148.jpg
ここで見納めです。
1405150.jpg

お天気も良くて、絶好の花観賞日和でした。

子供の入場者には、「スタンプラリー」のカードがついていて、
園内の3か所でスタンプを押すと、
好きなチューリップを、球根ごと持ち帰れました。
うちの孫1号は、房咲きの黄色のチューリップを選んでいました。

チューリップを満喫して、
世羅温泉「せら香遊ランド」で、日帰り温泉に入浴して帰りました。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成した時の事を考えて作っていると思いますが
こんなに上手く作るって大変な事だと思います。
目視で作っているのか、、、機械でっているのでしょうか。
植えている所も見て見たいですね。

こんにちは〜

何という見事な 花絵でしょう!
素敵です!
やっぱり、 全体を見渡せる展望台があるのね。
これは高い所から じゃないとねー!
スタッフの皆さんの 努力が感じ取れますね。
この広さを ちゅうりっぷだけで 占めたとはあっぱれ!

農場というからには 本来は 試験場?みたいなのかしら?
帰りは、ゆっくりと温泉に浸かって いい GW でしたね。

No title

見渡す限りのチューリップ。すごいですね〜。(@@)
神業ですね、この揃い方。
ホント、たまにちっちゃいのが下の方で咲いてると
ホッコリしますね。
花絵はどうやって作ってるんでしょうね。
メイキング映像とかあったら面白そう。
スタンプラリーで、お持ち帰りできるのいいですね。

温泉も、いいですね!

こんばんは

すご〜〜い!!
こんなのあると壮観です。
チューリップはたくさんあると本当にいいですね。
お天気も良くて
お孫さんと素敵な休日でしたね。

色恋しや

見慣れた代表色を筆頭に各種色大集合ですね。
どれも見応えありますね・・・。
初恋の丘に登れば胸のときめき、あれから何年・・・?
孫に引かれて森の展望台、眺めて撮ってまた眺め、
ワクワクソワソワ、色の誘惑、観納め時を惜しみつつ、
庭のお土産手にとりて、帰る家路の温泉風呂、いいですね。

楽しさ、嬉しさ倍増の日でしたね。
おつかれさま、ごくろうさまでした。
沢山のチュリップありがとう・・・。

No title

富山のチューリップ産地の砺波市では
チューリップフェア―が開催され
約三十万人の人出と報じていましたよ。

種蒔くんさま

前に、ダリア祭を見に行ったときに、
スタッフの方が高齢だったので、驚きました。
改めて、「世羅高原農場」のホームページを見ると、
花守リさんは4名となっていました。
秋に、自分たちの手で球根を植えたそうです。
花絵だけでも、20万本のチューリップだそうですよ。
凄いですね。

のぶり~んさま

「世羅高原農場」、最初は葉タバコの生産組合から始まったみたいです。
春のチューリップ、夏のヒマワリ、秋のダリアの花祭以外の時は、
標高500mの高原を生かした大根とかを作ってるみたい。
70万球も植え付けるの、大変でしょうね。

花絵の展望台は、手前のところと、奥のところと2か所ありました。
それでも、せいぜい2階ぐらいの高さなので、全体は見渡せません(^^ゞ
下絵を描いて、それぞれの色の球根を植えていく作業、
気が遠くなりそうですね。

孫は小学2年生なのに、温泉が好きで、
何処に行っても温泉を探して、入浴します(^^ゞ

amocsさま

「世羅高原農場 チューリップ祭」のスローガンは、
「どこまでも続く花と空・・・
胸いっぱいに深呼吸したら、笑顔の私がいた。」でした。
本当に、凄いですよね。
4名の花守りさんが、頑張って、手で植えてるみたいです。

「花摘み畑」というのもあって、大人も、
気に入ったチューリップは球根ごと、1株=100円で持ち帰れます。
おばあさんが、プランターに10本植え付けたのは1000円で売られていました。
こちらでは終わってしまったチューリップを、又楽しめてよかったです。

出掛けると、必ず温泉に行く、ちびおっさんの孫1号です(笑)

テト母さま

テト母さまのお庭には、たくさんのチューリップでしたが、
我が家は、せいぜい20本、
この花絵だけでも、20万本・・・凄いです(^^ゞ
ほんと、チューリップは、たくさんの方が、圧倒的に素敵ですね。
来年もテト母さま、たくさんのチューリップ、植えてくださいね。

5月5日のこどもの日は、雨の予報だったので、1日早く行きました。
チューリップと温泉で、心も体もリフレッシュできました(*^。^*)

カズジイーさま

本当に、たくさんのチューリップ、70万本は凄いです。
色とりどりのチューリップ、どれも素敵でした。
どうしたら、こんなにスーと整って咲くようにできるのでしょう。
どれも同じ大きさになんて・・・(^^ゞ
気になったチューリップ、本当は、もっともっとたくさんでした(笑)

花絵を見たさに、展望台の階段も軽い足取りでした。
(何十年前の初恋の時のように(^^ゞ)
20万株を8マスの中に植え付けて、見事な花が咲いていました。

花植栽面積約8万㎡、ゆっくり歩いて、堪能できました。

温泉に入って、疲れも吹き飛びました(^^ゞ

ひげ爺さま

やはり、チューリップの本場の富山県砺波市は、別格ですね。

ここ「世羅高原農場」の年間入場者数が、15万人ぐらいだそうです。
春のチューリップ、夏のヒマワリ、秋のダリアの祭りを合わせてです。
5月5日のこどもの日が、雨の予報だったので、
5月4日に行きましたが、駐車場に入るのに、
1kmの渋滞でしたが、田舎人は凄いなぁと思っていました(^^ゞ

でも、広々とした園内は、それほど混雑していなかったので、
十分楽しめて、よかったです。

No title

素晴らしいですね。
北海道もチューリップの公園はあるんでくが。
遠くてなかなか行けません。
素晴らしいです~

サンダーソニアMさま

70万本のチューリップ、ほんと素晴らしかったです(*^。^*)

気になったチューリップの中に、「サッポロ」がありました。
サンダーソニアMさまを、思いました。
清楚な白だけど、華があって、明るくって・・・

花絵だけでも、20万本です。
チューリップだけで、花の絵をかけるなんて、素晴らしいですね。

北国も、一遍に春が来たでしょうね。
2012年のことを、懐かしく思い出しています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 12年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle