FC2ブログ

カランコエ その7

今日は、カランコエ、ベニベンケイ、カランコエ・ブロスフェルディアナ(ベンケイソウ科)です。

この花は、2008年12月に、50円で購入したカランコエの子供です。
2013年4月23日のブログに載せたように、親株は今年の3回の雪でダメになりました。
子供たちは、4株が成長しています。
11月28日の朝、初雪が降ったので、急いで室内に取り込もうとしたときに、
つぼみに気がつきました。
2日後に、また外に出して、撮影しました。

2013.11.30 撮影
1312030.jpg

1312031.jpg

1312032.jpg

1312033.jpg

全体を写すのを忘れていたので、また3日後に。

2013.12.03 撮影
1312034.jpg

もう一つの鉢にもつぼみを、見つけました。

1312035.jpg

1312036.jpg

1312037.jpg

何とも可愛いつぼみです。
この花が咲いていた時の様子です。

2013.04.22 撮影
1312038.jpg

1312039.jpg

1312040.jpg

1312041.jpg

カランコエは、花の咲く多肉植物で、丈夫で育てやすいです。
日照時間を調節する短日処理で1年中開花させることができるようです。
私は、冬に室内に取り込むだけで、
(今年の1・2月は、親株を玄関軒下に置いていて、雪でダメにしてしまいましたが)
春先から外に置きっぱなしです。
そういえば、10月ごろまで咲いていたような・・・
その花がらを摘んだら、すぐに次のつぼみができたようです。

本来は、花後、株元から1節を残して、切り戻しをしたほうがいいようです。
切り戻した枝は挿し木に出来るので、また増えますね。
私は切り戻しが苦手なので、大きく伸びた姿は、ちょっと間延びしています。
今年は幸いなことに、強風などで鉢が倒れることがなかったので、
挿し木ができませんでした。
でも、この子供たちの子供が、昨年から2鉢成長しています。

今年は、早めに室内に取り込んだので、
このつぼみたちが、どれくらいで開花になるでしょう。
また、しばらくは、どうなっているか、しっかり見張りましょう。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうしてもはじめにコメントするとプログラムの停止が出て来ます。
直して書くとかな変換ではなくなっています。
でもだいぶ慣れました。今度は画面が一旦切ると立ち上がれません。
今では一日つけっ放しで使っています。
カランコエの花は引越しをしてからは育てていませんよ。
園芸店にもなかったと思いますよ。

No title

カランコエは寒さに弱いので越冬に失敗してから
持っていません。
葉のつやも良く花も可愛いので好きなのですが。・・・

前頁の十両自分の生家跡にあるのを想いだしました。
お正月の寄せ植えなどにも良いDすね。

こんばんわ


白のカランコエ清楚でいいですね
多肉なので簡単に挿し芽でも着くんですよね
なのに私もダメにするかな。。
室内では暖房も利いていて置く場所もなく
ビニールハウスでは他の多肉ちゃんも頑張っているから
再度挑戦してみようかな~♪



こんばんは〜

HCのイベントで 頂いた オレンジ色のカランコエ。
今日見たら古い花柄の間から 新しい花芽が出てました。
大きさは とっくんさんのと同じくらいです。
蕾も沢山出ていますね。
うちのは、こんなには出てないですー!
白も 清楚で綺麗ですよね。
私も 来年は 早速 挿し芽をしようと思います。

種蒔くんさま

パソコンの調子が、なかなか良くなりませんね。

カランコエ、こちらでは、通年販売されています。
いろいろな色がほしくなりますが、
この2008年から育てている白色に、一番愛着があります(^^ゞ
うちには、赤、八重の黄色、濃い桃色もありますが、
同じように育てていても、こちらはつぼみが見えません。
白色が一番優勢のようです(^^ゞ

ひげ爺さま

カランコエ、多肉植物なので、葉に厚みがあって、
可愛い花がたくさん咲くのが、いいです(*^。^*)
私も、昨冬は、大株を枯らしてしまいましたが、
子株が生き続けてくれたので、助かりました。

ひげ爺さまの育てていらしゃる「エケベリア」は、多肉植物ですよね。
冬越しは、どうされていますか。
同じ方法で、大丈夫だと思いますが・・・

ほんと、「十両」小さな赤い実が可愛いです。
ひげ爺さまは、「万両」を育てていらっしゃるので、
お正月は、「万両」ですね(*^。^*)

せつママさま

カランコエ、花色が豊富なので、いろいろ欲しくなってま~す。
でも、最初に育て始めたのが、白色だったので、これが1番かなぁ(^^ゞ
小さな花がたくさん咲くのが好きなのもありますね。

挿し木は、鉢が倒れて、枝が折れるたびにしていました。
水差ししているだけで、簡単に発根するので、いいですよ。
白のこの大きさが4鉢、その子供が2鉢と、増えています。
ぜひ、また挑戦してくださいね。

のぶり~んさま

カランコエも、ポインセチアと同じように、短日処理で、花が咲くようです。
なので、室内に入れても、滅多に夜に、電気を付けない部屋の縁側に置いています。
春先からは、1番おひさまにあたる所が定位置です。
カランコエもおひさまに当らないと、花つきが悪くなるようです。
冬の間に徒長してしまった株も、おひさまにあたると、茎の途中から新芽が出てきます。
カランコエを見るたびに、植物には、おひさまが必要だと、実感します。

オレンジのカランコエ、たくさん花が咲くといいですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle