FC2ブログ

ツワブキ その3

今日は、ツワブキ、イシブキ、ツワ(キク科)です。

この花は、植えた覚えがないのに、庭のあちこちで咲いています。
2011年11月20日のブログに、2011年10月18日から11月4日の様子、
2012年11月27日のブログに、2012年11月2日の開花の様子を載せています。
今日は、今年1番に咲いたツワブキの様子です。

2013.10.18 撮影 つぼみができています。
1310389.jpg

1310390.jpg
              少しいびつな花が1輪咲いています。
1310391.jpg
              1輪をアップで。
1310392.jpg

台風と秋雨前線のために、雨の日が続いていて、庭に出られなかったら、
たくさん咲いていました。

2013.10.26 撮影
1310393.jpg

1310394.jpg

2013.10.27 撮影
1310395.jpg

1310396.jpg
              株全体の様子です。
1310397.jpg

2013.10.28 撮影 株全体の様子です。
1310398.jpg

1310399.jpg

1310400.jpg

ツワブキの名前は、”つや”のある葉から”つやぶき”。
それが変化して「つわぶき」になったようです。
これは、葉から名前が付けられていますね。

ここ以外の場所は、まだ、花茎も上がっていないので、
11月になってからの開花になるでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツワブキの花は植えていない花の一つです。
小さい頃は早春にツワブキの新芽を摘んで食べていました。
皮むきの時は手にアクがついて真っ黒になります。
今ではとる人もいないと思いますよ。

No title

ツワブキ野の花ですよね。
庭の彩りに良いですね。

こちらの紅葉は日増しに色つき錦絵と言った所です。
今年は近場で楽しんでいます。

No title

ツワブキの黄色がとても鮮やかですね。

自分の庭にも今年はなんとか見れそうです。

No title

早いですね・・・!
もう、ツワブキの季節!
こちらは、まだまだ!
食用にもなる秋の味覚!
寒さが小走りにやっくるというのに!
黄金の秋はまだまた続きそう!

季節のずれを感じさせるツワブキの花も栽培しているんですね。
お見事です・・・。

こんにちは~

”つわぶき” って日陰が好きな植物ですよね?
植えた覚えのないお花って つわぶきもそうなのね。
自然の場所に咲いてるのが似合いそうです。

鳥さんなどがついばんだ実の種を排泄して落とすのでしょうね
うちのベランダにもよく落ちてます。
こうしてあちこちに発芽するんだな・・と
でも つわぶきは まだ出た事はないです。
ご近所さんにもないのかな??

No title

こんばんはー。のぶり~んさんみ―っけ♪
ツワブキさんのお名前って、そういうことだったんですね。ああ、こういったことを知ると、なんだか心豊かになります。葉っぱからのお名前だったようですが、お花もあたたかな黄色が魅力的ですよねー。好きです。我が家でも今いーっぱい咲いています。実家から引っ越してきた斑入りの葉っぱのツワブキです。あのお~、蕾の形がね、いつも思うんですが洋菓子の「カヌレ」のよう。ぐふふ~。いつだって食い気でハズカシイですねえ。スミマセン。。。

種蒔くんさま

ツワブキ、植えたつもりはないのですが、庭に勝手に自生しています(^^ゞ
黄色い花が咲くと、木陰が明るくなるので、いいかなぁと。

うちでは、まだ、早春の新芽の綿毛がついたのを採って食べています。
そうそう、皮むきの時、指先が黒くなって、若い時はすぐにとれたけど、
年をとると皺の中に入り込んでなかなか落ちないのが難点です(^^ゞ
でも、美味しくいただけるので、我慢です(笑)

サンダーソニアMさま

野の花のツワブキが、うちの庭のあちこちで咲いています。
ほんと、日陰に咲く花ですが、黄色の花が咲くと明るくなります(*^。^*)
ツワブキも季節を知らせてくれるように、毎年同じ頃に咲いてくれます。

今年は、紅葉が早いかもと思っていましたが、こちらはまだまだです。
サンダーソニアさま、北海道の秋、思う存分、味わってくださいね。

ひげ爺さま

ほんとうに、ツワブキの鮮やかな黄色の花、明るい気持ちになりますね。
木陰に咲いているので、自然光がほとんど当たらなくて、
写真に撮ると黄色が薄くなってしまうような・・・・・

今年は、葉の緑も一段と綺麗に見えます。
ひげ爺さまのところでも、咲くといいですね。
咲いたら、ブログに載せてくださいね。

カズジイーさま

ツワブキ、栽培してるわけではありませんが・・・・・
うちの庭が気に入ったようで、あちらこちらで、自生しています(^^ゞ
でも、食べることができるので、助かっています(笑)

ツワブキは、うちでは、いつも同じ頃に咲いていると思いますが、
寒い方が早く咲くのでしょうか?
南国は、もっと寒くなってからですか。
食べるのは早春の新芽ですが、
黄色の花が咲くと気持ちまで明るくなって、いいです(*^。^*)

のぶり~んさま

ツワブキ、いつの頃からか分からないぐらい以前から、自生しています(笑)
元が山だったところを中腹まで切り開いて住宅地にしているので、元々あったのでしょうか(^^ゞ
それと、うちは、前に3階建ての建物があって、日陰になっているので、
ツワブキの住み心地がいいのだと思います(笑)

そうですね、鳥が運んでくれた最大のものは、サルスベリの種です。
あと、クロガネモチや苗代茱萸、ヤマイチジクとかも、木になっています(笑)

もじゃみ母さま

ツワブキ、葉が深緑色で、ワックスのような層でコーティングしていて、
ツヤツヤとしているからだそうです。
黄色い花もパッと咲いていて、気持ちまで明るくなる感じがいいですね。

ツワブキの班入りの葉があるのですね。
通常とは違う葉の形や、葉の表面に模様が入るものには、名前がありますね。
「金紋」「金環」「獅子葉」「縮緬」「白覆輪」とか、もじゃみ母さまのはどれでしょう。

「カヌレ」、本当に蕾とそっくりですね。
型を考えた人が、ツワブキのつぼみから連想したのでしょうか(笑)
でも、フランスにツワブキ、自生してるのかなぁ(^^ゞ

No title

ツワブキって素朴さが好いですよね~。
名前の如く葉っぱが艶やかで 花も愛らしいし
増えてきたら野生美漂って素敵でしょうね!
班入りのツワブキも見たことありますが 
こちらも中々の目立ちがりやさんでした。

nagomiさま

ツワブキ、日陰を好むようなので、木の陰で、ひっそりと咲いていますが、
黄色の花は、パッとたくさん咲くので、目立ちますね。
今年最初に咲いたほうは、大きなつつじの木の下ですが、
次に咲くのは、玄関アプローチの花壇の柘植の木の下にずら~と咲くので、
黄色い花と深緑の葉との対比が、綺麗ですよ(*^。^*)
夏には、大きくなったツワブキの葉が凄く邪魔ですが、
秋になって花が咲くと葉との対比で葉が重要になります(^^ゞ

班入りの葉、実物を見たことがありません。
今度、存在感のあるツワブキの班入り、実物を見てみたいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle