FC2ブログ

フジバカマ その3

今日は、フジバカマ、ランソウ(蘭草)、コウスイラン(香水蘭)(キク科)です。

この花は、2012年10月8日に、島根県邑南町の『香木の森公園』で、購入しました。
2013年10月11日のブログに、9月9日から10月10日までの
つぼみから開花までの様子を載せました。
今日は、その後のフジバカマの様子です。

2013.10.10 撮影
1310347.jpg

1310348.jpg

2013.10.15 撮影
1310349.jpg

1310350.jpg

2013.10.18 撮影
1310351.jpg

1310352.jpg

2013.10.19 撮影
1310353.jpg

1310354.jpg

1310355.jpg

フジバカマは、「秋の七草」のひとつです。
万葉集では、「秋の七草」=「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」
と詠まれています。
これは、「ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ」です。
いつか全部の写真を撮って載せたいと思っています。

藤袴と言う和名は、花の色が藤(ふじ)色で、花弁の形が袴(はかま)のようでなので、
ついた名前だそうです。

また、フジバカマの中国名は、蘭草、香草ですが、
生草のままでは無香ですが、乾燥するとその茎や葉が、桜餅の葉のような芳香を放つそうです。
これも、葉を乾燥させて、匂いをかいでみようと思います。

花の名前も、花姿からとか、葉の形からとか、匂いからとか、種の状態からとか、
いろいろな呼び名があって、面白いですね。


(追記)
九ちゃんさまから、ヒヨドリバナとの違いは?と聞かれたので、調べました。
違いは、花ではなくて、葉のようです。

2013.10.26 撮影 これがうちのフジバカマの葉です。
1310356.jpg

3つに分かれていますが、1枚の葉です。
そして、もう一つのヒヨドリバナですが、
2012年11月7日に、うちの近くの法面に咲いていた白いフジバカマとして載せた花、
こちらは、細長い1枚の葉が、対生しています。

2012.10.16 撮影
1310357.jpg

1310358.jpg

1310359.jpg

花はそっくりですが、葉がまるっきり違いますね。
なので、白いフジバカマではなくて、ヒヨドリバナだと思われます。

そして、サワヒヨドリは、下部の3~4枚の葉が、輪生しているそうです。

万葉の時代から、香料などとして愛されてきたフジバカマは、
今、絶滅危惧種だそうで、園芸種としてわずかに残っているようです。
一方のヒヨドリバナは、野生化して、道路脇などで、しっかりと生きています。
フジバカマ、大事に育てたいと、改めて思いました。



スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フジバカマの花は中国名で香草と言う位だと
匂いを感じるかも知れませんね。
葉っぱを乾燥さして香るなんて知りませんでした。
今玄関の横に持って来ています。
それを乾燥して香ってみたいと思います。

No title

フジバカマとヒヨドリバナの違いが解りません。
ピンク系はサワヒヨドリに似てるようですね。
どちらの花もアサギマダラは好きなようですがね。

おはようございます!

フジバカマ、そんな深くは 知りませんでした。
とっくんさんの記事を読むと、いつも なるほどー…の連続 v-410
そこまで!って思うほど 探究心がモリモリで 尊敬しちゃいますーv-424
うちのはまだ 元気に咲いてるけど、だいぶ 倒れました。
もう少し、背が低いといいんだけど・・
咲く前に 切り戻した 方がいいのかな?

台風、こちらは 風も吹かず、梅雨のような雨がずっと降っています。
今日の午後には 回復だそうです。 昨夜の地震にはびっくりしたけど…
とっくんさん地方も 大丈夫でしたか?

No title

頑張ってきれいに咲いたね、フジハカマ!
あれから1週間、色気たっぷりのフジハカマ!
11月の主役になれそうだねフジハカマ!
まだまだ花もきれいだし!
「秋の七草」のひとつだし!

そうでしたか、雨の日は花の本、読書の秋ですね。

種蒔くんさま

そうですね、葉は、乾燥させたり、半乾きの時でも、匂うなんて、知りませんでした。
別名を書いていて、ふと思った疑問からたどり着きました(^^ゞ
万葉の時代から、黒髪を洗うときに、この葉を水につけて、髪を洗ったそうです。
なので、ハーブ園で売られていたのだと、納得しました(^^ゞ

九ちゃんさま

ヒヨドリバナのこと教えていただいて、ありがとうございました。
記事に追記させてもらいました(^^ゞ
教えていただけなかったら、
近所で咲いていたフジバカマの白い花と思い込んでいました。
花がそっくりなヒヨドリバナだったのですね。
流石、山野草に詳しい九ちゃんさまです(*^。^*)

のぶり~んさま

朝の地震、大丈夫で、良かったです。
こちらも、不安定な天気で、雨ばかり降っています。
大きな梅の木の葉が、黄色になって、すっかり落ちています。
秋の恒例行事、落ち葉掃きの季節になりました(^^ゞ

フジバカマ、ハーブ園で売られていたのに、香りのことまで気が回りませんでした。
植物って、調べれば調べるほど、ふしぎ発見!です。

うちのは、アメジストセージと同じぐらいの草丈、60cmぐらいですが、
低く育てるためには、6月に切り戻しするといいようです。
地下茎で繁殖するので、地植えだと、どんどん広がるそうですよ。

カズジイーさま

ほんと、フジバカマ、色からでしょうか、色気がありますね(*^。^*)
あと、花の形が、袴に似てるということが、表現できなくて・・・・・
もっと、小さいものが綺麗に写るカメラだったら・・・・・
でも、古いコンデジ、写らなくなるまで使うと思います(笑)

花の本は、名前の由来とか、咲く時期、育て方がわかって、
次の予定がたてられるので、眺めています(笑)
そして、名前の知らない花も、写真で見れるので、楽しいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle