FC2ブログ

フウロソウ その5

今日は、フウロソウ、神輿草(ミコシクサ)(フウロソウ科)です。

この花は、9月19日のブログに開花の様子を載せました。
今日は、花後の種ができて、神輿の飾りのようになる様子です。

2013.09.11 撮影 開花の様子です。
1310242.jpg

2013.09.14 撮影
1310243.jpg

2013.09.20 撮影 種ができ始めています。 
1310245.jpg

1310244.jpg

2013.09.20 撮影 違う鉢の全体の様子です。
1310246.jpg

2013.09.23 撮影
1310247.jpg

2013.09.24 撮影
1310248.jpg

ここから少し間があって、

2013.10.05 撮影 とんがったものの下のほうに種があります。
1310249.jpg

2013.10.11 撮影 全体に黒くなって、種の形がしっかりしてきました。
1310250.jpg

2013.10.14 撮影 緑の種の間で、黒く丸まった種、発見。
1310251.jpg

1310253.jpg

1310252.jpg

1310254.jpg

フウロソウの種、神輿の屋根の飾りのようになっています。
フウロソウの名前と共に、神輿草の別名、ピッタリですね。
くるんと丸まった先端に1個ずつ種があります。
この丸まったものがばねの役目をして、
種を飛ばして、子孫を増やすのだと思います。

神輿草という名前を付けた人は、花姿からではなく、
種ができてから、飛ばす状態になったのを見て、名前を付けたのでしょう。

花たちも子孫を残すために、いろいろ工夫されて作られているのですね。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何回書こうとしてもプログラムの停止が出ます。
昨日息子が来た時に聞こうとしました。
メールも書いても遅れないので先にそちらを聞いたら
メールのアドレスが変わっていると言っただけで帰ってしまいました。
台風のあとなので早く帰ったと思います。
フウロウソウは春咲きの物は沢山植えましたが
いま咲いている物はないですよ。
秋蒔きで種を蒔いて育てています。
2葉が出て来ていますよ。

No title

花たちも、10月も中旬をすぎると忙しそうですね・・・。
フウロソウ、終わってみれば種姿、正に神輿の飾ですね。
うまく撮れましたね、育つ過程が見て取れます。
子孫繁殖の準備、お見事です。

フウロソウ、その4、見たかったです。
台風また発生、うねりを求めてサーファたちは海へ・・・。

No title

おもしろ〜い。本当にお神輿の飾りみたいになるんですね。
ゲンノショウコの種も同じような形ですけれど
こんな風にクルンとなったのは、見たことありませんでした。

ヒメフウロの種、見損ないました。
今度見てみます。

それにしてもいっぱい咲いてきれいですね。
我が家はゲラニウムも枯れたようですよ。
こぼれ種で出て来てくれるといいんですけど。

種蒔くんさま

うちのフウロソウは、9月に咲いて、今、種になりつつあります。
この花より小さなフウロソウは、もっとぎざぎざの葉のが、でてきました。

アグロステンマが、2葉が出て、3cmぐらいになりました。
いただいた種は、まだ発芽していないと思いましたが、
今日見たら、ほんの小さな緑の点が見えました(^^ゞ

パソコン、調子が悪いと、大変ですね。
ちょっとしたことで、悪くなったり、良くなったりするときがあります。
息子さんが、ゆっくりした気分の時に見てくれると、助かりますね。

カズジイーさま

和名の神輿草、納得ですよね。
ここまで見て、名前を付けるなんて、凄いですね。
9月中旬まで咲いて、10月中旬になって種になる時間、結構かかるものです。
まぁ、この種が育って、花が咲くまでは、1年か2年かかるのですから、
花を見るまでは、ずいぶんの時間待たないといけないということですね。
それでも、花が咲き始めると多年草なので、毎年、咲いてくれるのが嬉しいです。
ごめんなさい、その3のあとが、その5です。
すべてその4は欠番で、ありません。

姫檜扇も多年草です。
ゆっくり、待ちましょうね。

台風、もう来てほしくないですね。

amocsさま

ほんと、凄いですよね。
こんなにくるんとなって、その先に1つずつ種がついてるなんて・・・
私も、一昨年、初めて見つけたときは、感嘆しました(^^ゞ
それまでは、黒くなった時点で、切り取って、鉢の中に、ばら撒いていました。
どうして、神輿草って、言うのかなぁと調べていて、分かった時は、納得でした。
この種の写真の鉢は、もう3年ぐらい咲いているので、
大きくなりすぎて、姿が綺麗じゃありませんが、
種はたくさんできています。
お送りしましょうか。
ただ、オダマキと同じで、2年目に花が咲くようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle