FC2ブログ

フウロソウ その3

今日は、フウロソウ、神輿草(ミコシクサ)(フウロソウ科)です。

この花は、2011年11月30日のブログに、
開花から種ができるまでを載せています。
種ができてから、鞘が反り返って神輿の屋根の上の飾りのようになるので、
神輿草という名前になったようです。

2012年9月4日のブログにも、
2種類のフウロソウの開花の様子を載せています。
今日も、2種類の開花の様子です。

2013.09.06 撮影
1309202.jpg

1309203.jpg

1309204.jpg

2013.09.11 撮影
1309205.jpg

1309206.jpg

2013.09.14 撮影
1309208.jpg

2013.09.18 撮影 3鉢にまとめた鉢のひとつです。
1309209.jpg

1309210.jpg

このフウロソウは、2010年に娘の庭から、移植した2株から、
どんどん増えて、まとめた鉢が、3鉢になりました。
可愛いので、増えてくれてうれしいです。


そして、もう一つ。2011年11月に、アグロステンマの苗を
知人からいただいて、偶然その中に入っていたフウロソウです。
こちらは、春に咲いていました。

2013.04.19 撮影
1309211.jpg

1309212.jpg

2013.04.22 撮影
1309213.jpg
 
1309214.jpg
              鉢全体の様子です。
1309215.jpg

こちらも、1株から少し増えました。
このフウロソウは、種ができるとき、神輿のようにはなりませんでした。

上のフウロソウは、10月の上旬には、神輿の屋根の飾りのようになるでしょう。

世界中に400種もあるといわれているので、うちの2種の名前はわかりません。
それでも、自分で種を飛ばして、増やそうとするフウロソウ、有難いです。

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フウロウソウはあんなに植えていましたが
今年の夏の暑さで全滅かも知れません。
フウロウソウの仲間で一番遅くまで咲いていた物は
根っこが残っているかも知れません。
自然の暑さには負ける事も多いと感じています。

No title

ピンクのフウロウソウは我が家にもあちこちに咲いてくれます。
植えた覚えが無いのでどこからか飛んで来たのでは???
それとも小鳥かな見事な雑草だらけの庭になってきました。

旭岳の霜が降りたようです。
冷えていますよ~

No title

庭の花見のポイント、フウロソウ!
満開になると鉢いっぱい咲き乱れ・・・?
この週末、庭の花祭りかな?
赤やピンク咲き乱れそうですね・・・!
神輿の屋根の飾りのようだよ、フウロソウ!

そうですか、400種類も・・・。名前も400?

No title

フウロソウ、よく咲いてきれい〜。
葉っぱも青々してますね。

お仲間のゲラニウム、うちのはどっちも息も絶え絶え。
枯れたかもしれません。
こぼれ種でどこかから出て来ることを期待、ですね。

ヒメフウロは他の葉陰で夏越し出来たみたいです。

↓ガザニアもよく咲いててすごいです。
元気の出る花ですよね。
うちは消えちゃいます。水はけと日当りよくないとダメなんでしょうね。

↓ キキョウ、うちのも種が出来たらしく
株元に小さい芽が出ていました。
種からも育つんですね〜。

こんにちは~

フウロソウ、可愛いお花ですねぇ・・・
正に とっくんさん好み!
好きなお花がどんどん増えていくのは 嬉しいですよね。
花びらの先が丸いので 一層、愛らしさが増してますね。
神輿草とも言うんですか!
その状態も見てみたいです・・。

No title

フロウソウと言うのですか春咲きと秋咲きが有るのですね。
神輿のような実を見たいですね。

種蒔くんさま

フウロソウ、夏の暑さが苦手なのですね。
いろんな鉢から、生えてくるので、丈夫な花だと、思っていました。
高温多湿で、立ち枯れることもあると、わかりました。

フウロソウ、根っこが残っているといいですね。
こぼれ種から発芽してくれると、もっといいですね。

サンダーソニアMさま

フウロソウ、小さくて可愛い花が、次から次に咲いてくれて、嬉しいです。
そして、子孫を残すために、種子を自分で飛ばすようです。
小鳥たちからの贈り物、ロマンを感じますね。

北海道、大雪山系は、例年より6日も早く、初冠雪だとか。
旭岳のふもとは、紅葉しているのに・・・・・
北海道は、夏も秋も、短いですね。
短い秋、心ゆくまで、楽しんでくださいね。

カズジイーさま

フウロソウ、ほんの小さな花なんです(^^ゞ
ポイントになれるでしょうか。
花径は、2cmぐらいです。
花びらは、5枚なのに、左右対称になっているのが、凄いですよね。
花後は、とんがり帽子を囲むように、丸い粒ができます。
それが熟すと、神輿の屋根の飾りみたいになります。
初めて見たときには、和名を付けた方の連想にびっくりしました。

神輿ができたら、秋祭りの季節ですね。
○○フウロが、400こでしょう(^^ゞ

amocsさま

この鉢は、いろんなところから生えてきたのを集めて、
2年目のフウロソウです。
こぼれ種から発芽したばかりの時は、葉の形が少し違います。
切れ込みがあまりなくて、丸い感じの葉です。
間違えて、抜かないようにね。
ゲラニウムも、フウロソウ科なので、耐暑性が弱いのでしょうね。
根っこは、頑丈そうなので、生きていて、復活するのでは(^^ゞ

ガザニア、ほんと、何もしなくて、元気に咲いてくれます。
相性が良かったのでしょうか(^^ゞ

キキョウ、こぼれ種からは、もう発芽してるのですね。
昨年採取した種、今年蒔き忘れたので、やっぱり、蒔いてみようかなぁ。
今年中に発芽したら、来年、花が見られるかもですね。

のぶり~んさま

よく、私の好み、わかりますね(*^。^*)
そうです、小さな花がたくさん咲くのが好きなので、ピッタリです(笑)

最初のころに咲いた花は、今、緑色のとんがり帽子の縁に、丸い粒ができています。
これが黒く熟すと、とんがり帽子が裂けて、その先端に丸い粒を付けたまま、丸くカールします。
その姿、どうみても、神輿の屋根の飾りにそっくりです。
2011年には、写真撮って載せてありますが、
今年も、その時が来たら、載せますね。

ひげ爺さま

はい、ゲンノショウコなども、同じフウロソウ科の仲間です。
たくさんの種類があるようですが、日本の種のアサマフウロ、
ツクシフウロ、カイフウロなどは、絶滅危惧種になっているようです。

神輿の屋根の飾りのおかげで、種を遠くに飛ばすのでしょう。
もう少ししたら、なると思いますので、その時にまた載せますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle