FC2ブログ

キキョウ その5

今日は、キキョウ、桔梗、バルーンフラワー(キキョウ科)です。

この花は、2009年から育てています。
2013年7月17日のブログに、つぼみから開花の様子を載せています。
今日は、その後の様子と、種の採取の様子です。

2013.07.16 撮影 咲き誇っています。
1309174.jpg

もう一つ、キキョウダブルもあります。
こちらは、2012年8月に購入しました。
2013年7月7日のブログに、青色のダブルのつぼみから開花の様子を載せています。
ピンクのダブルの様子です。

2013.07.12 撮影 一重にしか咲いていません。
1309175.jpg

2013.07.16 撮影 少ししか開かないダブルが咲いています。
1309176.jpg

もう一つ、2011年に種から育てたキキョウ白もあります。

2013.07.19 撮影
1309177.jpg

キキョウは、『Wikipedia』によると、「雌雄同花だが雄性先熟で、
雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、
花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある。」そうです。

7月17日のブログの写真は、雄花期ばかりだったので、
今日は、雌花期のキキョウの写真を載せています。

2013.08.07 撮影
1309178.jpg

2013.08.22 撮影
1309179.jpg

今月に入って、キキョウダブルが、また咲き始めました。
2013.09,06 撮影
1309180.jpg

2013.09.10 撮影 この花は、開ききらないようです。
1309181.jpg

1309182.jpg

雌花期に、他の花から受粉された花には、実ができます。

2013.09.16 撮影
1309183.jpg

           先端が開いてきた時が、種が成熟しています。
1309184.jpg

           種を取り出してみました。
1309185.jpg

この種を、春先に蒔くと、1年後には、花が咲くようになります。
綺麗な花、キキョウ、2011年と同じように、種蒔きから育てて増やそうと思います。


キキョウと言えば、「秋の七草」ですが、
その中の一つに、フジバカマ(キク科)もあります。
今のフジバカマの様子です。

2013.09.10 撮影
1309187.jpg

1309186.jpg

2013.09.16 撮影
1309188.jpg

1309189.jpg

このフジバカマは、開花まで、もう少し時間がかかりそうです。

キキョウとフジバカマのコラボが見れるといいです。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

キキョウ、秋を感じる お花ですね。
大好き!! 蕾の状態も可愛いですよねぇー!v-218
この種で またまた、沢山 増えるんですね! いいなぁー!
でも、種まき苦手なので、とっくんさんの記事を、待ってます。

フジバカマ、もう蕾 もってますか?
うちのも見てみようっと!!

こんばんは

桔梗、種が出来るのですね〜
いつもお花が終わるとむしってしまって、
種を作らせた事がありません。
今度少し種を取ってみようかと思いました。
そうすれば増やせますものね。
ありがとうございます。

No title

まだ元気だぞ!
受粉するまでは、と、キキョウ頑張って!
あれから受粉、実りの秋!
先端開いて成熟し!
種を取り出し育てます!
これぞ花を楽しむ醍醐味かな!

フジバカマもやがてですね・・・、開花の秋、コラボ待っています。



No title

桔梗はいつも花を摘んでしまうので種は見たことが
有りませんでしたが 自分の生家跡には株数が
増えているのでこぼれ種が発芽したのでしょうね。

のぶり~んさま

キキョウ、ほんと、つぼみが風船みたいで可愛いですね。
秋の七草の花なのに、6月ごろから咲いているので、夏の花みたいになってます(^^ゞ
そう、この種からまた増えます(笑)
2011年初春に種蒔きしたものは、1度15cmぐらいに成長して、
冬には、地上部が枯れてしまいましたが、
翌春にはまた成長して、花が咲きました。
今年は蒔くのを忘れたので、来年は増えないのが、残念です(;´Д`)
来春、発芽したら、苗を送りますね。

フジバカマ・・・つぼみができてから開花までが長いですが、
このつぼみも可愛くて好きです。

テト母さま

桔梗、私も種ができるなんて、思っていなくて・・・
2009年に娘の庭から掘り起こして、4株ほど移植しましたが、
花がら摘みはこまめにしていました。
2010年に、娘が、種ができたからと、種を持ってきてくれた時に、
初めて、種を見ました(^^ゞ
ためしに、翌春、蒔いてみると、うまく成長してくれたので、
それからは、うちのも、種を採取することにしました。
実を付けさせると、株が弱るかもと思いましたが、
今のところ、毎年たくさん咲くので大丈夫だと思います。

白の種は、うまく結実できなくて、採取できませんでしたが、
青紫の方は、たくさん結実しているので、種がたくさん採取できそうです。
青紫でよければ、お送りしましょうか。

カズジイーさま

キキョウ、好きな花なので、親株がダメになってしまったらと考えて、
子孫を残すことにしました(^^ゞ
自分の花だけで、受粉出来ないキキョウ・・・次から次と咲かないと、
結実できない定めなのですね。
でも、結実すると、種はたくさんできています(笑)
種蒔きから育って、開花すると、何倍も嬉しくなります(*^。^*)

実りの秋・・・新米も、果物も、美味しい季節になりましたね。

ひげ爺さま

そうですね、桔梗の花後は、花びらが白く垂れ下がって、
茶色になってくると、少し汚く感じるので、花がら摘みをしていました。
でも、種ができることを知って、子孫を増やさないとと思い立ちました(^^ゞ
花が咲いてから結実までに、長い時間がかかりますが、
先端が開くとすぐに花茎が垂れて、中の種を落とすようです。
生家跡のは、そうして、こぼれ種から自然に増えているのでしょうね。
春先に蒔くのを忘れそうなので(今年は忘れました(笑))、
半分くらいか、昨年の種を秋蒔きしてみようかなぁ(^^ゞ
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle