FC2ブログ

フクシア その8

今日は、フクシア、ホクシア、ツリウキソウ(釣浮草)(アカバナ科)です。

この花は、7月4日にも載せました。
その時の様子です。

2013.07.03 撮影
1309129.jpg

たくさんの花が咲いていましたが、真夏の間は、少なくなっていました。
ところが、8月11日、朝、見ると、大きな芋虫が、ついていました。
7cmもある大きな芋虫、手でつまんで、庭の隅のツゲの後ろに、持っていきました。
芋虫の写真も撮りましたが、苦手な方もいるので・・・・・
芋虫が食べた枝の写真を。

2013.08.11 撮影 6~7本の枝、全く、葉がありません。
1309130.jpg

どうなることかと、思っていましたが、残った枝から花が咲いていました。

2013.08.25 撮影
1309131.jpg

9月に入って、やっと、新芽ができました。

2013.09.05 撮影 まずは、咲いている花。
1309132.jpg
              尋常でない花も。でも新芽がついています。
1309133.jpg
              葉を食べられた枝にも、新芽が。
1309134.jpg

2013.09.08 撮影 葉を食べられなかった枝の付け根にも新芽。
1309135.jpg

2013.09.09 撮影 葉を食べられなかった枝の先端には、つぼみと新芽。
1309136.jpg

2013.09.10 撮影 まずは、フクシアの花。
1309137.jpg
              尋常でない花も開き始めています。
1309138.jpg
              こちらは、赤いほうのフクシア
1309139.jpg

2013.09.11 撮影 まずは花。
1309140.jpg
              葉を食べられなかった枝の付け根にも新芽。              
1309141.jpg
              葉を食べられた枝にも、新芽が。
1309142.jpg

              ここからは、赤い花。
1309143.jpg

1309144.jpg

1309145.jpg

葉を食べられた枝にも、新芽が出てきてくれました。
3月29日に購入して、初めての夏越し、
芋虫の被害にあいましたが、上手く越せたようです。
今度は、冬越ししてほしいです。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

赤い方の花の物は冬場は室内に入れないと駄目だと
思います。耐寒性がないのかも知れません。
家の物はサントリーで最初に開発した品種だと思います。
少しは耐寒性があるかも知れません。
フクシアって耐寒性の無い物ばかりでしょう。
今年はどうやって冬越しをしましょうか。

No title

芋虫つけたりしてごめんね!
若い新芽がすくすくと・・・!
赤い花が咲き出した。

今、輝くの、芋虫なんかに負けないよ!
芋虫来るよ、沢山来るよ、また来るよ!
いやよ、いやよ、忘れちゃいやよ!

そうですか、食用でしたか。
ありがとうございます。超ミニ園にもありました。

こんにちは~

とっくんさぁ~ん、 凄い、凄い、すっごいですよーー!

どうしてこんなに元気なの?
うちのなんて 風通しが良くて、ハナミズキの下の木陰の
特等席に吊るしてあげたのに・・・撃沈 寸前ですーv-393

うちのも、そんな状態なのに追い打ちかけるように 芋虫めが
葉を食べてて3㌢位だったから寒いボ立てながら捕ったけど
次の日はもっと大きいのが! さすが 相方に捕ってもらったけど

え?? とっくんさん、手でつかんだってぇ~! ひぇぇ~~
とっくんさん、お顔に合わず ワイルド~~ お顔知らなかった・・・笑

芋虫画像、お気づかいありがとうございました。
コメ、書けないところでした・・・。

No title

虫害にも負けず元気を回復して良かったですね。
是もとっくんさんの愛情でしょうか。
上手に夏を越したから冬もきっと簡単に
越せますよ。

種蒔くんさま

昨年のフクシアは、7月には立ち枯れてしまって、夏越しできませんでした(;´Д`)
今年は、何とか夏越しできたので、ちょっと一安心。

2~3日前までは、最高気温が30度いかなかったので、
このまま秋になるかと思ったら、また32度という暑さになりました。
それでも、確実に、秋が来て、冬が来るので、冬対策を考えなくてはですね。
私の持っている『くらしの花 大図鑑』では、「冬は室内で15度以上を保つ」、
ネットの『ヤサシイエンゲイ』では、「低温には比較的強い方ですが、
5℃を切ると枯れてしまうおそれがあるので、冬は軒下か、室内の日当たりの良い場所で
管理するようにしましょう」と書かれています。
どちらにしても、室内で管理したほうがいいみたいですね。

カズジイーさま

芋虫、小さいのは、新芽の葉を丸めて、潜んでいるくらいですが、
大きいのは、茎や枝だけを残して、すべて食べてしまうので、やっかいです(;´Д`)
歩いた後の茎は、白く変色しています。
そのまま枯れてしまうかと思ったくらいで、ショックでした。
新芽が出てきたら、どうせ落ちる葉を食べたのだと、思えましたが(^^ゞ
芋虫も成長するため、蝶になって、飛び立つために栄養がほしかったでしょうから・・・・・

ほんと、負けないで新芽を出してくれて、嬉しいです。

ニラ、家庭菜園にあるのですね。
葉っぱを食べて、元気に、過ごしましょう!(^^)!

のぶり~んさま

このフクシアたち、頑張ってるでしょ(*^。^*)
この夏の暑さにも負けず、ずーと咲き続けてくれました。

なのに・・・前日の朝方の花がら摘みの時、夕方の水やりの時、
どうして見つけられなかったか、悔やまれました(;´Д`)
色が茶色だったので、枝と同化していたのでしょうか。
枝に葉がなくなっていた時、大きな芋虫を見つけた時は、凄いショックでした。
でも、こうして、新芽が出てきてくれたので、このフクシアの生命力に感謝です(*^。^*)

じつは、もう一つのフクシア「ウィンチャイムアリーバ トリカラー」は、
瀕死の状態です。
(8月11日の写真の左隅に、栄養剤が挿してある鉢です。)
何とか、回復してくれることを願って、日陰に移動して、様子を見ています。
のぶり~んさまのフクシアも、回復することを祈っています。

ひげ爺さま

このフクシアたちの生命力の強さでしょう(*^。^*)
毎朝の花がら摘みと毎夕の水やりぐらいしか、していませんから(^^ゞ
芋虫が食べてしまった枝を見るたびに、自責の念に駆られていました。
毎日、「ごめんね」と謝っていました。
新芽が出てきてくれて、本当に嬉しかったです。

夏越しは、何とかできましたが・・・・・
冬、日の良く当たる場所は?・・・居間でしょうね。
冬になるまでに、たくさんの日光を浴びさせようと思います(^^ゞ
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 12年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle