FC2ブログ

ユキノシタとスノーボール

今日は、ユキノシタ(雪ノ下)(ユキノシタ科)です。

この花は、2010年に娘の家の庭から移植したものと、
2011年11月に知人からもらったものがあります。
そして、その両方から、ランナーで子株がふえていったものも、65cmプランター2個分あります。
ユキノシタの花期は、5月~7月ですから、
ユキノシタの名前の由来は、白い花を雪に見立ててその下に緑の葉があるところから来ているようです。
2011年11月16日と2012年12月31日のブログにも載せています。
今年の開花の様子です。

2013.05.30 撮影
1306423.jpg

1306424.jpg

1306425.jpg

1306426.jpg

1306427.jpg

2013.05.31 撮影
1306428.jpg

1306429.jpg

2013.06.27 撮影
1306430.jpg

1306431.jpg

6月末でもまだ花をつけています。
花が咲き終わる頃、紫色の糸状のほふく枝を伸ばして、子株をつけて広がります。
ユキノシタは、日陰の多湿なところでも咲いてくれ、常緑の葉が美しいです。


それと、今日は、雪つながりで、
ビバーナム・スノーボール、セイヨウテマリカンボク・ヴィブルナム(スイカズラ科)です。
この花は、ずいぶん前に、長女から母の日のプレゼントにもらったものです。
ここ4~5年、葉は茂っていましたが、花は咲きませんでした。
それが、今年は咲いてくれました。
スノーボールの花期は、3月~5月です。
純白の花が、ボール状に咲くので、この名前があるようです。

2013.04.19 撮影
1306432.jpg

2013.04.26 撮影
1306433.jpg

2013.04.29 撮影
1306434.jpg

1306435.jpg

2013.05.08 撮影
1306436.jpg

名札には、「清楚な純白の花が豪華に咲き誇る」と書いてあります。
ほんの少ししか咲きませんでしたが、白い花が綺麗です。
こちらのスノーボールは、秋に綺麗に紅葉して、冬には落葉します。
来年もこの白い花が咲いてくれる事を願っています。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日の花は2種類とも育てていませんよ。
ユキノシタは下関の実家で植えていました。
悲しい思い出の方が多いので育てていません。
スノーポールの花はまったく知らない花です。
シロの花が綺麗ですが、花持ちはどうですか。

No title

雪ノ下の花「大文字草」と良く似てとても可愛い感じが好いですね。
自分の生家ににも有ったのですが家を壊した時に無くなったので
今日の写真で思い出し嬉しかったです。

おはようございます~

ユキノシタってよく見る花だなぁーって思ったけど
じっと眺めて観察した覚えはないような・・・
こうしてアップで一つ一つのちっちゃなお花を見ると
繊細で華奢な感じがします。
名前も印象に合ってますね

スノーボール? ノ―スポール?
画像を見るまで とっくんさん、間違えてるーー!・・・でしたよ v-411

No title

いよいよ始まりましたね・・・。
雪の季節でもないのに雪ノ下!
今が満開、楽しい時期!
辛い雪の思い出、通り越し
わが世の春と咲きほこり!
子株をつけて威勢よく!
ユキノシタ、暑さなんてなんのその・・・ですね。

純白のスノーボール、紅葉の姿見たいですね。

No title

ユキノシタ、満開ですね。
懐かしい花です。
スノーボールも、かわいいですね。
こんな感じでひっそり咲いてくれるとうれしいですね。
紅葉が見たいです。秋にまたアップしてくださいね。

↓ ピンクのシレネ、かわいいですね。
うちの白いシレネ・ユニフローラは瀕死で療養中です。

種蒔くんさま

ユキノシタは、子供のころの思い出のある花なのですね。
ユキノシタって効能がすごくあります。
陰干しにして健康茶として飲めば、美白、利尿、消炎、湿疹、かぶれ、むくみに良いそうです。
春には、葉をてんぷらにして食べれます。

スノーボールは、耐寒性、耐暑性もあって、丈夫な花です。
実際、うちのは、もう何年も枯れていません。
日陰でも育つようです。
花は、オオデマリの小型版という感じです。
花期も3月~5月と長くて、花持ちもいいようです。

ひげ爺さま

ユキノシタは春に、大文字草は秋に咲きますね。
生家で、咲いていた、懐かしい花で、よかったです。
これは、子株がどんどん増えるので、1年で、かなりの数になりました。
たくさんになっても、日陰で、ひっそりと、長い期間咲いてくれるので、
嬉しい花です。

のぶり~んさま

雪ノ下でも葉が常緑なので、付いた名前がユキノシタという説もあるようで、
いつもあるので、気に留めることが少ないですね。
花は、小さいほうの花びらが桃色で、大きい花びらが白色と複色で、
アンバランスな花びらの大きさから、華奢な感じですね。
この白い花びらの形から、雪の舌が変じて、雪ノ下になったとか。
上手に名前が付けられていますね。

そうそう、このスノーボールを検索したときに、
お菓子の作り方が出てきて、ビックリでした。

カズジイーさま

雪ノ下という名前の由来で、一番しっくりきたのが、
「雪のように白い花の下の緑の葉」でしたが、
スノーボールも「白い花がボール状に咲く」なので、
とにかく、白い花は、雪にたとえられるようですね(^-^;
でも、このユキノシタ、2鉢あって、葉の色が少し違っているでしょ。
葉の濃い方は、桃色の花が咲くっていうことで、貰ったのですが、
うちでは、白い花しか咲きませんでした(;´Д`)

ユキノシタは、ストロベリーと同じように、どんどん子株ができてふえていきます。
石の割れ目などにも根を下ろしているぐらい丈夫な花です。
ユキノシタの花言葉は、「愛情」「好感」「切実な愛情」、
そんな感じの花ですね。

スノーボール、紅葉したら、また登場すると思います(*^-^*)

amocsさま

ユキノシタ、満開の時、2鉢と、2つのプランターは、雪が降ったように見えます(^-^;
小さい花の白い舌のような花びらは、いつも風に揺れています。
ユキノシタの葉は常緑で、いつも、どこでも、あるような感じですが、
懐かしさを感じていただけて、よかったです。

スノーボール…オオデマリを小さくした感じの花が、本来は、たくさん咲くようです。
もうずいぶん長い間、咲かなかったのに、今年は咲いてくれたので、元気をもらいました。

こちらのシレネ・ペンデュラは、1年草とわりきって、種を採取できましたが、
うちの同じ時に購入したシレネ・ユニフローラは、枯れて跡形もなくなっています。
amocsさまのユニフローラ、回復するといいですね。

風邪は万病のもとです、気を付けてくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle