FC2ブログ

雲南月光花 その3

今日は、雲南月光花、キバナアマ、迎春柳、レインウァルティア(アマ科)です。

この花は、2012年3月12日、2012年12月21日にも載せました。
迎春という名前もついているので、新年にあたって、再びの登場です。

2013.01.01 撮影
1301018.jpg

1301019.jpg

1301020.jpg

1301021.jpg

1301022.jpg
萎れた花も一緒に。
1301023.jpg
萎れた花びらを取り除いて。
1301024.jpg

2013.01.02 撮影
1301025.jpg

1301026.jpg

1301027.jpg

1301028.jpg

1301029.jpg

1301030.jpg

今日の最後に、書き初めというわけではありませんが、
一昨年、書道展に応募した近代詩の作品を。

1301031.jpg

真民の詩の一節、「二度とない人生だから、
         一輪の花にも無限の愛をそそいでゆこう
         一羽の鳥の声にも無限の耳をかたむけてゆこう」

雅号は、私の名前に花=華が付いています。

「二度とない人生です。精一杯生き切りましょう。」
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

雲南月光花、ぽっかり浮かんだお月様みたいで
本当にきれいですね。
書道もされるんですね。とても素敵です。
こんな風に書けるといいなぁ。
真民の詩もいいですね。年の初めに、清々しい気持ちになれました。

ビオラも元気でよく咲いていますね。

ユキノシタ、懐かしい花です。
子どもの頃、住んでたところに咲いていました。
改めて見るときれいな花ですね。
蕾の感じはヒューケラと一緒、咲いたら大文字草に似ていますね。
同じユキノシタ科ですものね。

今年もよろしくお願いします。e-466

No title

元旦にも咲く花が有るなんて貴重な花だと思います。
少しエアコンの部屋に入れるとすぐに花が開いてしまいます。
玄関だと寒いでしょう。この花はどうして過ごしていますか。

書に感激

素晴らしいの一語に尽きる書ですね。
花好きが花に懸ける気持ち
とっくんさんの気持ちそのままですね。

No title

年賀状が今朝届きました~
有り難う御座います。
あの時からスリムになったのでは…
美しいです。

箱根駅伝は厳しい自然との戦いでしたね。
男の子涙は可哀想で見ていられませんね。
今年は仕事があったので半分しか見れなく録画でチェックしました。
介護している奥様が、御節作りで包丁で手を切ってしまい(かなり深く)
急遽行って来ました…
不自由な身体で頑張り屋さんなので…
危なっかしいのに誰も居ないと料理するんです…
危険がいっぱいです。



amocsさま

あけましておめでとうございます。

雲南月光花・・・下のほうから枝がパァ~と広がって、
先端に3輪ぐらいの花が次々に咲いてくれて、嬉しいです。
書道は、長女が小学校に入学した時、一緒に教室に通い始めました。
もう28年近くになるのに、なかなか上達しません(´ε`;)
近代詩は、リズム感が大切なので、難しいです。

ユキノシタもランナーで、どんどん増えています。
ユキノシタという名前なのに、花期は5月。
もうしばらくは、葉を楽しみましょう。

いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

種蒔くんさま

そうですね。
昨年は、水仙が咲いていましたが、今年は、まだ蕾です。
雲南月光花、昨年の3月から育てているので、初めての冬です。
暖かいところの花のようなので、12月25日ぐらいに室内に入れました。
私は、エアコンの冷房も暖房も苦手なので、使いません。
雲南月光花は、私と同じエアコンのない部屋に置いています( ´▽`)

ひげ爺さま

「素晴らしい」と言ってもらうと、嬉しいけれど、照れてしまいます。
近代詩の書は、難しいです。
リズム感、空白の美、など注意されています。
同じ“の”の字を書かないように気をつけながら、
全体的に丸~い感じになるように書きました。
雅号は、先生が、花が好きな私にと、考えてくれました。

真民の詩が、素晴らしいですね(’-’*)
長い詩の一節、私の好きなところです。

サンダーソニアMさま

お仕事、お疲れ様でした。
介護の仕事ですね。
サンダーソニアさまの天職ですから、頑張れますね。
できるだけ頑張って、料理を作ろうと思う気持ちも、
危険がいっぱいで大変なのも、
サンダーソニアさまだとわかってくれるので、
その方も、安心ですね。

箱根駅伝・・・本当に厳しい自然との戦いでした。
自分ひとりではなく、
仲間へたすきをつないでいこうとする気持ちが強いので、
走れなくなると悔し涙でした。
若いランナーから、また感動をもらいました(’-’*)

No title

あけましておめでとうございます。
惚れました。
花に惚れ、書に惚れ、人柄に惚れました。
新年に黄色の花の便り、うれしく思います。
そうですよね、「二度とない人生」ですね。
「一輪の花にも無限の愛、一羽の鳥の声にも無限の耳を~」
素晴らしい書体での詩ですね
心の糧にして、楽しい日々過ごしたいです。
ありかどうございます。

カズジイーさま

あけましておめでとうございます。
今年も良い年でありますように。

いつも嬉しいコメントありがとうございます。
雲南月光花・・・迎春柳と別名があったのと、
お正月に末広がりにたくさん花をつけていたので、
またまた黄色い花をたくさん載せてしまいました(^O^)

近代詩の書は、何枚も書いて、先生が選んだのがこの作品でした(*゚▽゚*)
真民の詩・・・すごく素敵で、読むと、しっかり生き切ろうと思います。
今度、時間が出来た時に、カズジイーさまに、全文をメールしますね。

今年もよろしくお願いします。

No title

あけましておめでとうございます

とてもステキな「書」・・・

私は字が汚いので、憧れてしまいます ♡

詩もステキですね

ねこやすみさま

あけましておめでとうございます。
今年も良い年になりますように。

書・・・恥を忍んで載せました(´ε`;)
近代詩の書体は難しいです。
整えて書くほうの楷書が私は、楽なのですが・・・
それでは進歩しないので、
崩して書く行書や草書にも挑戦です。
というか、女性5人で、ワイワイおしゃべりしながら、
楽しく励んでいます(*´∀`*)

今年もねこやすみさまのブログにお邪魔させてくださいね。
風邪、大丈夫ですか。
「苦を幸にかえる」ねこやすみさまが、好きです。
思わず笑ってしまいましたよ( ´▽`)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle