FC2ブログ

パンダスミレ その2

今日は、パンダスミレ、ツタスミレ、ツルスミレ、タスマニアビオラ(スミレ科)です。

パンダスミレは、花弁が紫色で、先端が白色の2色咲きが、
パンダを連想させるところから付いた名前のようです。

この花は、2011年12月5日のブログに、
2010年5月5日に購入してから、2011年の様子を載せました。

その時にも書いたように、花期が3月~6月となっていますが、
この花も周年咲いているようです。
今年は、それを確認するために、毎月撮ろうと思いながら、ダメでした。

2012.06.01 撮影
1212138.jpg

1212139.jpg

1212140.jpg

2012.08.06 撮影
1212141.jpg

2012.08.08 撮影
1212143.jpg

2012.08.09 撮影
1212144.jpg

2012.08.22 撮影
1212146.jpg

2012.11.30 撮影
1212147.jpg

パンダスミレは、強光、乾燥を嫌うので、夏からは、日陰に移動して育てています。
それで、どうしても、写真を撮る機会が少なく、暗い写真になってしまいます。

パンダスミレは、紫と白い縁どりの2色咲きですが、
他のスミレの写真も載せますね。

これは、野に咲くスミレです。
2012.04.12 撮影
1212148.jpg

2012.04.16 撮影
1212149.jpg

これは、10年以上育てているスミレです。
2012.04.10 撮影
1212150.jpg

1212152.jpg

そして、ニオイスミレのクリーム色
2012.04.10 撮影
1212153.jpg

すみれ色というのがあるくらいですから、
明るい紫色のスミレが、普通のスミレのようですが、
いろいろ変異しているのですね。

今年の4月の旅行の時に購入した、ニオイスミレは、空色と桃色で八重咲き、
肥後スミレは、白色でした。

ただ、周年咲いているのは、パンダスミレです。
日陰でも、強健で、いつも咲いているパンダスミレ、
根茎が横に広がって、鉢いっぱいに育っています。

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パンダスミレは耐寒性もある多年生のスミレですが育てていません。
スミレは自然にはえた物がそこら中で出てきます。
それを抜くのにも苦労しています。花が咲くとそこからまた生えてきます。
しぶとさではピカイチだと思います。

No title

パンダスミレ、1年中咲いてるなんていいですね。e-454
中心部の色が濃くてきれい。

うちのは2種で、普通のスミレと黒葉スミレです。
スミレは好きなので、あちこちに飛んだ種で出ているのを
そのままにしているのですが、毒々しい色の虫がついて大変でした。e-351
調べてみたらツマグロヒョウモンという蝶の幼虫で
スミレの葉を食べるのだそうです。

ニオイスミレもいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

パンダスミレって初めて聞く名前です。
珍しいスミレを見せていただきありがとうございました。

野に咲くスミレは種類が多すぎて区別が出来ません。
判るのはエイザンスミレ、ヒゴスミレの2種で他はスミレで通してます(^O^)

No title

花いろいろ、名前いろいろ、ですね。
スミレはスミレとばかり思っていたら、いろんなスミレがあるんだ。
勉強になりました。
寒さも、厳しくなりました。スミレたちも寒さに負けないように・・・。

訪問 うれしくおもいます。
変わらぬ心遣いに感謝です。

No title

我が家では春に紫のスミレが咲いてくれます。
年々増える事、増える事たのしんでいます~

可愛いパンダに見えますね。

北海道はいよいよ節電命令が出ました。
冬の電力不足は深刻です。

種蒔くんさま

スミレ・・・本当に小さい花なのに、根性ありますね。
我が家でも、もう何年も側溝の溝蓋の間から咲いています(*゚▽゚*)
近くの緑地を町内の役員で、15日ごとに草抜きするのですが、
4月ごろには、たくさん生えています。
私は、可愛いと思って、抜いたスミレを移植しているので、
野に咲くスミレが、鉢の中で咲いています(*´∀`*)

amocsさま

このパンダスミレも、見切り品で、半額の90円でした(*´∀`*)
まだ、元気になりそうな花が、見切り品になっていると、
どうしても連れて帰ってしまいます(笑)
それでも、3年間生きてくれたので、嬉しいです(’-’*)
このパンダスミレは、ニオイスミレも同じですが、
根茎が横に広がって、増えていくので、
最初は、他の花と、寄せ植えにしていましたが、
こちらのほうが、他を圧倒して、大株に成長し続けています(*´∀`*)
ほかの花の方を移植しました。

ツマグロヒョウモンの幼虫、スミレの天敵ですね(´Д`;)
気をつけないといけませんね。
幼虫を捕獲して、飼って、蛹から孵化させている園芸家もおられましたよ。

鍵コメさまへ

ありがとうございます。
楽しみに待っています(´∀`*)

スミレ・・・秋になって、つぼみができる花は、閉鎖花と言って、
中に種を作っています。
詐欺ではありません(笑)
これがはじけて、種を飛ばして、子孫を残す大事な花です。
普通のスミレは、4月頃、開花するので、その時に、楽しんでくださいね(*´∀`*)

九ちゃんさま

パンダスミレ、可愛いでしょ。
2色咲きがパンダに見えるようです(^O^)

スミレは、たくさん種類があって、わかりません。
近くの梅林の山や、今年は吉野山でも白いスミレのような花をみかけて、
かえって検索したら、ミヤマカタバミというオキザリスの仲間だったことがあります(笑)

吉野山に行く途中の道の駅で、肥後スミレ、購入して、育て始めました(*´∀`*)

カズジイーさま

スミレもたくさん種類があって、名前は覚えられません(´ε`;)
種を作る花を咲かせて、種を飛ばして、子孫を増やすスミレもいれば、
このパンダスミレのように、根茎が横に広がって株を増やすスミレもいます。

色もすみれ色だけでなく、黄色、白色、桃色、空色と様々です。
「いろいろあってみんないい!」です(’-’*)

サンダーソニアMさま

すみれ色のスミレ、たくさん咲くと、楽しいですね。
パンダスミレは、この寒い時期にも咲いているたくましいスミレです(*´∀`*)

寒い北海道に、節電命令は、厳しいですね。
人口の多い大都会だと、一人の節電がわずかでも、
大きな節電になると思いますが・・・・・
寒さの厳しい北国では、死活問題ですね。
どうにかならないものでしょうか。

頑張りすぎない程度に、頑張ってくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle