FC2ブログ

オダマキ

今日は、オダマキ、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、アクレギア(キンポウゲ科)です。
『ヤサシイエンゲイ』によると、
「オダマキの名前は、中心を空洞にして巻いた麻の糸玉『苧環』に
花の形が似ていることから付けられました。
花が開いた形というより、蕾の形が苧環に近い。」と書かれていました。
オダマキという名前もですが、この花の姿かたちが好きで、
探していたら、昨年、近所の花屋さんで、購入できました。

2010.03.02  撮影
4色の花株を一緒に植えました。
1111125.jpg

1色づつ花株を。
1111126.jpg

1111127.jpg

1111128.jpg

1111129.jpg

花は、5枚の萼(色が付いているところ)と筒状の花びら(白いところ)からなっており、
萼の後ろ側には、距(きょ)が角のように突き出ています。
葉っぱは、長い軸の先に3枚の小さな葉が付いた三出複葉(さんしゅつふくよう)です。

1色づつ花をアップで。
1111130.jpg

1111131.jpg

1111132.jpg

1111133.jpg

もう一度4色を。
1111134.jpg

昨年3月に購入した時の写真ですが、たくさん花が咲いています。
5月まで、花は、次から次へと咲き続けました。
3月中に咲いた花がらは、こまめに摘み取っていました。
4月になって、ご近所の先輩先生から、
「オダマキは短命な宿根草なので、花後の花茎の先につく果実が熟して
光沢のある黒い種が出てくるので、その種をとっておくように」いわれました。
その先輩先生のお庭には、薄い水色のオダマキがいたるところに咲いていました。
私のオダマキを見て、青色の種が欲しいということなので、
それからは、実が熟して、種ができるまで、見守りました。
1つの果実から、20個くらい種が採れました。
6月になって、果実を熟させたためか、この花たちは、枯れてしまいました。
高温多湿に弱いので、夏の前に日陰に移動しようと思っていたのに、
残念でなりませんでした。
でも、先輩先生のおかげで、種があります。
本によると、5月に種まきをすると書いてありましたが、
先輩先生からは、発芽したばかりの苗では、夏越しは難しいので、
9月、涼しくなって、種をまいた方が良いと指導を受けました。
種を蒔いて、翌々年に花が咲くのです。
私にできるかなぁと思いましたが、昨年、挑戦しました。
それで、今年の春のオダマキの花の写真はありません。

今の苗の写真です。
親株の犠牲のおかげで、36株の苗が成長しました。

2011.11.07  撮影
1111135.jpg

1111136.jpg

これは、すべて、青色のオダマキの花の苗です。
他の色は、2~3株しか成長しませんでした。
この株たちも、別の2鉢に植えつけました。
同じように、種蒔きをしても、青色の発芽率がダントツでした。

昨年の寒い冬も、今年の暑い夏も通り越してきたのだから、
来年の春には、花を咲かせてくれるでしょう。
来春、大好きなオダマキに再会できますように。
今日、11月10日、私の還暦の誕生日に、願いを込めて、
この記事を、書きました。

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オダマキ西洋種と、日本古来の種類と
お花が沢山有るのですね。

多分ブルーのが日本古来の種類で、
こぼれた種からも充分に育って花を咲かせます。

西洋種は園芸用に改良されているので
中々、栽培も難しい所もある様ですね。
それにしても、花色が豊富でしたのね。

夢花さま

『365花撰』には、「オダマキは、青紫の花をつけます。
セイヨウオダマキは、ピンク、赤、青、紫などの花を
下向きに咲かせます。」とありましたので、
我が家のオダマキは、セイヨウオダマキですね。

ご近所さんには、水色、鮮やかな赤、白、黄色など、
いろいろな色のオダマキが咲いていましたから
もっとたくさんの花色があると思います。

おだまき

誕生日おめでとうございます
おだまきずいぶん色数がありますね
そちらは気候がよいからでしょうか3月開花とありますが
私の地方では4月中旬ごろ開花とおもいます
私はブルーが日本的で一番好きです

ひげ爺さま

ひげ爺さま、ありがとうございます。
そうですね、いろいろネットで調べても、
開花は5月~8月まででしたから、
3月に購入した時に咲いていたということは、
温室で育てられていたからですよね。
それなのに、外に出されて、急に寒さに会ったのが、
株が弱った原因かもしれません。

日本原産のミヤマ(深山)オダマキは、ブルーですよね。
一番日本的だと私も思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle