FC2ブログ

㊳ドナウ川ナイトクルーズ(ハンガリー)

今日は、ドナウ川ナイトクルーズ(ハンガリー)です。

夕食後、21時から1時間のナイトクルーズです。
ペスト地区の国会議事堂の少しマルギット橋に寄ったところから、船が出ます。

夜景の撮影は難しいので、主人と私の2台のカメラで撮影した写真の中から、
私の判断で、良い方を載せたいと思います。

国会議事堂(私撮影)
1210602.jpg

国会議事堂(主人撮影)
1210603.jpg

王宮(私撮影)
1210615.jpg

1210605.jpg

エルジェーベト橋(主人撮影)
1210607.jpg

自由橋(私撮影)
1210616.jpg

自由橋(主人撮影)
1210611.jpg

ペスト地区の建物(主人撮影)
1210614.jpg

ペスト地区の建物(私撮影)
1210612.jpg

ここで船は、Uターンして、元の場所に戻ります。

自由橋と自由の女神像(私撮影)
1210617.jpg

自由橋と自由の女神像(主人撮影)
1210618.jpg

自由の女神像のアップ(主人撮影)
1210619.jpg

エルジェーベト橋(主人撮影)
1210620.jpg

旧市街バリッシュ教会(主人撮影)
1210622.jpg

王宮(主人撮影)
1210624.jpg

鎖橋(主人撮影)
1210626.jpg

国会議事堂(主人撮影)ゆっくりと、船が動いてくれました。
1210627.jpg

1210629.jpg

1210632.jpg

1210634.jpg

国会議事堂(私撮影)
1210635.jpg

1210638.jpg
     (主人撮影)
1210637.jpg

マルギット橋(主人撮影)
1210639.jpg
      (私撮影)
1210640.jpg
      (主人撮影)
1210641.jpg

たくさんの写真になりました。
カメラの性能と、撮り手の技量で、同じ景色でも、違って見えます。

ハンガリーのドナウ川のライトアップ、
ライトの色が統一されていて、素晴らしかったです。

このクルーズで、「中央ヨーロッパ7カ国大周遊 13日間」の
旅の観光は、全て終了です。

9月18日は、ウィーンからドバイ、飛行時間5時間25分
9月19日は、ドバイから関西空港、飛行時間9時間10分
の飛行機の旅をして、日本に帰りました。

長い間、一緒に旅をしてくださって、ありがとうございます。
明日からは、また、「花を楽しむ」庭の花の記事に戻ります。
これからもよろしくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

帰りの飛行機の乗車時間が15時間ですか。乗り換えもあったと思うのでもっと長い時間だったと思います。
そんなに乗ると疲れてしまったでしょう。でも日本についたらホットしませんでしたか。
カメラの違いでしょうか。設定の違いでしょうか。同じ物を写してもこんなに違いが出ます。
ご主人の方が自然に近かったかも知れません。
とっくんさんの方が明るく映っていました。

No title

ライトアップされた国会議事堂そして橋ともに水辺のに映えとても素晴らしいですね。
ご主人ととてもよい思い出が出来ましたね。

No title

ドナウ川のライトアップ、夜景たちの競演ですね。

いろいろな表情をして、どの夜景も主役を狙っているようです。

「黄金の秋に、黄金の建物、キラキラ光る光の影、みんなが主役で大活躍、心に響く旅の終演かな。」

十分楽しみました。ありがとうございます。

訪問 うれしくおもいます。

種蒔くんさま

ヨーロッパまでは、かなりの時間を要します。
行きは関西空港からドバイ=飛行時間10時間10分、
    ドバイからミュンヘン=飛行時間6時間25分でした。
帰りは、9月18日8時30分にブダペストのホテルを出て、
自宅に戻ったのは9月20日5時40分です。
おおよそ、2日間、移動にかかりました。
疲れましたが、たくさんの楽しい思い出ができたので、良かったです。

夜景の写真ですが、あまり目が良くない私には、
実際はもっと、明るく輝いて見えたように思います。

ひげ爺さま

ブダペストの夜景がこんなに綺麗だと思っていませんでした。
夜空に、国会議事堂や王宮などの建物、4つの橋が、
明るく輝いていて、素敵な夜景でした。
ひげ爺さまのおしゃるように、ドナウ川の水面に映るから、なおさら素敵なのでしょう。

夫婦二人で、たくさん旅をして、たくさんの思い出を作ろうと、話しています。
次の旅を考えるのも楽しいです。

カズジイーさま

夜景たちの競演・・・まさしくそうですね。
そして、本当に、黄金の建物たちでした。
赤や青のネオンの色ではなく、
ドナウ川の沿岸の建物たちが、黄金に輝いていました。
素晴らしい夜景鑑賞でした。

たくさんの素敵な詩をありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle