FC2ブログ

㊲センテンドレ(ハンガリー)

今日は、センテンドレ(ハンガリー)と、ブダペストです。

センテンドレは、通商の要地として古くから栄えてきたドナウ川沿いの町です。
小さな商店が、たくさん並んでいました。

中央広場のモニュメント
1210580.jpg

セルビア正教のブラゴヴェシュテンスカ教会
1210581.jpg

1210586.jpg

商店街を自由散策しました。

1210582.jpg

1210583.jpg

1210584.jpg

1210585.jpg

このお店が、商店街の最初のお店で、ここに集合でした。
1210587.jpg

センテンドレは、約1時間の散策でした。

センテンドレから約40分で、ブタペストに戻ってきました。
ここからは、車窓からの写真です。
たぶん、国立西洋美術館。
1210588.jpg

英雄広場が見えてきました。
1210589.jpg

1210591.jpg

英雄広場は、1896年に建国1000年を記念して作られました。
中央に建つ柱は、先端に大天使ガブリエルを頂いています。
これを取り囲むように、初代の王イシュトヴァーンから、
オスマン朝軍との戦いを繰り広げたヤーノシュ・フニャディ、
19世紀の独立戦争を指揮したコッシュートなど14人の英雄の像が並んでいます。

1210590.jpg

1210592.jpg

17時過ぎにホテルに戻ってきたので、夕食に出発する19時まで、街を散歩。

これが、9月16日~17日、2連泊したホテル。
「BEST WESTERN HOTEL HUNGARIA」
1210593.jpg

このお店で、ハンガリーのワイン、貴腐ワインのトカイ・アスーを購入しました。
1210594.jpg

夕食は、「KaHenberg」です。
1210595.jpg

選べるメニューでしたので、主人は魚料理、私は肉料理をチョイスしました。
(魚料理)
前菜
1210596.jpg
魚料理
1210597.jpg
デザート
1210598.jpg

(肉料理)
サラダ
1210599.jpg
肉料理
1210600.jpg
デザート:パラチンタ=ハンガリー風のクレープ
1210601.jpg

食事の後は、『ドナウ川ナイトクルーズ』です。
その様子は、また明日。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハンガリーも王室はあったのですね。
昔の日本のお殿様と同じですがお城の格好が違います。
その当時で随分のお金をかけてつくったと思います。
そのお金が何処から出たのでしょう。国税でしょうか。

No title

商店街各お店思わず覗いてみたくなるような感じですね
ここもまた異国情緒が見えるところですね。

No title

ここは、旅の途中のドナウ川沿いの町
旅人呼んでいる、商店街。
止まって、撮って、また、止まる
散策楽しい、小さな店

ここは、旅の途中のドナウ川沿いの町
旅人集う、英雄広場
撮って、集い、また、撮る。
戦い終結、英雄達

ここは、旅の途中のドナウ川沿いの町
旅人戻る宿泊ホテル
撮って、食べて、また、撮る
食事楽しむ、夫婦旅

ドナウ川ナイトクルーズ、楽しみにしています。

種蒔くんさま

ハンガリーの初代の王イシュトヴァーン(在位997~1038)は、ローマ教皇から戴冠され、国王に即位し、
国内統一やキリスト教の普及に努めたことで、聖人に列せられています。
第34代国王のマーチャーシュ王(在位1458~1490)は、中世ハンガリーの最盛期の王で、
ボヘミアやオーストリアを攻め一時はウィーンを陥落させるなどハンガリー王国最大版図を実現しています。
ブダペストなど国内各地にルネッサンス様式の建物を数多く立てた王です。
王様の権力が絶大だったのでしょう。

ブタペストのペスト地区にある国会議事堂は、1885~1904年に建設されたのですが、
すごく大きな華麗な建物です。
これは、誰の権力の象徴でしょう。

ひげ爺さま

センテンドレの商店街は、バザールのような、下町の市場のような感じでした。
高い建物はなく、お店の中には所狭しと、いろいろなものが売られていて、
価格も都市部より安いようでした。
たくさんの商品を見て回るだけでも、面白かったです。

ほとんどの写真の中央に私が立っていて、切り取りをしてしまったので、
街並みが再現できないのが、少し残念です。
もっと両側にびっしりと商店が並んでいました。

カズジイーさま

本当に、カズジイーさまの詩のような感じです(笑)
最後の料理の写真は、予備のカメラで、私が撮りましたが、
エステルゴムもセンテンドレも、
主人が撮ったほとんどの写真に私が立っているので、
編集の時に切り取り作業をしました(笑)

“ドナウ川ナイトクルーズ”は、夜景なので、大丈夫です(笑)

No title

ドナウ川、いいですね。対岸が遠くて湾のようですね。
キリスト教文化の壮麗さ、異文化なんだなぁとしみじみ思います。
小さな額縁屋さんがかわいいですね。こういうの好きです。
夕食、ボリュームたっぷりですね。
デザートもおいしそう。でも甘いんでしょうね。

amocsさま

ドナウ川、広いので、本当に湾のようです。
私が育った北九州市門司港は、関門海峡のすぐそばで、対岸が下関だったので、
ブダペストのブダとペストみたいな感じです。

センテンドレ・・・田舎の商店街のようで、いろんな雑貨屋さんが軒を連ねていて、
主人は手持ち無沙汰のようでしたが、私は見て回るのが楽しくって・・・・・

夕食、これだけボリュームがあると、パンは食べれません。
それでも、デザートは、主人が食べないので、2人分食べました(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle