FC2ブログ

㉟ブダペスト(ハンガリー)

今日も、ブタペスト(ハンガリー)です。

ブタ地区の観光を終えて、エルジェーベト橋を渡って、ペスト地区に移動です。

ペスト地区からブタ地区の王宮の丘を。(車窓より)
1210541.jpg

岸辺にドナウ川観光の船があります。
私たちは、夜、「ドナウ川ナイトクルーズ」を楽しみました。

王宮。
1210540.jpg

1210542.jpg

マーチャーシュ教会、漁夫の砦。
1210543.jpg

鎖橋:全長375m
1210544.jpg

元々は、1849年に最初にブタ地区とペスト地区を結ぶ橋として造られました。
当時、中央径間202mは、世界最長の吊り橋だったそうです。
鎖橋という名前は、夜間ライトアップされ、連なる電球が鎖のように見えたから。

ドナウ川沿いから、街の中に入ると、
聖イシュトヴァーン大聖堂が見えてきます。
1210545.jpg

1210546.jpg

この写真を撮ったところで、私のカメラのSDカードがいっぱいになったので、
ここからは主人の撮った写真で、紹介します。
(所々、私が写っている場面は、私を切り取っていますので、構成が変ですが・・・)

1210547.jpg

聖イシュトヴァーン大聖堂は、ハンガリー建国の父で、
聖人に列せられているイシュトヴァーン王を祀っています。
1851年に建造が始まり、1905年まで50年近い年月を要しました。
直径22m、高さ96mという巨大なドームが特徴です。

1210548.jpg

この通りには、こんな銅像。横で同じ格好をしてみました。
1210549.jpg

大聖堂前の通りと建物。
1210550.jpg

昼食会場 「Duna Palace」
1210551.jpg

室内とテーブルにはサラダ。
1210552.jpg

グャーシュ
1210553.jpg

レストランから大聖堂を。
1210554.jpg

また、ドナウ川沿いに戻って、マーチャーシュ教会を。
1210555.jpg

ここから、私たちは、オプションで、「ドナウベント観光」に参加です。

少し走ると、見えてくる橋が、マルギット橋。
1210556.jpg

このマルギット橋は、元々は1872年から1876年に造られ、
全長が637.5mあり、鎖橋の次に古い橋です。
改修工事が、2010年から2012年にされたので、綺麗でした。

ブダペスト郊外の建物
1210557.jpg

ドナウベント観光では、エステルゴムとセンテンドレという街を訪れます。
どちらも、中世の街並みです。
その様子はまた明日。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブタベストはドナウ川が流れている所なのですね。
大きな橋が何本も架っていますが、昔からかけられた橋が多いのでしょう。
東京アクアラインみたいな橋はなかったと思います。
古き良き時代の都会だったと思います。

No title

勉強しました町の名前 
二つの地区の名前をたしての命名であるということを。
これも住民融和のための考え方なのでしょうかね。

No title

漁夫の砦、そうでしたか。また、学習しました。

鎖橋、川幅の広さを物語る象徴的な橋ですね。

「ゆったりした河の流れに、身をまかせ、優しき夫にすがりつつ、ブタベスト旅の楽しさよ、ふるさと忘れ、今日もさすらう。」

「銅像横のご婦人、花を愛するご婦人、見れずに残念、楽しみ後へ後へと先送りかな。」

訪問 うれしくおもいます。

No title

素敵な建物ですね~
見とれますね~
最後の建物は近代ビルですね。

種蒔くんさま

ブダぺストは、ドナウ川の両岸ブタ地区とペスト地区から成り立っています。
ブダペストの橋は、9つありましたが、第2次世界大戦で、全て破壊されて、後に再建されたそうです。
最初に見たエルジェーベト橋は、1964年に再建されたそうです。
大きなドナウ川ですから、現代のような車社会だと、橋がないと、困るでしょうね。

ひげ爺さま

ドナウ川を挟んで、西岸のブタ地区と東岸のペスト地区が、
合併したのは、1873年だそうです。
第2次世界大戦で、橋は全て破壊され、街も部分的に爆撃を受けて破壊されましたが、
1960~1980年に、都市の戦時中の被害は最終的に全て修復され、
こんなに綺麗な街に生まれ変わったということです。
でも、王宮中心の地区と政治経済中心の地区と分かれているのは、不思議ですね。

カズジイーさま

私も勉強させていただきました(笑)
「漁夫の砦」を作った建築家シュレック・フリジェシュが、名づけたのでしょうか。

マルギット橋には、トラム(路面電車)が走っていますし、
ドナウ川を横切る地下鉄もありましたよ。
大きな川を日常的に行き来しているのでしょうね。

サンダーソニアMさま

聖イシュトヴァーン大聖堂・・・50年の歳月をかけて作られたのですから、凄いですね。
明るい青空だと、景色が綺麗に写りますね。

最後の建物は、共産主義時代の共同住宅と説明があったと思います。
共産主義が崩壊したあと、個人の所有になって、内部はもちろんですが、
外部も個人の好みで塗り替えしているそうです。
ブタペストの人口、近郊も含めると、330万人だそうですから、
共同住宅が必要なようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle