FC2ブログ

㉚クラクフ(ポーランド)

今日は、クラクフ(ポーランド)です。

ヴィエリチカ岩塩坑からの帰り、雲の切れ間から、光が差していました。
17時10分 車窓より、撮影 
1210433.jpg

17時30分、ホテルに到着して、少し休み、19時にまたホテルを出発して、
クラクフ旧市街にあるレストラン「BOHEMA」で、
「民族舞踊ディナーショー」を体験しました。

1210434.jpg

もっと、広い場所で、民族舞踊があるのかと思っていましたが、
テーブルとの間はほとんどなく、
楽団5名と踊り手2名のショーが、行われました。

1210435.jpg

1210436.jpg

1210437.jpg

踊り手の女性は、歌も。
1210438.jpg

踊り手の男性は、早変わりで変身。
1210439.jpg

1210440.jpg

この日の夕食

サラダ
1210441.jpg

ポーランド風グャーシュ
1210442.jpg

デザート
1210443.jpg

最後は、踊り手の2人と、観客とで、ダンスです。
1210444.jpg

楽しく踊って、外に出ると、街は夜景です。

21時10分 撮影
1210445.jpg

1210446.jpg

1210447.jpg

夜のショーウインドウ
1210448.jpg

この日、9月15日は、盛りだくさんの観光でした。
2つの世界遺産「クラクフ歴史地区」「ヴィエリチカ岩塩坑」
どちらも素晴らしかったです。

9月16日は、クラクフ(ポーランド)からブラチスラバ(スロバキア)に移動して、
ブラチスラバ観光をして、宿泊はブダペスト(ハンガリー)と、
3カ国を体験します。
ブラチスラバ観光の様子は、また明日。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この日はショウが主だった見たいです。山梨に行くと見たくなくても
信玄踊りを見せる所が多いです。
踊りて件歌手の女性が美しい人で良かったです。
こんなに美人なら一緒に踊りたくなります。
私は駄目なんです。

No title

場面は変わって「民族舞踊ディナーショー」の世界ですね。

間近にみる顔のいろ、ワクワク、
直に触れる手の感触、ワクワク、
香り漂う肌の色、ワクワク
楽しく踊って、美食に酔う、ワクワク

若き日の思いに寄せる、ワクワクの一時ですね・・・。
雲の切れ間からの光、幸運をもたらす光ですよ、あやかりたいですね。

訪問 うれしくおもいます。

No title

昼間は観光夜はデイナーショウ毎日が楽しく夢のごとくすぎますね。
とても羨ましいです。

No title

雲からの光りは「天使のはしご」と言われているのでは…

ポーランド美人ですね~
こんなショーなら見も心も弾みますね。

お食事も美味しいそうです。

外に出たら夜景が綺麗で満足、満足でしたね。

種蒔くんさま

ポーランドの民族舞踊・・・フォークダンスみたいでしたよ。
スペインのフラメンコ、ハワイのフラダンスみたいに、
そこの民族独特の踊りではないような・・・・・
誰でもすぐ踊れる雰囲気でした。
ほんと、美しい女性で、楽しい時間でした。

私も踊れません(笑)

カズジイーさま

あまりの会場の狭さに驚きましたが、
楽団や踊り手と近いほうが、
直に触れ合ってる感覚になりますね。
私たち夫婦は、テーブルの奥の席だったので、踊りませんでしたが、
ツアーのお友達が楽しそうに踊っているのを見るだけで、
心が温かくなりました。
楽しい歌と踊りは、食事をより一層美味しくしてくれますね。

雲の切れ間からの光・・・幻想的だなぁと思って撮りました。
幸運が訪れるといいですね。
幸運が訪れることを信じましょう。

ひげ爺さま

日本だと、また行けるかもと思って、通り過ごすところもありますが、
外国には、2度と来られないだろうと思って、めいっぱい観光になります(笑)
それと、知らない国で、自分たちで、食事をとるのが、億劫ですから(笑)
食事付きのオプションに参加することが多いです。

ヨーロッパ・・・どこも素晴らしく、毎日、楽しみました。
旅はいいですね。

サンダーソニアMさま

雲の切れ間からの光・・・「天使の梯子」というのですか。
素敵な言い方ですね。
夕方の薄明かりの光、幻想的でした。

本当に、美しい女性で、素敵な声で民謡を歌って、颯爽と踊ってくれました。
狭い会場の方が一体感があって、良かったのかも。
楽しい踊りと歌で、ビールも食事も美味しかったです。

添乗員さんが、旧市街の広場、ライトアップされているのでと、連れて行ってくれました。
夜景がもっと綺麗に撮れるといいのですが・・・

盛りだくさんの観光、楽しみました。満足です。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 12年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle