FC2ブログ

㉙ヴィエリチカ(ポーランド)

今日も、ヴィエリチカ(ポーランド)です。

今日は、ほとんどの写真は主人が撮ったものです。
昨日は、ヴィエリチカ岩塩坑の坑道の写真や岩塩で掘られた彫刻でしたが、
今日は、採掘場の跡地を利用した礼拝堂を中心に載せたいと思います。

まず、受付の建物
1210407.jpg

入ってすぐ、地下100mぐらい降りる木製の螺旋階段。中ほどから下を。
1210408.jpg

小さな礼拝堂に飾られていたキリスト像。
1210409.jpg

小さな礼拝堂に飾られていたマリア像。
1210410.jpg

これが、上から見た採掘場の跡地を利用した礼拝堂です。
1210411.jpg

岩塩坑を発見したギンガ姫の名前をとって、ギンガ礼拝堂と名付けられています。
広さは800平方メートルあります。
ここで、10ズロチ支払って、撮影許可書をもらい、岩塩でできた階段を下ります。

坑道の彫刻もここでのレリーフ、彫刻、シャンデリアまで、
すべて、ここの坑夫が、岩塩を彫ったものです。

1210412.jpg

1210413.jpg

1210414.jpg

1210415.jpg

レリーフ
1210416.jpg

1210417.jpg

1210418.jpg

1210419.jpg

彫刻
1210420.jpg

ギンガ姫
1210421.jpg

マリア像
1210422.jpg

礼拝堂の一番奥にある祭壇。ここも全て岩塩を彫ったものです。
1210424.jpg

1210425.jpg

「最後の晩餐」のレリーフ
1210426.jpg

礼拝堂から出て、休憩場所。
1210427.jpg

下の広場から、上を眺めるショーも演出されていました。
1210428.jpg

一番奥の広場は、お土産を売っているショーケースがありました。
1210430.jpg

最後の方にレストランあるいは宴会場のようなところも。
1210431.jpg

最後の門
1210432.jpg

上りは、エレベーターでした。
ヴィエリチカ岩塩坑、約2時間30分の観光です。
最初の長い階段と坑内を歩き通したので、かなりくたびれました。

9月15日、この日は、もうひとつ、夜のオプション、
「民族舞踊ディナーショー」に参加しました。
ヴィエリチカから、クラクフ旧市街に戻り、バスの乗降をして、
ホテルに帰って、また、19時にクラクフ旧市街に出かけました。
その様子は、また明日、載せたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

岩塩の鉱山を2時間半もかけて見学でしたか。
私だと足が痛くなって動けなる距離です。
最近は足が弱くなっています。昨日のビオラ祭りも歩きました。
駐車場かなくて山道を歩いて下ったり登ったりしました。
いい運動でしたが足はそんなに痛みませんでした。
坑道の中にこんなに彫刻が有るなんて不思議です。
岩塩って普通は露天掘りだと思っていました。

No title

ヴィエリチカ、感動しました。
外部から運び込めない分、何もかも岩塩を掘って作ってしまったのでしょうか。
シャンデリアまで岩塩とは・・。
暗い高い天井からつるされたシャンデリアの明かりと
ライトアップの照明で、幻想的な素晴らしい空間ですね。
それが保存されていることもすごいですね。

写真からそれが伝わって来ます。
暗くて足場の悪い中の2時間30分、お疲れだったでしょう。
そんな苦労もなしに、毎日いい海外旅行をさせてもらってます。
ありがとうございます。

No title

シャンデリアも岩塩ですか。
ダイリセキに見えますね。
お見事です~
壁や天井も素晴らしいです。
ご主人の写真の腕前も確かです。

楽しく拝見しました、ありがとう~

No title

観光地とはいえ、ここだけは別世界のようてすね。

礼拝堂、神への祈りを捧げる場所、神聖な場所
人々か集う場所、高くそびえ立つ塔・・・。
そんな礼拝堂の数々の様子を知ることができました。
嬉しいですね・・・。
ありかどうございました。

訪問 うれしくおもいます。

種蒔くんさま

ヴィエリチカ岩塩坑の観光できる部分だけでも、3.5km。
そこを、ポーランド人のガイドさんが、日本語で、丁寧に説明してくれるので、
気がついたら、2時間半も経っていました(笑)
疲れましたが、岩塩の彫刻やレリーフ、そして、シャンデリアまで見れたので、満足でした。
坑夫さんが、彫ったのが、信じられないくらい、芸術的な作品でした。

amocsさま

ヴィエリチカ岩塩坑の礼拝堂・・・想像以上でしょ。
岩塩で掘った彫刻、レリーフ、シャンデリアが、
素敵な空間を作り出していますよね。
地下の坑道って、暗いイメージを持っていましたが、
全く違ったので、驚きました。
坑夫さんたちの心意気を感じました。

たくさんの写真と拙い文章のブログですが、
一緒に旅をしていただけて、嬉しいです。

サンダーソニアMさま

素敵な礼拝堂でした。
岩塩を採掘した場所を、
岩塩でこんなに綺麗に作り出すことができる坑夫さんたち、
素晴らしいですよね。
シャンデリアとマリア像は、普通の岩塩ではなく、
クリスタルな岩塩を掘っているそうです。
岩塩坑ですから、天井も壁も床も岩塩ですが、
それ以上の大理石のような輝きがありますね。

写真のこと、主人に話したら、
「カメラが新しくて、性能がいいから。」と言いながらも、
嬉しそうでした(笑)

カズジイーさま

本当に、素敵な空間を演出している礼拝堂でした。
広さが800平方メートルもあるのに、
岩塩の彫刻、レリーフ、シャンデリアで、
荘厳な礼拝堂、祭壇が、坑夫さんたちの手で、作られていました。
こんなに素晴らしい礼拝堂を見れて、感動しました。

旅をして、感動すると、いつも、
「人間って、素晴らしい」と思いますね。
これからも二人旅、続けていこうと思っています。

No title

岩塩の採掘跡に教会とはすばらしいですね。
彫刻からシャンデリアに至るまで全部が岩塩とはびっくりです。

ひげ爺さま

本当に、想像以上の美しいヴィエリチカ岩塩坑の礼拝堂でした。
800平方メートルも広さがあれば、
たくさんの人々が礼拝堂に集うことができたでしょうね。
すべての装飾品が坑夫さんの手で、岩塩を掘ったものだと、
信じられないぐらい綺麗でした。

シャンデリアの灯りと、レリーフなどの間接照明で、
より一層、素敵な空間が醸し出されていました。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle