FC2ブログ

㉔クラクフ(ポーランド)

今日は、クラクフ(ポーランド)です。

クラクフは、14~16世紀、ポーランド王国の首都でした。
かつては、「中世の宝石」と称えられ、栄華を極めた古都です。
第2次世界大戦では、戦火を免れて、中世の街並みが残っています。

まず始めに、ヴァヴェル(バベル)城を見学しました。
このお城は、16世紀に、ジグムント王が建築しました。

バスを降りたところの景色。右手。
1210292.jpg
             左手。
1210294.jpg

ヴァヴェル城の城壁
1210293.jpg

1210295.jpg

1210296.jpg

少し登ると、入口の門が見えてきます。
1210297.jpg

入口から、クラクフの街並みを。
1210298.jpg

エントランスホール部分に、カンナ。
1210299.jpg

ここを抜けると、大聖堂が見えてきました。
1210301.jpg

1210300.jpg

上ばかり見ていて、ふと、足元を見ると、花壇が。
たくさんの花で、テンションがあがりました。
一つずつ、覚えているか、花の名前を言って、見てました。

ジニア、ブルーサルビアなど。
1210302.jpg

ヘリオトロープ、マリーゴールドなど。
1210303.jpg

チョコレートコスモス、ブルーサルビア。
1210304.jpg

いろんなグラス類
1210305.jpg

シレネらしきものも見えます。アイビーゼラニウムも。
1210306.jpg

こちらは、私の好きなシュウメイギク。
1210307.jpg

こちらは、ルドベキア。
1210308.jpg

花壇の上方。
1210321.jpg

正面の方に大聖堂が。
1210320.jpg

クラクフ歴史地区は、世界遺産に認定されています。
もう少し、クラクフの街並みを載せたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヘリオトロープの花が花壇に植えてあるって見た事がない感じです。
いい香りが漂って来たと思います。
家ではルドベキアの花はもうお終いになりましたがこちらでは夏が涼しいのかな。
建物が少し違う感じに見えましたよ。

No title

沢山の写真を見せていただきましたがどんな建物でも
(宗教建築とか城)には尖塔が多いですね。

花好きのとっくんさんらしく沢山の花にもしっかり
目を注いでいらっしゃいますね。

No title

お城の城壁が凄いですね。
日本のお城もそうですもね…

やはりお花がひきててくれますね。
我が家でも今、シュメイキクが咲いています。

「中世のお城」グリンの丸い屋根のお城えお見て感じますね。
お花は北海道と変わらないようで親しみました。

No title

世界遺産に認定されているだけあって、環境が整然としていますね。
「中世の宝石ですか、栄華を極めた古都ですか。」理解できますね。
足元みれば、花の数々、好きな花だよシュウメイギク。
生活の一部分ですね・・・。
花を楽しむ、その思いが伝わってきますね・・・。

訪問 うれしくおもいます。

種蒔くんさま

私もヘリオトロープが植えてある!って思いましたよ。
私も2年前の母の日に、紫と白の花苗を、娘からプレゼントしてもらいました。
その年だけ、綺麗に開花して、甘いバニラの香りがしていましたが、
冬に枯れてしまいました。
2年ぶりのヘリオトロープ、しっかり香りを楽しみました(笑)

この日は、最高気温15度ぐらいでした。
少し肌寒い季節に、
ルドベキアとシュウメイギクが一緒に咲いていて、
不思議な感じでした。

ひげ爺さま

そうですね。尖塔がたくさんみえますね。
ヨーロッパのお城の尖塔は、
敵に対して、監視や防御のために必要な構造物だったでしょうし、
教会の大聖堂の尖塔は、鐘を鳴らして、
信者に対して、礼拝の時間を知らせるために、
できるだけ広い範囲に届くための機能を持っていたのだと思います。
聖職者の方も、高いところまで階段を上がって、鐘をつくのは大変でしょうね。

花を見ると、気持ちが高ぶり、嬉しくなりますね。

サンダーソニアMさま

ヨーロッパは陸続きで、周りの国々から敵が攻めてくるので、
王宮を守るためには、頑丈な城壁が必要ですよね。
ほんと、日本のお城と同じですね。

サンダーソニアさまのお宅でも、シュウメイギク、咲いているのですね。
細い茎にぱっと大きめの花が咲いて、綺麗ですよね。
今度は是非プログに載せてください。
お願いします。
うちでも咲いていますが、細い茎が風に揺れて、なかなか上手く撮れません(笑い)

カズジイーさま

クラクフのヴァヴェル城は、
11世紀から17世紀にかけて、ポーランド王の居城でしたし、
16世紀に建てられたルネッサンス様式のお城ですから、
綺麗ですね。

シュウメイギク・・・大好きな花なので、ここから離れたくありませんでした(笑)
花は幸せな気分にしてくれますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle