FC2ブログ

⑯プラハ(チェコ)

今日も、プラハ(チェコ)です。

プラハ城の下のマラー・ストラナ広場から、
カレル4世の時代から建設が始められ、
15世紀初めに完成したカレル橋を目指して歩きます。

カレル橋のたもとの塔が見えてきました。
1210105.jpg

カレル橋のたもとの塔です。
1210106.jpg

塔の下をくぐって、振り返りました。
1210107.jpg

この間から、聖ミクラーシュ教会が見えます。
1210108.jpg

もっと、アングルを変えると、街並みが見渡せました。
1210109.jpg

橋を渡り始めると、この景色。この川はブルタヴァ川の支流です。
1210111.jpg

カレル橋は、旧市街とマラー・ストラナ地区を結び、長さ約520mあり、
はしの両側の欄干には30体の聖像が並んでいます。

聖像をいくつか撮ってみました。
1210110.jpg

高台のプラハ城、聖ヴィート教会も見えます。
1210112.jpg

この川がプルタヴァ川です。
1210113.jpg

プルタヴァ川沿いの景色。
1210114.jpg

少しアップしてみました。
1210116.jpg

反対側も。
1210115.jpg

橋の中程には、鍵がたくさん。
1210117.jpg

1210118.jpg

1210119.jpg

奥の方にプラハ城が見えています。
1210120.jpg

プラハ城をもう1度、撮ってみました。かなり大きいことがわかりますか。
1210122.jpg

カレル橋の反対側の塔。
1210121.jpg

塔をくぐって振り返ると、
1210125.jpg

塔の上部をアップで。
1210127.jpg

塔の中部をアップで。
1210126.jpg

塔をくぐったところにある建物。
1210123.jpg

旧市街に着いたところで、ショッピングと昼食です。
その様子は、また明日。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが芸術の都立派な彫刻の多いことに驚かされますね。

No title

雨だったんですね。
それにしても立派な建物には見とれますね。
橋の鍵は恋人達の愛の契りかな!!!

No title

テレビ番組「外国人が歌う日本の名曲」を観ていると、チェコやドイツの街並みの景色が映りました。
掲載されていた写真もありました。
世界は一つと感じた一瞬でした。とっくさんに感謝です。
プルタヴァ川沿いの景色、神秘的な世界を感じますね。
芸術の秋、彫刻家たちの作品に感動するばかりです。

訪問 うれしくおもいます。

ひげ爺さま

カレル橋は、50年以上の歳月をかけて、14世紀の初めに作られ、
長さ520m、幅9.5mもあります。
600年も使われてきた橋、凄いですよね。

聖人の像は、1683年に初めて、ヤン・ネポムツキー像が建てられたそうです。
この像の台座に触ったら、「幸運が訪れる」と言われていて、
ツヤツヤになった台座を触ってきました(笑)

サンダーソニアMさま

プラハの観光の時だけ、雨でした。
晴れていたら、高台のプラハ城がもっとよく見えたでしょうが、少し残念です。

橋の鍵・・・「何時までも幸せが逃げないように」だそうです。
人々の思いはどこでも同じですね。

カズジイーさま

テレビに行ったことがある場所や知っている場所が映ると、
見入ってしまいますね。
奄美大島が映ると、カズジイーさまを思い浮かべますよ。

ここから見ると、プラハ城が凄く大きいと実感できました。
カレル橋の聖人の像30体、どれも素晴らしかったです。
長い年月の重みを感じました。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle