FC2ブログ

①ミュンヘン(ドイツ)

9月7日から19日まで、“中央ヨーロッパ7カ国大周遊13日間”の
ツアーに参加してきましたので、その旅の様子を載せていきます。

9月7日 正午に家を出て、12:10発、近くの駅から高速バスで、18:10着、大阪駅。
     新装なった大阪駅で関西空港行きのバスに乗り、関西空港へ。
     21:40 南団体受付カウンターに集合して手続き。
     23:40発 エミレーツ航空の飛行機に乗り、
9月8日 04:50着(現地時間です。日本時間よりー5時間)約10時間かけて、
     ドバイ(アラブ首長国連邦)に。
     08:35発 ドバイからミュンヘン(ドイツ)に飛行機を乗り換え。
     13:00着(現地時間です。日本時間よりー7時間)約6時間の飛行。

ドバイ空港内部;人工のオアシスです。
1209140.jpg

ガラス越しに外の景色を。
1209141.jpg

エミレーツ航空の飛行機
1209142.jpg

また、ドイツに向けて乗り込みます。
1209143.jpg

ミュンヘン(ドイツ)に到着するとバスで、ミュンヘン観光へ出かけました。

2006年にドイツで行われたサッカーのワードカップのミュンヘン会場ということで、車窓から。
1209144.jpg

マックス・ヨーゼフ広場に。
ここには、王室の居城であるレジデンスがあります。
その隣にある「バイエルン州立歌劇場」です。
1209145.jpg

1209146.jpg
このオペラ劇場は、1811年~18年にかけて、
芸術を愛したマクシミリアンⅠ世が、
ミラノのスカラ座やパリのオペラ座に負けないように、
ギリシア神殿風の堂々とした劇場を造らせたものです。

マックス・ヨーゼフ広場からマリエン広場に歩いて行くと、この景色。
1209147.jpg

マリエン広場は、東西、南北の交易が交わり、
850年前にミュンヘンの街が誕生した時からの
中心的な役割を果たしてきた広場です。

「新市庁舎」
1209148.jpg

1209149.jpg

1209150.jpg
「新市庁舎」は、1867年~1909年にかけて、
ルートヴィッヒⅠ世の命により建設されたネオゴシック様式の市庁舎です。
迫力ある正面壁画にはバイエルン王、寓話や伝説の英雄、聖人などの像が飾られています。

横の塔は、高さが85mあり、仕掛け時計があります。
1209151.jpg

1209152.jpg

このマリエン広場で、催し物があって、テントの出店で、ジョッキビールを。

「聖母マリア像」
1209153.jpg
元々「シュランネン広場」という名称だったのが、
1638年にこの聖母マリア像が設置されて、
「マリエン広場」と呼ばれるようになったそうです。

「フラウエン教会の2本の塔」100mあります。
1209154.jpg
1468年~88年にかけて建てられたミュンヘン市民の大聖堂の塔です。

近くの建物は、窓辺に花が飾られています。
1209155.jpg

1209156.jpg
ミュンヘンは、夏の1ヵ月間ほど35度ぐらいになりますが、
冷房設備がなく、窓を開けて、風を通して、涼をとるそうで、
ゼラニウムの花鉢を、虫除けのために、設置してあるそうです。

「ペーター教会」の内部。
1209157.jpg

1209158.jpg
12世紀からの歴史を誇るミュンヘン最古の教会で、内部のロココ調が美しいです。

「旧市庁舎」
1209159.jpg

1209160.jpg
1470年~80年にかけて建てられましたが、
第二次世界大戦で、大半が破壊されたため、戦後に建て直され、
現在は、建物の一部を「おもちゃ博物館」として使われています。

元に戻って、新市庁舎を。
1209161.jpg

1209162.jpg

マックス・ヨーゼフ広場まで歩いていると、電車が。
1209163.jpg

1209164.jpg
ヨーロッパでは、石畳の通りに、電車が走っていました。

ミュンヘン観光を終えて、145kmバスで移動して、
ザルツブルグ(オーストリア)に。
ここで、夕食を食べ、宿泊しました。

長~い二日間が終わり、ぐっすり休んで、
明日からオーストリアの観光です。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7カ国大周遊13日間すごいですね〜。e-451
うらやましい限りです。

そうそう、ゼラニウムを植えるようになったのは
ヨーロッパの窓辺に飾られているのが
とてもきれいだったからでした。

今にして思えば、北海道くらいの緯度の涼しいところのもの。
高温多湿は苦手な植物ですよね。熱障害で葉が白くなるわけです。

No title

海外旅行はした事がないのでドイツの高い建物を見て感心しています。
ドイツは地震の少ない国なので古い建物が沢山残っています。
一生海外旅行は出来ないと思います。
身近な韓国、中国とは紛争が起きて安定しない国になってしまいました。

No title

ドバイ~ミュンヘンですか。
ミュンヘンの「新市庁舎」の建物は素晴らしいですね~
ネオゴシック様式なるほど、なるほど良く耳にいましたね。
仕掛け時計にはいつも見入りますね。
時間が合った時はラッキーですよね。
夢があって大好きです。

「ペーター教会」の天井の絵に見とれます~
7カ国なんてすごいですね。
若い内ですね。

次を楽しみにしています~

No title

ミュンヘンの歴史的な街並を見ているとおとぎの国へ迷い込んだようですね。
どこの国でも宗教的建造物は特にすばらしいとおもいます。
またエアコンもなく窓辺の花で虫除けとは素晴らしい知恵ですね。
自然に花を飾る習慣もできるのですね。

No title

ツアーでの世界への旅ですね。
「旅は道連れ、世は情け」、世界各国の人々との出会い、そして、共に過ごした仲間との触れ合いなど、話は尽きないほど思い出多い旅になったことでしょう。
旅の仕方も様変わりしたようですね・・・。
写真に見る異国の風景、歴史ある建造物、そして、乗り物などすべ感銘を受けました。
続きを楽しみにしています。

訪問 うれしくおもいます。

No title

豪華な旅行でしたね♪
海外旅行はおろか国内でさえ渋っています(暇は有っても先だつものが不足してまして)

こちらで楽しませて頂きます。

楽しみで~す(笑)

とくに食べ物やお酒(笑)
もしお写真がございましたらぜひアップしてくださ~い(笑)

amocsさま

今春から、計画していて、何度も出発日を変更して、
やっと、9月7日の出発になりましたが、
快適な季節で、素敵な旅が出来ました。

そう、ゼラニウム、ヨーロッパの窓辺には、必ず飾られていましたね。
イタリアでもそうでしたよ。
窓辺に飾られているということは、多湿がにがてなようです。
育てていると、暑いだろうからと、どうしても水やりし過ぎますね。
ゼラニウムの原生地は、南アフリカなのに、暑さにも寒さにも弱いようで、
ヨーロッパの人達は、春から夏の時だけ、鉢植えにして、窓辺に飾ってあるそうですよ。

種蒔くんさま

末娘が巣立った、11年前から、ふたりで、毎年、
海外旅行に行くことに決めて、実行してきました。
4年前にリタイアしてから、長くて、安い旅行を楽しめるようになりましたよ。
今回も7カ国、ドイツを除いて、みんな行ったことのない国、
2度と行くことがない国だと思って、
思いっきり楽しんで、写真を撮りまくりました(笑)
たくさんの写真ですが、楽しんでくださいね。

サンダーソニアMさま

「ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー」のCMソング・・・
札幌と同じ北緯43度、世界3大ビール生産地のミュンヘンです。

新市庁舎の仕掛け時計は、中世の騎士の馬上試合の人形劇だそうです。
ドイツでは、たくさん仕掛け時計を見ますが、
私の街の駅前の「石見神楽」の人形劇の方が素晴らしいと思ってしまいます(笑)

旅の写真、たくさんですが、一緒に巡ったつもりで、楽しんでくださいね。

ひげ爺さま

ヨーロッパの国々は、王様の好みで、宮殿が建てられ、
教会が建てられ、劇場が建てられて、
贅の限りを尽くしていますから、豪華ですね。
ほんと、おとぎの国のようでした。

気温が高くても、乾燥しているので、日陰や家の中は、かなり涼しかったですよ。
(この日も30度を超えていました。)

他の街で、花屋さんの写真をとりましたが、
安いブーケがたくさんありました。
特別な時ではなく、日常に花を取り入れているのだなぁと思いました。

カズジイーさま

異国の地では、旅行社のツアーが、安心です。
ヨーロッパの人々は、自国の言語で話しますので、
英語よりもジェスチャーの方が、わかってもらえるようでした(笑)
ツアー参加者で、たくさんの友達が出来ましたし、
添乗員の手配や話は素晴らしかったです。
観光地では必ず公認のガイドが付いて、日本語で、説明してくれます。

このツアーの中に、67歳の男性で、毎月、海外旅行をしている人もいました。
その方は、どんなことにも関心があるようで、2台のカメラを使って、
走り回りながら、写真を撮っていました。
そのバイタリティは、見習わないとと思いました。
私もたくさん写真を撮りましたので、拙いですが、楽しんでくださいね。

九ちゃんさま

はい、いっぺんに、7カ国13日間のツアーは初めての体験でした。
まぁ、2008年には、エジプト、ギリシャ、トルコ15日間を体験していましたが・・・
どうせ、16時間も飛行機で行くのなら、たくさんの国の方がいいだろうと思ったので。
たくさんの拙い写真ですが、楽しんでくださいね。

手打ちそば 蕎友館 井出明久さま

じつは、私、旅をすると、日本でも同じですが、
食事の写真、前菜からデザートまで全部、撮ってます(笑)
このマリエン広場で飲んだジョッキビールの写真もありますが、
テントの長いすに座って、外国の人達に交じって、
凄く嬉しそうに飲んでいる主人の顔が、大写しになっているので・・・・・
写真の加工技術が出来ないので、見苦しいと思いまして(笑)

それと、訪れた7カ国、食事会場は薄暗くて、蝋燭の灯り程度でした。
あまり上手く美味しそうな写真にはなりませんでしたので、
ご期待に添えないと思いますよ。(灯りのせいにしています)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle