FC2ブログ

ニチニチソウ

今日は、ニチニチソウ、ニチニチカ(日日花)、ビンカ(キョウチクトウ科)です。

“中央ヨーロッパ7カ国大周遊13日間”の旅から帰ってくると、
夏の花達がまだ元気に咲いていました。
その中でも、ひときわ明るく迎えてくれたのが、ニチニチソウです。

この花は、8月27日に近くのJAで、売れ残っていたのを3色購入しました。
ニチニチソウは夏の定番の花ですが、
以前に5月頃購入して、元気だった花が、梅雨時期に全滅したことがあって、
今年の春には、購入をためらっていました。
夏の終わりに、元気そうなのに、この3株だけが、売れ残っていたので、
連れて帰ることにしました。

2012.08.27 撮影 清楚な白花。
1209124.jpg
              白花の蕾。
1209125.jpg
              情熱的な赤花。
1209126.jpg
              優しい色合いの濃いピンク。
1209127.jpg

2012.08.29 撮影
1209128.jpg

1209129.jpg

1209130.jpg

2012.08.31 撮影
1209131.jpg

1209132.jpg

1209133.jpg

1209134.jpg

2012.09.01 撮影 3株一鉢に。
1209135.jpg

2012.09.03 撮影
1209136.jpg

1209137.jpg

1209138.jpg

9月1日撮影の時より、一回りも二回りも大きく成長していました。
今日の写真も撮りたかったのですが、
ヨーロッパの写真がSDカードいっぱいに入っていたので、断念しました。

前回、全滅したのは、ニチニチソウは、乾燥には強いですが、
梅雨時期の低温多湿で疫病が発生したためでしたので、
今回は玄関の軒下で管理しました。

ひとつの花は数日もってくれて、自然に落花して、次から次に咲いてくれます。
大きな花びらが、明るい印象で、まだ、夏だなぁと感じさせてくれました。

このニチニチソウもまだまだ成長して、楽しめると思います。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

引越し前のニチニチソウは大きくて立派に成長しましたが
この場所では大きくなりません。土が浅いせいだと思います。
大きくなる物は少し大きく掘りましたが普通の物はかぶせた土だけなんです。
少し土を見直ししないといけません。底の土は残土で固くなっています。

No title

お帰りなさい。
旅行は如何でしたかいろいろ見聞を広められたことでしょうね。
お留守の間に台風の被害などありませんでしたか。
旅行記などもアップしてください まってま~す。

No title

“中央ヨーロッパ7カ国大周遊13日間”でしたか・・・。
人生最良の旅だったことでしょう。
国際化社会、旅の仕方も変ってきましたね・・・。
「旅は道すれ、世は情け。」そんな旅は過去の遺物の時代に入ったようですね。
紅白の花に見送られ、紅白の花に迎えられる。
これもまた感無量ですね・・・。
sdカード、楽しみにしています。

帰国後、早々の訪問うれしくおもいます。

No title

お帰りなさい~
お疲れ様~

旅行も体力が必要ですよね。
若いうちですよ~
元気で続けて下さいね。

種蒔くんさま

ニチニチソウ、大きくて立派に成長するのですね。
以前の全滅の失敗があったので、踏み出せませんでしたが、
今回は、上手く成長してくれそうです。
水やり、たっぷりしたくなるのを少し我慢しています。
今から朝晩寒くなったら、非耐寒性なので、弱ってくるのでしょうか?
いつまでも元気というのは無理な話ですね。

ひげ爺さま

ありがとうございます。無事帰りました。
中央ヨーロッパは、爽やかな季節でしたので、快適な旅でした。
今日から旅行記、書くつもりです。
SDカードが一杯なので、パソコンに取り込まないと、
庭の花達の写真が撮れませんから。

留守中の台風はこちらでは大丈夫でした。
ご心配をおかけしました。
朝晩めっきり寒くなってきました。
お身体ご自愛ください。

カズジイーさま

9月の中央ヨーロッパ、綺麗な景色で、快適な旅でした。
13日間のうち、雨はプラハの1日だけでした。
後は、さわやかな青空で、中世の建物、街並みが素敵でした。
ツアー36名参加でしたので、九州や四国、近畿地方の方達と
お友達になって会話も弾み、楽しい旅でした。

庭の花、意図していませんでしたが、
ほんと、紅白の花ですね。
日本、やはり、落ち着きます。
旅が活力源になって、日常も頑張れます。

サンダーソニアMさま

ありがとうございます。無事帰りました。
往復の飛行機の時間が長かったので、少し疲れましたが。
中央ヨーロッパ・・・ほとんどの国の中世の道は石畳で、
半日は、観光に歩きまわりましたが、
主人ともども頑張れました。
素敵な景色に癒されました。
旅は気力、体力が要りますが、明日への活力源になりますね。
主人はもう次の予定を考えているみたいです(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle