FC2ブログ

阿蘇ジオパーク

今日は、8月20日に旅をした「阿蘇ジオパーク」です。
暑い日が続いていますが、阿蘇は爽やかでしたので、景色を楽しんでくださいね。

パンフレットによると、
「阿蘇ジオパーク」は、阿蘇カルデラの大地の公園を意味します。
九州の中部にある阿蘇カルデラは、
東西約18km、南北約25km、面積は約350km2です。
この中には現在も噴煙を上げている中岳をはじめ、
高岳、根子岳、杵島岳、烏帽子岳の阿蘇五岳と、
多くの山体で構成される火山群があります。
火山群の南北の山麓には平地が広がり、
火山群と平地を取り巻く外輪山は外側になだらかな火砕流台地を形成しています。
この阿蘇特有の地形をつくりだしているのは、
約27万年前以降活発な火山活動を繰り返してきた阿蘇火山です。

まずは、全景を見ようと、「大観峰」へ向かっていきます。

1208313.jpg

1208314.jpg

「大観峰」からの景色です。

1208315.jpg

1208316.jpg

1208317.jpg

1208318.jpg

1208319.jpg

次は、「米塚」に向かって行きます。
「米塚」は、阿蘇火山の中でも約2000年前と新しい時期に形成された
典型的なスコリア丘で、国内では最も均整がとれたもののひとつです。

向かって右端の小高い丘が「米塚」です。
1208320.jpg
近くで撮影。
1208321.jpg
少し回って撮影。
1208322.jpg
展望所から撮影。
1208324.jpg

1208323.jpg

同じ展望所から「草千里ヶ浜」を撮影しました。
「草千里ヶ浜」は、約3万年前に形成された直径約1kmの火口の中に、
約400mの小さな火口が生じたニ重火口で、
現在確認できる2つの池は、火口の名残りです。

1208325.jpg

1208326.jpg

今日も噴煙を上げている中岳が見えます。

1208327.jpg

1208328.jpg

この「中岳火口」に向かいます。
「中岳火口」は、東西約400m、南北約900mの南北に並んだ複合火口で、
そのうち一番北側の第1火口が現在も活動を繰り返しています。
ここでは、火山活動が比較的静穏な時期に見られる“湯だまり”を
間近に確認できました。

看板です。
1208329.jpg
第一火口です。
1208330.jpg

1208331.jpg

阿蘇火山から降りるときの景色です。
1208332.jpg

雄大な景色を満喫できました。

花の写真も少し撮りましたが、名前がわからないので、またの機会に載せます。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなに写真を取って下さって阿蘇の風景を満喫しました。
バスがチラッと見えましたが沢山の見学の人が来ています。
最近では5年前に行きましたが、中岳はすごい物です。
今では近くまで歩くのが大変になりました。
ありがとうございました。

No title

阿蘇ジオパークの素晴らしい写真を有難う。
とっくんさんはあちこちよく歩かれて素晴らしい景色に出会えてしあわせですね、
旦那に感謝ですね。

No title

北海道とは又違った美しさがありますね。
これは行ってみたいですね~

米塚は見事に均整のとれた山なんですね。
樹木が無いのが不思議な魅力になっています。
いつまでもこの雄大な自然を守らなければね。

堪能しました~ありがとう~

No title

 女には故郷は無い、とよく言われますが、生活の半分以上が島根なんですね。
 「乙女子心に灯が灯り、恋しき人と連れ合って、過ごせし年月、はや、過ぎて、故郷懐かし、阿蘇の山並かな。」
 先祖参りごくろうさまでした。花に包まれ、ゆったりとした生活を・・・。
 
 阿蘇の雄大な風景、感慨深いものがありますね。

 訪問 うれしく思います。

種蒔くんさま

阿蘇は素晴らしかったです。
大観峰までは、たびたび行くのですが、
中岳火口までは行けなくって。
ロープーウエイで上がる方法もありましたが、
有料道路が火口の傍まであったので、車で登りました。
歩いて2~3分で、火口の「湯だまり」を見学できましたよ。
雄大な景色を堪能して、すがすがしい気持ちになりました。

ひげ爺さま

阿蘇ジオパークは外輪山も含めて、雄大な景色でした。
5月にひげ爺さまにお逢いして、富山から立山連峰を眺めた時は、素敵な雪山の景色でしたね。
8月の阿蘇の緑の山々の景色も素晴らしかったです。
色々な所に二人で行くことを元気なうちに楽しみたいと思います。

サンダーソニアMさま

九州の阿蘇の景色は素敵でしたよ。
是非、北海道から九州へ旅に出てください。
その時は、同行したいです。

ジオパークとして、
特別に貴重で美しい自然遺産が数多く存在する地域で、
その保護と活用を重視していますから、
この美しい自然は守られていくと信じています。

カズジイーさま

阿蘇ジオパークのテーマは、
「阿蘇は、生きている。~阿蘇火山の大地と人間生活にふれる、時空を超える旅」
「約27万年前からの火山活動・・・地球の息吹を感じる中岳火口」
となっていました。
雄大な景色に魅了された1日でした。

出来るだけあくせくしないで、
ゆったりと二人の生活を楽しんで生きたいと思います。

とっくんさんへ

今日オダマキの種子を受け取りました。
この小さな種の中に、あの立派で美しい花を咲かせるエネルギーがギュギュっと詰まっとるんや、と思って大切に秋まで保管します。
ありがとうございました。

阿蘇はやっぱりいつ見ても美しいですね。
福岡県民のわたしにとって、子供のころから夏休み出かける所と言えば「阿蘇」でした。
小学校の修学旅行も、中学校のキャンプも阿蘇でした。
大人になって車の免許をとって、ほんの数日でレンタカーを借り出向いたのも阿蘇でした。
おかげでふと気付けば、山道の車道はズラッと渋滞…
慌てて道を譲ったことを覚えています(苦笑)

阿蘇は九州の聖地だと言ってる友達もいましたよ。
そのくらいあの大草原は、何度行っても心奪われる美しい景色です。
先日の豪雨もあり心配していましたが、相変わらずの美しい景色の写真を拝見し安心しました。
また行きたくなってきました。

では、では、長くなってしまいましたが
とっくんさんの庭の大事なかわいい子をお譲り頂きありがとうございました。
お互いの庭で、交換した植物が元気に育ちますように。

harvest gardenさま

貴女からは、6月の初めに“クリスマスローズ”の種を頂いていたのに、
オダマキの種、遅くなって、申し訳ありませんでした。
忘れた頃にですが・・・忘れてはいませんよ。
花を大事に育てている貴女のこと。

阿蘇の雄大さは素晴らしいですね。
私も高校時代から何度も行っていますが、
阿蘇の景色に落胆することはありませんね。
今年は中岳火口を見れて、ラッキーでした。

是非、ゆっくり、阿蘇をドライブしてくださいね。

No title

阿蘇にいらしたんですね。
私も昔25年位前、バイクに乗っていたころ年に数回以上行っていました。
50ccのスーパーカブで、火口のすぐ横まで上がったこともあります。(ロープウェーに乗らずに)
米塚も頂上まで歩いて登り、上を1周したこともあります。中がくぼんでいて、下まで歩いて降りてみました。米塚の写真に筋がついているでしょう。あそこを上るのです。すぐ登れます。
今も道がついているので、上る人がいるんですね。秋から冬にかけて草が枯れて歩きやすくなるから上りやすいです。また昇れるかなあ。

Kiyoさま

夏の阿蘇は、素晴らしい景色でしたよ。
熊本県菊池に、私の両親のお墓があるので、
熊本には毎年行きますが、阿蘇を一回りしたのは、久しぶりでした。
今回は、小国町から国道212号線で、大観峰に行き、
道の駅阿蘇から国道57号線で、赤水まで回り、
阿蘇ファームランドの前を通って、
米塚、草千里、中岳のコースです。
7月の豪雨の後が少し残っていましたが、国道は走れましたよ。
ツーリングの人もたくさんいました。
10月、是非行って、ブログに載せてくださいね。
秋の阿蘇も見てみたいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle