FC2ブログ

時計草 その2

今日は、時計草、パッシフローラ(トケイソウ科)です。

この花は、2011年10月8日、ブログを始めて2回目の記事に載せました。
その時は、2011年6月21日から8月1日の開花の様子でした。
2008年に購入したこの時計草、今年も開花しました。

2012.06.13 撮影
1208094.jpg

2012.06.17 撮影
1208095.jpg

蕾はたくさん付いていますが、あまり元気がありません。
こちらの蕾でない方が咲きました。

2012.06.24 撮影
1208096.jpg

1208097.jpg

1208098.jpg

時計に見える花です。
10枚の花被、糸状で平らに開いた副花冠、5本の雄蕊、3本の雌蕊・・・
時計盤、文字盤、秒針、長針、短針に見えます。

2012.06.26 撮影 こちらも咲きました。
1208101.jpg
              もうひとつ。
1208100.jpg

2012.07.03 撮影 ラティスの後側にも。
1208103.jpg

2012.08.05 撮影
1208106.jpg

8月の花の糸状の副花冠は、先の方の青色が薄いようです。
購入して、5年も戸外で育っています。
つる性常緑宿根草となっていますが、
冬には、葉を落して、つるだけの状態になります。
開花は、6月から9月、花は1日花ですが、次々咲くので、楽しめます。

5年も長く咲いていると、咲くのが当たり前で、感動が少なくなるようです。
2008年の私のアルバムを出してきました。

1307129.jpg

1307130.jpg

色々な所から資料をコピーして、写りのよくない写真も貼って、
時計草のことを知ろうとしていました。

この中の<物語>
欧米でキリスト教の受難の姿に見立てパッションフラワーと呼ばれるのは、
昔、スペインの宣教師がこの花を見た時、
中央で3本に分裂した柱頭が釘、
5本の雄蕊の葯が5か所の傷、
棒状の鮮やかな副花冠がいばらの冠、
花弁状の10枚の花被片が10人の使徒、
巻きひげが迫害者のムチ
と見なしたからという。 と、書いてあります。

昨年の時は、コメントにこのことに似たような
「パッションフラワーは、イエス・キリストの受難の意味」
を調べたと書いてありましたが、
最初に育てた時にきちんと調べていたということを
今日、この記事を書くときに思い出しました。

初めての時には、一生懸命、調べて育てます。
「初心忘るべからず」です。
いつも、初めての心で花を楽しもうと思いました。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トケイソウとクダモノトケイソウは同じ仲間で花の格好も
良く似ています。周りにあるヒゲが真っ直ぐなのがトケイソウで
曲がっているのが、クダモノトケイソウなんです。
家では三種類のトケイソウを植えていますが、クダモノトケイソウは
お盆の頃に収穫です。トケイソウは花が咲かずに蔓ばかり延びています。
黄玉の実がなる物も蔓ばかり伸びています。

No title

時計草とはよく名付けたものですね。
花の表面がまさに時計これ以上の名前はないですね。

暑いです。

トケイソウ!見たことありません。
クレマチスの花で似たような感じの花は見たことが
あるのですが、
北国には向かなかったような・・
何処のお家でも見たことがないです。

よいものを見せてもらいました。
ありがとうございます。(^o^)/

種蒔くんさま

トケイソウ、3種類も植えられて、クダモノトケイソウとの違いもすぐわかりますね。
このトケイソウは、1日花で、咲いた後は、自然に花が落ちて、実を見たことはありません。
トケイソウには、紫色の花もあるんですよね。
1度、本物を見てみたいと思っています。

クダモノトケイソウ=パッションフルーツ、美味しく食べられるといいですね。

ひげ爺さま

時計に見える花ですよね。
1日花なのが、少し寂しいですが・・・
気が付いたら咲いているので、咲き始めの写真が撮れないのが残念です。
真ん中の5本の雄蕊の葯の黄色の部分が内側向きから外側向きに変わりますよ。
(2008年のアルバムの1枚目右下がそうですが)
今年、これから撮れたら、また、載せたいと思います。

はなこさま

トケイソウ・・・原産地が熱帯アメリカですが、
ここ島根県で、屋外で育てています。
初めて見たトケイソウは、
島根県邑南町の「石見(いわみ)香木の森」のグリーンハウスで、
かなり大きく育っていましたよ。
東京以南では露地植えで越冬するとなっていました。
花色はこの白以外に紫・赤・ピンクもあるようです。
今度見かけたら違う色のトケイソウの写真も載せますね。

No title

こんばんは

この花・・・
実家の近くのお家の塀に、沢山咲いていたのを覚えています

なんとも不思議な花という印象で、本物なのか偽物(飾りのために売っているようなプラスチック製のもの)なのか分からず、しばらく立ち止まって見ていた記憶が・・・

本物だったのですね!!

もう15年くらい前の話です(笑)

ねこやすみさま

時計草・・・本物ですよ(笑)
ほんと、造り物のようによくできていますよね。
「今、何時?」と呟いてしまうようです。
しかも、大きく育つと蔓が伸びて、いっぺんに開花すると、時計がたくさん(笑)
残念なのは、1日花ということです。
長く咲いてくれるともっと嬉しいのですが・・・
贅沢を言ってはいけませんね。
もう5年も毎年咲いてくれている優れモノです。

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle