FC2ブログ

アネモネ その7

今日は、アネモネ (キンポウゲ科)です。
もう、みんな花は、萎れてしまいましたが、我が家の最後のアネモネの様子を。
「アネモネ その6」を書いたのは、4月9日でしたが、
その後、もう1色、薄紫の八重が咲きました。

2012.04.14 撮影 シングルの紫、薄紫と八重の白の鉢。
1205706.jpg
               八重の紫と白の鉢。
1205707.jpg
               この中に、蕾、発見。
1205708.jpg

1205709.jpg

1205710.jpg

2012.04.15 撮影 少し開き始めました。
1205711.jpg

1205712.jpg

2012.04.16 撮影 開花しました。
1205713.jpg

1205714.jpg

1205715.jpg
               この日の八重の白。
1205716.jpg

この時、まだこの色の蕾が2個ありましたので、咲いてくれたと思いますが、
4月17日から27日の「観桜の旅」から帰ると、咲いていたのは、

2012.04.28 撮影 たぶん、開き切った薄紫の八重。
1205717.jpg

旅行の間花がら摘みをしなかったので、最後はこんなふうに。

2012.05.08 撮影
1205718.jpg

1205719.jpg

アネモネは秋植え球根ですが、これは種でしょうか?
不思議ですね。
そーと、切り取って、鉢の土の上に置いておきました。



スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

アネモネの刺繍をしてみたくなりました!
パープルの花びらのグラデーションや
花芯のこんもりした可愛らしさ、
ガクの華やかなさと、どれもステキですね。

ふわふわの綿の中に種があるように見えますね。
種でアネモネが咲いたらうれしいですね❤
楽しみにしています!

kotoricchiさま

私、アネモネを育てたのは、初めてだったので、
冬の寒さや雪で葉が傷んだ時には、本当に咲くだろうかと心配ばかりでした。
でも、咲いたら、こんなに豪華な花だったので、嬉しかったです。
kotoricchiさまの、「Spring colors」の刺繍に
リクエストで入れていただけばよかったですね。
来年の「春」の刺繍の時には、是非、お願いします。
kotoricchiさまの素敵なグラデーションのアネモネの刺繍みたいです。

綿毛についているのは、種のようです。
アネモネの語源はギリシア語の「風」を意味する「アネモス」からきていて、
種が風で飛ばされるからという説もありました。
こんなにたくさん咲いてくれると楽しくて舞い上がってしまいそうです。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle