FC2ブログ

シュウカイドウ その10

今日は、シュウカイドウ(秋海棠)、ヨウラクソウ(瓔珞草)(シュウカイドウ科)です。

この花は、2013年11月初めに、娘の庭から移植して育てています。
シユウ=秋がつくのに、2013年移植分は、今年も8月に咲いていました(^^ゞ

2019.08.12 撮影 つぼみができていました。
1909056.jpg

2019.08.25 撮影 可愛い花が咲いています(*^^*)
1909057.jpg

1909058.jpg

シュウカイドウは、淡いピンクの長い花が下向きに咲きます。
雄と雌が同じ株で、茎の上に雄花があり下部に雌花がつきます。
なので、この上の花は雄花です。
ところがその後、雌花が生長せずに、止まったまま(^^;
今年はこれで終わりかと思っていたら、
昨日、他の鉢で、立派に成長したシュウカイドウを見つけました(*^^*)

2019.09.14 撮影 1株の花の様子です。
1909059.jpg
               上の方の雄花です。
1909060.jpg

1909061.jpg
               下の方の雌花の様子です。
1909062.jpg
               雌花
1909063.jpg

1909064.jpg
              花全体の様子をもう一度。
1909065.jpg

下向きに咲きますが、雄花のコロンと丸い黄色の蕊、可愛いですね。
雌花の花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)です。
葉脈に出来るムカゴやこのさく果の種子がいろんなところに落ちて、
今年も増えていきそうで、期待しています。

ちなみに、和名シュウカイドウ(秋海棠)の由来は、
花の色がバラ科の海棠(カイドウ)に似ていて、
秋に開花することからきているそうです。
別名の瓔珞草(ヨウラクソウ) は、
仏像の装飾具である飾り玉の瓔珞にたとえたものだそうです。

今年は、可愛いピンクの花びらと黄色の蕊、たくさんの花が咲きますように(*^-^*)
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle