FC2ブログ

ツボサンゴ その6

今日は、ツボサンゴ、ヒューケラ、ホイヘラ(ユキノシタ科)です。

この花は、89歳を過ぎてもなお、庭で花作りをされているご近所さんの男性に、
2010年5月に、ツボサンゴとしていただきました。
そのご近所さんは、一人暮らしをされていましたが、
昨年末にお風呂場で倒れて、亡くなられているのを、
お正月のために帰省された息子さんに発見されました。
急性心不全ということでした。
その1週間前にお逢いして、たくさん話をしていたのに・・・・・

春になって、我が家で、8年目のツボサンゴが開花しました。
2018.04.29 撮影
1806465.jpg

1806466.jpg

1806467.jpg
2018.05.08 撮影
1806468.jpg

1806469.jpg

ツボサンゴ、きっと、これからも我が家で咲き続けてくれると思います。

春になると、顔を出す他の花たちを。

スミレ(スミレ科)です。
2018.04.02 撮影
1806470.jpg
2018.04.12 撮影
1806471.jpg

1806472.jpg

そして、フウロソウ、ヒメフウロ、シオヤキソウ(フウロソウ科)です。
2018.04.08 撮影
1806473.jpg
2018.04.12 撮影
1806474.jpg

1806475.jpg

最後は新入りのローダンセマム、アフリカンアイズ、クリサンセマム・マウイ(キク科)です。

2018.04.10 撮影
1806476.jpg
2018.04.12 撮影
1806477.jpg
2018.04.16 撮影
1806478.jpg
ローダンセマムは、耐寒性宿根草です。
『くらしの花 大図鑑』によると、
「雨に弱いので、日当たりの良いベランダ向き」
「暑さに弱いので、風通しの良い半日陰の場所で、過湿をさける。」
「耐寒温度ー5℃」
と書かれています。
娘の庭にあったローダンセマムぐらいまで、大きく育ってくれたらと願っています。

スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

心打たれる花

そうでしたか。たくさんの話、喜んだことでしょうね・・・。

優しき声にうっとりと、語りし日々の懐かしさ、開花に偲ぶひとり暮らし、心打たれる花よツボサンゴ

きっと、これからも咲き続けることでしょう。巡りくる春がたのしみですね。

カズジイーさま

嬉しいコメント、ありがとうございます。
8年前の時は、ご夫婦で暮らしておられましたが、
オダマキの花のご縁で、このツボサンゴと、
6月27日のブログに登場したプリムラ・ジュリアン八重咲きを
鉢ごといただきました。
「花が育てたくて、庭を広くしたんだ。」と、庭一面に花が咲き乱れていました。
毎年春が来ると、この花たちを見て、故人を偲ぼうと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 10年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle