FC2ブログ

オオデマリ その7

今日は、オオデマリ、テマリバナ、テマリカ(スイカズラ科)です。

このオオデマリは、2009年の36年目の結婚記念樹です。
今年はことのほかたくさんの花房を付けて、綺麗に咲いてくれました。
オオデマリの緑色の小さなつぼみから真っ白な花に変化するまでの様子です。

2018.03.30 撮影 小さな緑色の花びらが出来てきました。
1806105.jpg

2018.04.03 撮影 少しずつ小さな花びらが開き始めています。
1806106.jpg

1806107.jpg

1806108.jpg

2018.04.08 撮影 緑色の花びらが淡い桃色になってるのも(^^ゞ
1806109.jpg

1806110.jpg

2018.04.12 撮影 普通の花びらは緑が薄くなりました。 
1806111.jpg
               淡い桃色の花も、薄くなって白っぽく変化しています。
1806113.jpg

1806112.jpg

2018.04.16 撮影 かなり白っぽくなってきました。
1806114.jpg
               桃色の花も目立たなくなり白っぽくなりました。
1806115.jpg

2018.04.26 撮影 大きな白い花房がたくさんです。
1806116.jpg

1806117.jpg

1806118.jpg

昨年・一昨年は、花房の数も少なかったし、
桃色の花はピンクオオデマリのように変化して、白には育ちませんでした。
でも、今年はたくさんの花房と真っ白なオオデマリを見ることができて、感謝です。

今年で9年目のオオデマリ、何が良くて、こんなにたくさん咲いてくれたのでしょう。
『ガーデニング花図鑑』によると、
「オオデマリは日本に自生するヤブテマリの園芸品種です。
出来れば日当たりが良くで、西日が当たらず、
極端に乾燥しない場所が好ましいです。 」
「オオデマリは痩せ地や乾燥地で無ければ問題なく育ってくれる頑健な植物です。
肥沃な土を好みますので植えつけ、植え替え時に
腐葉土や有機肥料をたっぷり混ぜましょう。 」
と書かれています。
鉢植えなので、日当たりを求めて移動できるので、日当たりは良好(*^^*)
ただそれだけしか当てはまっていないような・・・(^^ゞ
そして、
「生育サイクルは、落葉低木で、冬には落葉しますが春には芽吹き、
5月前後に白くて丸い花を咲かせます。
秋には紅葉し、冬には葉が落ちます。」
昨年は綺麗に紅葉しませんでしたし、落葉は早かったので心配しました。
それでも、こうしてたくさんの白い花房・・・大満足です(*^-^*)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 10年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle