(80)還暦記念旅行33日間 伊勢神宮

今日は、還暦記念旅行33日間の29日目、2010年7月16日(金)の
伊勢神宮参拝の様子です。

岐阜県可児市から県道64・84・122号線を21.7km、
名古屋高速11号 小牧北出入口に入って8.2km、
東名阪自動車道 楠JCTから亀山JCTが116.4km、
伊勢自動車道 勢和多気JCTから伊勢西ICが20km、
伊勢西ICから伊勢神宮内宮まで3km、
合計169.3km、約3時間かけて、伊勢神宮内宮に到着しました。

『全国観光情報』によると、
「伊勢神宮内宮は、正式には、皇大神宮といい、
皇祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)をおまつりしています。
約2000年前の垂仁天皇の頃、皇女であった倭姫命(やまとひめのみこと)が
各地を旅した末、天照大御神の御鎮座の地をこの地に定めたと言われている。
五十鈴川(いすずがわ)の畔の宮域は、5500万平方mにも及ぶ。」
と書かれています。

宇治橋鳥居
1805156.jpg
宇治橋;五十鈴川にかけられた木造の橋は神宮の表玄関です。
長さは101.8m、両はじにある鳥居は、旧御正殿の棟持柱をリサイクルしています。
1805157.jpg
神苑
1805158.jpg
第二鳥居
1805159.jpg
御饌殿(みけでん);御祈祷、お札やお守りなどを受けられます。
1805160.jpg

1805161.jpg
神楽殿;御祈祷のお神楽を行う御殿。
1805162.jpg

1805163.jpg
大木
1805164.jpg
大木の根元
1805165.jpg

御正宮(ごしょうぐう);社殿の中心の御正宮は四重の垣根に囲まれています。
唯一神明造の古代の様式を伝え、茅葺きの屋根には10本の鰹木がのせられ、
4本の千木の先端は水平に切られています。
1805166.jpg

1805167.jpg
内部は、撮影不可でした。

御饌殿まで戻って、
1805168.jpg

三集殿;参拝者用休憩所で、休憩をしていると、鶏。
1805169.jpg

古木も。
1805170.jpg

宇治橋
1805171.jpg
五十鈴川
1805172.jpg
宇治橋鳥居
1805173.jpg
「皇大神宮」説明板
1805174.jpg

参拝の後は、「おはらい町」を散策(^-^;
1805175.jpg

この後は、「志摩スペイン村」に行く予定でしたが、
二見浦の観光して、この日の宿「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」に行きました。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle