FC2ブログ

プリムラ・ジュリアン(八重咲き)その1

今日は、プリムラ・ジュリアン(八重咲き) (サクラソウ科)です。

この花は2年前に、ご近所の先輩先生、当時81歳の男性に鉢ごと頂きました。
その時の写真を。

2010.04.09 撮影
1204261.jpg

2010.04.30 撮影
1204262.jpg

1204263.jpg

この先輩先生から、園芸の楽しさを教わりました。
宿根草を長く育てる事、種を採取して次の苗を作る事などです。
この花が、その見本のひとつです。
私も大切に育ててきました。
昨年の開花の様子です。

2011.04.13 撮影
1204264.jpg

1204265.jpg

1204266.jpg

昨年も頂いた年と同じように咲きました。
株が込み合わなければ、当分この鉢のままで良いと言われていましたので、
昨年も鉢替えすることなく、育てて、今年の様子を。

2012.03.27 撮影 花芽の先に蕾を見つけました。
1204267.jpg

2012.04.04 撮影 蕾の中に赤い花びらが見えてきました。
1204268.jpg

1204269.jpg

1204270.jpg

2012.04.06 撮影 蕾の先端に花びらが出てきました。
1204271.jpg

2012.04.07 撮影 少し開いてきました。
1204272.jpg

1204273.jpg

1204274.jpg

2012.04.08 撮影 どの株にもたくさん蕾が付いています。
1204275.jpg

1204276.jpg

1204277.jpg

このプリムラ・ジュリアンとの出逢いが、
買ってきた花苗を植えこんで飾るだけでなく、
何年も育てていくきっかけになりました。

今年も咲きましたが長くなるので、これ以降は、また明日。

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家で育てて夏越ししたものは小さくても沢山の花をつけます。
でも売っている物にくらべると花が遅くなるでしょう。
引っ越して2年目の夏なので夏越しを朝鮮したいと思っています。

No title

お帰りなさい~
お疲れ様です、旅行も体力が必要です。
お疲れ出ませんか。

こちらはやっとチュウリップの季節になって来ました。
桜は前線は今、青森に上陸したそうです、
北海道もやっと春が来た~感じですよ~

No title

お帰りなさい彼方此方の花はいかがでしたか。
次は北陸路ですね。
旅行は未知との遭遇が楽しいですね。

No title

お花と旅、3人の子供,retired...
あらためてプロフィルに親近感。
プリムラの深紅が深〜〜い気分。

種蒔くんさま

初めてのコメント、ありがとうございます。
冬に咲く花は、高温多湿に弱いので、夏越しに気を使います。
幸い、我が家の庭は狭いので、地植えせずに鉢植えなので、
夏は、家の影に移すことが出来、日陰の風通しの良い所に移動しています。
冬に売られている花苗は、たぶん温室栽培されていて、
早く咲くのだと思いますが、
我が家のプリムラ・ポリアンサは、雪の中でも咲いていました。
花の生命力は、凄いです。

サンダーソニアMさま

良いお天気と桜に囲まれた楽しい旅になりました。
吉野桜の時には、山道を10kmぐらい歩きましたし、
お城巡りも山の上まで歩くことが多かったので、
少し足が痛いですが、大丈夫です。
今日は、書道の提出の期限だったので、夜中の2時までかかって、仕上げました。
帰ったら、することがたくさんあって、大変です。

北海道にも春が来て、楽しい季節になりましたね。
サンダーソニアさまのチューリップ、何色が咲くのでしょう。
桜の花の下でのジンギスカンの焼き肉も、もう少しですね。

ひげ爺さま

たくさんの桜と共に過ごした11日間でした。
吉野桜、高遠城址公園の桜、大垣城の桜、満開で素敵な時が過ごせました。

今度は、5月15日からの北陸路、
「立山黒部アルペンルート、雪の大谷、白川郷、国宝瑞龍寺、上高地、高山」
ひげ爺さまにお逢いできるのを楽しみにしています。

jun1940さま

junさまも同じようなプロフィールですか。
フルタイムの仕事をリタイヤした時には、どうして暮そうかと思いましたが、
花、旅を楽しんでいると、すぐに時間が過ぎて行くような気がします。

プリムラ・ジュリアンの深紅、なかなか本当の色が撮れません。
陽の光によって違って見えますが、それも楽しんでます。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle