(63)還暦記念旅行33日間 伊香保温泉

今日は、還暦記念旅行33日間の22日目の2010年7月9日(金)と
23日目の7月10日(土)の伊香保温泉の様子です。

「吹割の滝」を見学して、関越自動車道沼田IC~渋川伊香保ICを走行して、
伊香保温泉まで、34.6km、途中休憩を含めて、約1時間でした。

『全国湯ったり温泉案内』によると、
「伊香保温泉は、多くの文人墨客に親しまれてきた昔ながらの情緒ある湯の街、
万葉集や古今和歌集にも詠まれたという、
古き時代から人気の高い日本有数の温泉地です。
戦国時代後期、負傷した武士の湯治のために大規模な湯治場が必要となり、
硫酸塩泉黄金の湯の源泉から十数軒の湯宿に導管で配分する
小間口制度がつくられ、このシステムは今に受け継がれ存続しています。
また、明治に入り、ドイツ人医師ベルツ博士によって温泉保養地として
広く世間に推奨されてからは、皇族や文人、日本駐在の外国人の
避暑地としても愛されました。
石段の温泉街にも風情があります。
平成8年には、メタケイ酸を含む温泉の白銀の湯も開湯されました。
50軒以上の温泉宿が立つ、関東屈指の賑わいを見せる温泉地です。」
と書かれていました。

7月9日、この日の宿泊場所は、伊香保温泉「横手館」
玄関にて、
1804411.jpg
部屋の様子です。
1804412.jpg
風情ある石畳を体験しようと、雨の中散策に(^^ゞ
1804413.jpg
伊香保温泉石段街「石段通り」の看板の前で。
1804414.jpg
石段通りの上から
1804415.jpg
下から
1804416.jpg
中ほどに素敵な伊香保温泉のポスターがありました。
1804417.jpg
「横手館」に戻って、建物を。
1804418.jpg
玄関の様子です。
1804419.jpg
ロビーにて。
1804420.jpg
飾られていた紫陽花。
1804421.jpg
夕食、この写真の後、アユの塩焼きと筍の炊き込みご飯が付きました。
1804422.jpg

翌7月10日の朝食。
1804423.jpg
雨が上がっていたので、「横手館」をもう一度撮りました(^-^;
玄関の様子です。
1804424.jpg
玄関左側。
1804425.jpg
左側の道沿いの様子です。
1804426.jpg
右側の坂道から建物を。
1804427.jpg
また、「石段通り」に(*^-^*)
上から。
1804428.jpg
下から。
1804429.jpg
伊香保温泉「横手館」の素敵なポスターがありました。
1804430.jpg

伊香保温泉「横手館」では、「黄金の湯」の貸切温泉に入浴できました。
7月10日は、草津温泉に行きました。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle