FC2ブログ

(55)還暦記念旅行33日間 鬼怒川温泉その1

今日は、還暦記念旅行33日間の21日目、2010年7月8日(木)の
「鬼怒川温泉」観光の様子です。

「龍王峡」から15分で、「鬼怒川温泉」に到着しました。
「鬼怒川温泉」は、鬼怒川の渓谷に沿って大小さまざまな旅館やホテルが
軒を連ねています。
温泉の発見は、江戸宝暦年間と言われ、当時は日光山の僧侶や
参拝の大名に利用されていたそうです。
温泉街を流れる鬼怒川は、ゴツゴツとした岩と荒々しい川の流れが
見事な渓谷美を披露しています。
こうした自然の美しさも魅力の一つとなっています。

最初の駐車場がある赤い橋のところから観光を始めました。
滝見橋(吊り橋)を渡る私
1804251.jpg
ここから見える景色。上流側
1804252.jpg
下流側
1804253.jpg
小さな滝のようなものが・・・
1804254.jpg
アップにしてみました(^^ゞ
1804255.jpg
滝見橋を渡る主人。
1804256.jpg
滝見公園のブロンズ像と同じポーズで。
1804257.jpg
写真を撮った後に説明文を読むと、
『ブロンズ像「萌」;春の息吹を感じさせる乙女の像で、清楚でかつその中に
明日への夢と希望と明るさを持ち、輝かしい未来に向かって
成長する子供たちの姿が表わされている。』だそうで、
かなり昔の乙女が同じ格好をしてしまいました(笑)

鬼さんの像と同じポーズの主人。
1804258.jpg
この像の説明文は、
鬼怒太「思惟鬼(しいき)」;『さらに豊かな鬼怒川温泉の未来を考えています。』
主人の顔はそうは見えませんね(笑)

次は、国道121号バイパスを通って、温泉街を抜けた「鬼怒立岩大吊橋」へ。
ここから見える景色。上流側。
1804259.jpg

1804260.jpg
下流側
1804261.jpg

1804262.jpg

温泉街に戻って、くろがね橋で。
ここから見える景色。上流側。
1804263.jpg

1804264.jpg
下流側。
1804265.jpg

1804266.jpg

次は、「ふれあい橋」
1804267.jpg
奥に見えていた「巨大鬼の階段画」50mを超える巨大な鬼の姿。
これは地元の若者の熱いハートがたぎる渾身の超大作だそうです。
1804268.jpg
ここから見える景色。上流側。
1804269.jpg
下流側。
1804270.jpg

この後、もう少し散策して、鬼怒川温泉の宿泊場所に行きました。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 10年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle