(54)還暦記念旅行33日間 龍王峡

今日は、還暦記念旅行33日間の21日目、2010年7月8日(木)の
「龍王峡」観光の様子です。

日光市の道の駅「湯西川」から約30分で、「龍王峡」に到着しました。
パンフレットによると、
「龍王峡」は、今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって
噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって浸食され、
現在のような景観になったと言われています。
その名の通り、まるで龍がのたうつ姿を思わせような迫力は、
山間のいで湯、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3kmにおよびます。
その渓谷美は、川に沿って作られた龍王峡自然研究路から眺められます。

駐車場から路に入ってすぐに、大きな音を立てて流れる滝がありました。
「虹見の滝」
1804236.jpg
上の写真を撮っていたら、主人が私を写してくれました(^-^;
1804237.jpg
落差の大きな「虹見の滝」です。
1804238.jpg

「竪琴の滝」
1804239.jpg

1804240.jpg

1804241.jpg

かなり遠方に見える赤い橋は、「むささび橋」
1804242.jpg
この橋を歩いている人もいましたが、
私達はこちら側だけにして戻りました(^^;
1804243.jpg

「竪琴の滝」をもう一度。
1804244.jpg

「虹見の滝」ももう一度。
1804245.jpg
1804246.jpg

苔むした切り株や岩も綺麗でした。
1804247.jpg

「龍王峡の展望のよきここに見る 上つ瀬 下つ瀬 激つ白木〇」の碑
1804248.jpg

最初の場所に戻りました(^^ゞ
1804249.jpg

駐車場にあった「龍王峡」の看板
1804250.jpg

ここから鬼怒川温泉に移動して、散策、宿泊しました。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle