FC2ブログ

㉝トルコ・イスタンブールその5

今日は、2008年10月30日、イスタンブール観光の続きです。

「トプカプ宮殿」に入場見学です。
オスマン帝国の栄華の象徴「トプカプ宮殿」は、約370年に渡り、
歴代のスルタンが実際に生活していたところです。
15世紀にイスタンブールを征服したメフメット2世が建設し、
1839年にアブドゥル・メジト1世がドルマバフチェに移るまで、
歴代スルタンが居城として増築しました。
広大な敷地内は、4つの庭園エリアに分かれ、
それを取り囲む建物は現在ではオスマン時代の遺物の博物館になっています。

第2庭園入口の表敬の門
1711239.jpg
謁見の間
1711240.jpg

1711241.jpg

1711242.jpg
謁見の間の室内
1711243.jpg
1711244.jpg

1711245.jpg
1711246.jpg

1711247.jpg

1711248.jpg

スルタンの台所、厨房ですが、現在は陶磁器展示室。
1711249.jpg

第3庭園
1711250.jpg

1711251.jpg

宝物殿
1711252.jpg

1711253.jpg

第3庭園
1711254.jpg

1711255.jpg

1711256.jpg

第4庭園のメジディエ・キョシュキュからの海峡の眺め
1711257.jpg

1711258.jpg

「トプカプ宮殿」の第2庭園門から入場して、右回りに見学してきました。
明日は、左回りを戻っていきます。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle