FC2ブログ

コバルトセージ&プレーリーセージ その9

今日は、コバルトセージ、サルビア・レプタンスと
プレーリーセージ、アズレア(シソ科)です。

この花たちは、2011年7月に、鳥取県大栄町の道の駅「お台場いちば」で購入して、
鉢に植えっぱなしで育てています。
いつもの年は、コバルトセージの方が、早くから咲くので、
コバルトセージ&プレーリーセージとなっていますが、
今年は、プレーリーセージの方が早くに咲きました。
その様子です。

2017.09.10 撮影 花穂が伸びてきました。
1709197.jpg

2017.09.18 撮影 開花しています。
1709198.jpg

1709199.jpg

2017.09.30 撮影 違う花穂でも咲いています。
1709200.jpg

1709201.jpg

プレーリーセージは、ブルーの丸い感じの花です。
耐寒温度ー12℃、耐暑性もあって、丈夫です。
草丈が1mにはなるので、長い花穂が風に揺れています。

そして、コバルトセージも咲き始めました。
2017.09.30 撮影 
1709202.jpg

コバルトセージは、とても濃いコバルト色の美しい花です。
こちらの耐寒温度は、-20℃、耐暑性もあります。
草丈は80cmくらいなので、プレーリーセージより低いところで咲いています。

どちらも購入して6年、植えっぱなしなのに、元気に咲いてくれて、嬉しいです(*^-^*)

普通のチェリーセージのブルー色を比較に(^^ゞ
2017.09.05 撮影
1709203.jpg
2017.09.10 撮影
1709204.jpg

ブルーのセージ、ブルーの色が微妙に違って、面白いですね。

おまけに、ブルーの露草も(^-^;
2017.09.15 撮影
1709205.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle