オシロイバナ

今日は、オシロイバナ、白粉花、白粧花、夕化粧(オシロイバナ科)です。

この花は、テト母さまから、2013年9月に種をいただいて、育ててきました。
今年までは花が咲きませんでしたが、
8月7日のブログに、7月28日と8月4日の様子を載せました。
その後の様子です。

2017.08.09 撮影
1709006.jpg

2017.08.23 撮影
1709007.jpg

なかなか花芽ができてきませんが、今年は咲きそうなので気に留めていました。

2017.08.31 撮影 つぼみができていました。
1709008.jpg

1709009.jpg

この日の夕方には、最初の花が
1709010.jpg

1709011.jpg

2017.09.01 撮影 翌朝にはもう萎んでいました。
1709012.jpg

2017.09.02 撮影 2番目の花が咲いてます。
1709013.jpg

1709014.jpg

オシロイバナは、南アメリカ原産で江戸時代始めごろに渡来して、
花が美しいため観賞 用に栽培されるようになったそうです。

黒い果実(種子)を割ると、白い粉質のもの(胚乳にあたる部分)があり 、
それがおしろいの粉のようなので白粉花。
夕方に赤や黄色、紫色などをした香りのいい花を咲かせるから夕化粧。
色々観察されて、名前がついているのですね(*^^*)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ようやく咲いてくれましたね。
良かったです。
このオシロイバナは一本の木で
ピンクや黄色や混ざったのが咲きます。
きっと楽しんで頂けると思います。
大事に育てて下さってとっても嬉しいです。
どうもありがとうございます。

No title

こんばんは~
お嬢様自然分娩になったようで良かったですね。
顔を見れる日を指折りしてお待ちでしょうね。

オシロイバナ 女性には特に魅力的な名の
花ですね。

テト母さま

いえいえ、こちらこそ、素敵なオシロイバナの種をいただいて、
とても感謝しています(*^-^*)
多年草なので、毎年、5株ほど生長していましたが、
なかなか花を咲かすことができなくて、申し訳なくって(^^;
今年は、2株しか生長しませんでしたが、
この1株が豪華に咲いてくれそうで、とても喜んでいます。
優しい色合いの綺麗な花、
夕方にならないと咲かないのが、惜しい花ですね。

ひげ爺さま

はい、帝王切開手術の10分前の検診で、逆子が治っていました。
不思議なことが起きて、孫が娘のことを守ってくれたのだと嬉しく思います(*^-^*)
すぐそばに住んでいるので、毎日娘たちの顔を見ることができますが、
今度はいつ生まれてくるのかとドキドキしています。

白粉花、種の中身の白い粉から名前がついてるなんて知りませんでした。
とっても優しい色合いの可愛い花で、良い匂いがするので、素敵な花です(*^-^*)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle