ホスタ その15

今日は、ホスタ、ギボウシ(リュウゼツラン科)(ユリ科)です。

この花は、2012年7月に、お隣さんから立派な鉢植えをもらって育てています。
今年の最初の開花の様子は8月6日、6本の花穂ができてきた様子は8月12日の
ブログで紹介しました。
その後の様子です。
2017.08.13 撮影
1708149.jpg

1708150.jpg

2017.08.16 撮影
1708151.jpg

2017.08.18 撮影
1708152.jpg

1708153.jpg

1708154.jpg

1708155.jpg

1708156.jpg

2017.08.20 撮影
1708157.jpg

1708158.jpg

1708159.jpg

ホスタは、半日陰を彩る葉色の美しい宿根草です。
冬は地上部は枯れてしまいますが、春には芽が生長してきて葉が展開します。
夏の花、そして、秋の黄葉まで、色々な場面で楽しむことができます。
今年は葉っぱの伸びも素晴らしく、花茎も6本と美しい花も楽しめました(*^-^*)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

変化する宿根草

緑と白の葉、ひときは目を引く白のライン
春は緑の若葉、夏は花茎の美、秋は変色の黄葉、冬は眠りの土と
各生長過程が楽しめるとはいいですね。
朝夕は着実に秋のムード
でも、小雨が降ったと思ったら直ぐに上がる蒸し暑さ、台風の影響だろうか、日中の暑さはまだまだ続きそう・・・。

うちゅくぁさま

ほんとうに、このホスタは、手間いらずで、
四季それぞれの楽しみがあって、いい宿根草です(*^^*)
葉っぱの班入りが涼し気でしょ(*^^)v
春の葉っぱの展開していく様子も、それはそれは楽しいです。

長寿台風の後、しばらく涼しい日が続きましたが、
また暑さが戻ってきて、こちらでも、最高気温33℃、最低気温27℃です(^-^;
朝一番に水やりしても、自分が汗びっしょり💦
日中は、孫たちが水遊びして、
夕方になって、草取りにまた汗を流しています(^^ゞ
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle