FC2ブログ

時計草

今日は、時計草、パッシフローラ(トケイソウ科)です。
花には時計と同じように、長針と短針と秒針がついてるように見えますよね。
3年前の春に島根県邑南町石見(いわみ)の「香木の森」で購入した苗ですが、
その年から毎年夏になるときちんと咲いてくれます。
2011.6.21 開花 今年2個目の花です。
111008.jpg
2011.6.22 開花  隣のつぼみのように見えるのは、花後です。
111009.jpg
2011.6.22 開花  この日は二つ咲きました。
111010.jpg
2011.6.25 開花 花は、1日花です。
111011.jpg
2011.7.25 開花 これが、7個目です。
111012.jpg
2011.8.01 開花  今年の最後の花です。
111013.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めて見ましたちょっと変わった花ですね

No title

これを初めて見たときは、こんな花があるんだーと驚きましたが、
その後散歩のときに、我が家のすぐ近くのお宅の塀で咲いているのを
見つけ、またまたびっくりしたものです。
なんだか、お宅の庭には珍しい花がたくさんありそうですね。

No title

いかにも名前にふさわしい花ですね。
つい、今何時?  って覗き込みたくなります。

ひげ爺さま ありがとうございます

>ひげ爺さま、時計草の花言葉調べてみました。
「信心」 「宗教」 「信仰」 「宗教的熱情」 「聖なる愛」
英名 パション・フラワーは、イエス・キリストの受難の意味
特異な花型は、十字架や茨の冠に見立てられている。
  めしべ・・・十字架にかけられたキリスト
  副花冠(濃い紫の線状の花弁)・・・後光が差しているところ
  後部の10枚の花弁…キリストに従った10人の使徒
とありました。
時計草なので、時計の針が回っているように見えていましたが、深い意味があるのですね。
勉強になりました。

No title

Kiyoさま コメントありがとうございます。
Kiyoさまのように、きれいな、すてきな写真は、私の古いデジカメでは、なかなかとれませんが、いつ、どの花が咲いたか記録のためにたくさん写真を撮っています。
今年は、花が、8個でした。去年は、主人の還暦祝い旅行と称して、33日間、東日本と北海道をふたりで車を運転してまわっていましたので、この花を見ることができませんでした。
でも枯れることなく、今年も咲いてくれたので、石見の「香木の森」の時計草のように、大きく育てたいと思います。

jun1940さま ありがとうございます

>junさま コメントありがとうございます。
写真を並べていて、つい「これは3時に撮ったのかな?」というと、主人に笑われました。でも、いろんな時間にみえますよねぇ。
はじめて、この時計草を見た島根県邑南町石見(いわみ)の「香木の森」の温室では、横5メートル、縦3メートルの緑のカーテンになっていて、時計がいくつもありましたからびっくりしました。
原産地が熱帯アメリカですが、ここ島根で、屋外で育てています。
花期の5月から9月、一日花なので、咲いたら、すぐ写真を撮っています。
花色は、この白のほかに、紫・ピンク・赤とあるそうです。
紫色の時計も欲しいと思っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle