胡蝶蘭 その3

今日は、胡蝶蘭、ファレノプシス(ラン科)です。

この花は、昨年11月の主人からの誕生日プレゼントです。
その時の様子は、
2016.11.11 撮影
1706463.jpg

1706464.jpg

1706465.jpg

でしたが、2カ月過ぎた今年の1月19日には、
2017.01.19 撮影
1706466.jpg

1706467.jpg

1706468.jpg

1706469.jpg

最初つぼみだったのも、ほとんどが開花して、残りのつぼみは12個でした。
それもすべて開花して、7カ月後には、小さかった茎の花が、咲いています。

2107.06.27 撮影
1706470.jpg

2017.06.28 撮影
1706471.jpg

これが昨年からの最後の花になると思います。
1年のうち、7カ月も花を咲かせてくれて、とってもありがたい花です。

そして、今日になって、ラベルを見ると、
「高温多湿を好み、春から秋は自然条件でも育ちます。
冬は暖かい室内で管理するといいでしょう。
日照は直射日光を嫌いカーテン越しがいいでしょう。」
と書かれていました。

ここまで、元気に育ったので、今年も立派に咲いてほしいです(^-^;
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

胡蝶蘭、見事ですね〜。ずいぶん長いこと咲いてたんですね。
やっぱりお手入れがいいのでしょうね。
昔、職場によく届いてた胡蝶蘭はせいぜい1カ月でした。
日の当たらない乾燥した室内で、霧吹きもしませんでしたから。

↓ ブルーベリーも立派な実! うちはほとんどダメそうですよ。

↓ お墓のお引っ越しされたんですね。
熊本までの往復もさることながら、それまでの手続きやら何やらも
大変でしたでしょう。お疲れさまでした。
うちも私の実家のお墓、そろそろ考えないといけません。(^_^;

No title

こんばんは~
驚きました。
胡蝶蘭花が長いのですね。
もちろんとっくんさまの手入の賜物と思いますが
長く楽しむことが出来ると送った御主人も
嬉しいでしょうね。

amocsさま

胡蝶蘭、ほんとうに長い間咲いてくれて、びっくりです(*^^)v
室内で育てている植物は、水やりを忘れて、しなぁーと萎れてしまって、
「あ!水やり」と思いだす事が多くて、枯らしてしまいがちですが、
この胡蝶蘭は、思いの外長持ちしてくれて、嬉しかったです。

ブルーベリー、今年は数が少ないけど、
毎朝熟しているのを見つけて、食べるのが日課になってる孫2号です(^-^;

そうですね、遺骨の移動は、今お墓がある所在地の役場に、
届け出をして、改葬許可をもらわないといけません。
両親は、いつ亡くなったか記憶がありますが、
私が生まれる前に亡くなった兄姉は、戸籍抄本を取り寄せて、
確認してと、大変でした。
一番古い遺骨は77年前、一番新しいのでも40年前なので、
骨壺も新しいのに、替えました。
近くにお墓を立てることができたので、
いつでもお参りに行けることが、なによりだと思っています。

ひげ爺さま

ほんとうに、私も驚いています。
居間の掃き出し窓のところの台の上に置いていますが、
一応レースのカーテンがあって、直射日光は当たりません。
二人で、パソコンをしてるテーブルの傍なので、毎日見ています。
ほとんど変化がないので、まるで造花のようでした(^-^;
こんなに長持ちしてくれると、とてもうれしくなりました(*^-^*)
あとは、今年咲いてくれたら、と願っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle