サルビア・インウォルクラータ その11

今日は、サルビア・インウォルクラータ、サルビア・インポルクラータ、
ローズリーフセージ(シソ科)です。

この花は、2011年から育てています。
昨年は、11月6日がつぼみで、11月21日が開花でした。
それから半年で、今年の開花が始まりました。
いつものようにつぼみから開花の様子です。

2017.05.30 撮影 大きな塊=苞の中に花が入っています。
1706291.jpg

2017.06.01 撮影 少しずつ花が苞の中から出てきます。
1706292.jpg

1706293.jpg

2017.06.02 撮影
1706294.jpg

2017.06.03 撮影
1706295.jpg

2017.06.05 撮影
1706296.jpg

1706297.jpg
               生まれたての花です。
1706298.jpg

2017.06.08 撮影 花が咲いてしまうと、塊を包んでいた苞は脱落します。
1706299.jpg
               ここまでで、もう5段ほど苞が落ちています。
1706300.jpg

1706301.jpg

2017.06.11 撮影 羽を広げた鳥のようでもあります。
1706302.jpg

1706303.jpg

2017.06.14 撮影 次から次へと、花が咲いています。
1706304.jpg

1706305.jpg

サルビア・インウォルクラータ、調べたら、花期は8~10月でした。
昨年は少し遅くなって咲いて、今年は少し早くから咲いたようです。
これから、10月まで、次々と咲くのを期待しましょう(*^-^*)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年は空梅雨なのか花の咲くのが早い気がします。
家でもミソハギの花が早くから咲いています。
この土地まで工事をしなくて助かっています。
家の裏の裏の工事が始まります。
昨日は看板を掛けに来ましたが午後に見たら
無くなっていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

種蒔くんさま

そうですね、このサルビア・インウォルクラータ、
ついこの前まで咲いていたと思っていたのに、
もう咲いてくれて、驚いています。
次から次につぼみが生まれてくれるので、嬉しいです。
そう言えば、桔梗も1輪咲きました。

今日は、午後から雨が降り始めました。
長雨にならないといいのですが・・・

鍵コメさま

鍵コメさまのお言葉、
『「人の豊かなひろき心に咲くはなは、語り語られ道を諭す」
そのはなは、きっと
子どもや孫たちへ、そして、人から人に語り継がれて美しく咲き誇るでしょう。』
とても嬉しく思います。
これからも頑張って生きていこうと、さらに強く思いました。
ありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle