ユキノシタ その8

今日は、ユキノシタ(雪ノ下)(ユキノシタ科)です。

この花は、2010年に娘の家の庭から移植したものと、
2011年に知人からもらったものがあります。

2017.05.18 撮影 こちらは、2010年に移植した花です。
1706254.jpg

1706255.jpg
こちらは、ピンクのユキノシタとして、2011年に知人からもらった花です。
1706256.jpg

2017.05.22 撮影 ピンクのユキノシタも、咲き進むと白色になっています(^^;
1706257.jpg

1706258.jpg
               こちらは、生まれたてです。
1706259.jpg

2017.05.27 撮影 どんどん咲いています。
1706260.jpg

2017.06.05 撮影 2010年移植組ですが、日当たりがいいので、もう終盤です。
(これは、ジャーマンアイリスの鉢に、ランナーで侵食したものです。)
1706261.jpg

1706262.jpg

2017.06.06 撮影 
こちらは、2011年移植組、日陰なので、まだまだ咲きそうです。
1706263.jpg

1706264.jpg

ユキノシタ、ほんとうに可憐な小さな花ですが、
ランナーでの繁殖力は素晴らしく良くて、どんどん増えていきます。
そして、花期が凄く長くて、嬉しい花です。

今日は、もう一つ、花期の短いと言うか、1~3日花のゼフィランサスを。
ゼフィランサス、タマスダレ、レインリリー(ヒガンバナ科)です。
2017.06.11 午前中 撮影 つぼみです。
1706265.jpg
                     開き始めです。
1706266.jpg
           午後には、開き始めの方、咲いていました。
1706267.jpg
                  つぼみの方も咲いていました。
1706268.jpg

2017.06.12 撮影 先日の花は、もう萎れて、次の花が咲いています。
1706269.jpg

レインリリーと言う名前は、開花シーズンに乾燥した環境で、
雨が降って球根が潤うと花をわっと咲かせる傾向があるので、呼ばれています。
今年は今のところから梅雨なので、なかなか球根が潤わないのではと心配です。
1~3日花ですが、こうして、次々に咲いてくれるのが救いです。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
雪の下可愛い花をつけますね。
自分も先ごろ出先で見ましたが花の様子が
大文字草とよく似ていると思いましたが大文字草の花は
花弁が単色なのに対し雪の下の花は花弁の色が上と下で
異なっているのが面白いですね。

レインリリー早いですねしかもピンク柔らかい色が
良いですね。
この色は初見出下ありがとうございました。

ひげ爺さま

雪ノ下、ほんとうに、上の花びら3枚がピンクで、赤い斑点がついているのに、
下の花びらは、真っ白なのが面白いですね。
大文字草、ひげ爺さまは、お上手に育てられていますが、
私は、すぐに枯らしてしまって(^^;
でも、この雪ノ下は、ランナーで増えるので、まだまだ増殖中です。
日陰でも、日向と同じように咲いてくれる可愛い花です(*^^*)

レインリリー、今のところこの鉢だけが咲いています。
たぶん、2013年5月に5球=¥50で、購入したものだと思います。
毎年咲いてくれて、楽しませてもらっています。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle