モミジ その2

今日は、モミジ(紅葉)、カエデ(楓)(カエデ科)です。

この木は、2012年4月21日に、「富士河口湖桜まつり」の会場で、購入しました。
名前は、イロハモミジ‘出猩々' です。
若葉は美しい赤で、夏には緑色に戻る小型品種です。
昨年も5月16日のブログに載せていますが、
今年も若葉が出て育っていく様子を写真に撮りました。

2017.04.01 撮影 落葉した木の枝に、赤い新葉が、出始めました。
1704216.jpg

1704217.jpg

2017.04.03 撮影 花のつぼみと同じように少しふっくらしてきました。
1704218.jpg

1704219.jpg

2017.04.07 撮影 モミジの葉っぱになっています(^^ゞ
1704220.jpg

1704221.jpg

1704222.jpg

2017.04.09 撮影 

1704223.jpg

2017.04.12 撮影 葉っぱが開き始めています。
1704224.jpg

1704225.jpg

2017.04.16 撮影
1704226.jpg

1704227.jpg

1704228.jpg

このイロハモミジ‘出猩々' の新芽、ドキッとするほど真っ赤です。
夏までのしばらくの間、真っ赤なモミジを楽しみましょう。

【おまけ】
今日は、「浜田市に桜を育てる会」の第22回 観桜会でした。
私は模擬店の手伝いをしていて、席を開けられなかったので、
孫1号のお餅つきの様子を娘に撮ってもらいました。
1704229.jpg
孫1号が撮ってくれた八重桜です。
1704230.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家でもモミジを植えていますがこんなに赤い
葉っぱが出たでしょうか。最近は庭も余り見ていません。
小さい木なので気がつかないかも知れません。
新芽からこんなに赤いって素敵だと思います。

No title

こんにちは~
椛の芽出しきれいですね。
燃えるような赤さが良いですね。

流石男の子餅つきの姿格好いいですね。

もえる

春は花見、諸行事等で大賑わい
「観桜会」ごくろうさまです。
ばあさん心も真っ赤かか、1号ほっぺも真っ赤かか、戦力になりますね。
愛情たっぷり美味しい餅の出来上がり、ばあさんどこいく模擬店へ
コンビでないのが少々残念・・・。

気になりながらも・・・、ご無沙汰しました。

種蒔くんさま

うちにも、プロペラがついた種が飛んできて、
実生で育ったモミジがありますが、
そちらは新葉は黄緑色で、秋に紅葉します。
このイロハモミジ”出猩々“は、新葉が真っ赤で、次第に色褪せて、
夏には緑になって、秋に茶色になって落葉します。
真っ赤な新葉が素敵でしょ(*^-^*)

ひげ爺さま

イロハモミジ”出猩々“、芽出しから新葉、
ほんとうに燃えるような赤で素敵です(*^-^*)
小さな赤い芽が、次第に開いていって、
真っ赤な葉になっていくのを見てると、ワクワクします。

観桜会の司会者が、餅つきの人を募っているアナウンスがあったので、
そちらに目をやると、孫が並んでいました(^^ゞ
急いで、カメラを娘に渡して撮ってもらいました。
孫が持って来てくれた搗きたてのよもぎもち、美味しかったです(*^^*)

うちゅくぁさま

真っ赤かのイロハモミジ”出猩々“、綺麗でしょ(*^-^*)

観桜会、桜の会の有志が、焼きそばや焼き鳥、おでんなどを作って、
振る舞います。(もちろん入場会費の徴収はあります)
私は飲み物のかかりだったので、ジュースは無料で、
アルコール類は、¥100で販売していました(^^ゞ
孫の餅つき、実際に見ていたら、
杵が人にあたらないか、ハラハラドキドキだったと思うので、
できあがった搗き立てのお餅をもらった方が良かったです(^-^;

お元気で、なによりです。ご自愛くださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 9年まえにリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle