FC2ブログ

⑰ブルーマウンテンズ その2

今日は、2016年12月16日の「世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園」の続きです。

雨降りの中、鬱蒼とした森林の中を少し歩いて、
シーニック・ケーブルウエイの谷底駅に来ました。
雨の中、うっすらと岩が見えてる気がしました。
1701208.jpg
一気に545m上がります。
1701209.jpg
このケーブルウエイは、84人乗りです。
1701210.jpg

シーニック・ワールド頂上駅で、シーニック・スカイウエイに乗り換えます。
このスカイウエイは、ジャミソン渓谷の上空270mを登ります。
1701211.jpg
底がグラスボトム・フロアーになっていて、透けて見えます。
カトウーンバ滝が見えているとアナウンスがあったので、撮ってみました(^^ゞ
1701212.jpg
主人は高い窓から撮っていました(^-^;
1701213.jpg

スカイウエイ東岸駅に着くと、バスで移動して、
ガイドさんが、植物の説明をしてくれました。
ユーカリの木
1701214.jpg
良い匂いの木
1701215.jpg
松ぼっくりみたいなのがついてる木
1701216.jpg

それから、またバスで、「エコーポイント」に。
ここは、ジャミソン渓谷と、美しい3姉妹が岩に変えられたという
アボリジニの伝説を持つ奇岩「スリーシスターズ」を見ることができる場所です。
1701217.jpg
最初は、霧の中で全く見えず、しばらくして少し見えてきました。
1701218.jpg
これは、最初に乗ったレイルウエイの駅で見た看板の写真で、我慢しようかと(^^;
1701230.jpg
でも、みんなの願いが通じたのか、次第に見えてきました。
1701219.jpg

1701220.jpg
これでしっかりわかりますね。
1701221.jpg
ここまで見えたので、記念撮影(*^^*)
1701222.jpg
ジャミソン渓谷の山々の看板。
1701223.jpg
実際はこんな感じ(^^ゞ
1701224.jpg

1701225.jpg

これで、「ブルーマウンテンズ国立公園」の観光は終了。
シドニー市内の街中で、下車です。
1701226.jpg

このあたりの地下食堂街で、昼食を食べて、地上に出てくると、
工事中のビルの足場に、シドニーの空から撮った写真が(^-^;
1701227.jpg

1701228.jpg

ガイドさんお薦めの日本語の土産店で、お土産を買い、
16:00に、ホテルに集合して、シドニー空港へ。
空港で出会った美女たちと。
1701229.jpg

19:10 シドニー発のシンガポール航空で、8時間10分かけて、シンガポールに。
00:20 シンガポール着  
01:30 シンガポール発のシンガポール航空で、6時間15分かけて日本に。
08:45 関西国際空港着

これで、「メルボルンとシドニーを巡る7日間」の旅は終わりです。
長い間、お付き合いいただき、ありがとうございます。 
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
何処の国でも産業用の交通手段が観光ように生かされているのですね
ここ富山の黒部のトロッコ電車も電源開発に
使っていたものなのですよ。

No title

雨の中一気に450m、乗り換えて上空270m、透けて見える底からの景色は圧巻だったでしょうね。
匂いの大木、いいですね。伝説の奇岩悲しい物語かな?
思いが通じて美人出現ですね。よかった よかった・・・。
記念写真、笑顔の奥にはかすかな疲れが・・・
負けてはいません。えくぼだって、ひとみだって、笑みだって、優しさだって・・・黒髪豊かなおしどり旅人ここに立つ。

思い出深まる人生設計旅紀行楽しみました。

ひげ爺さま

そうでした(*^^*)
黒部峡谷を巡る旅、ここよりもっと大規模で、素敵でした(*^-^*)
2012年5月のひげ爺さまとお逢いした翌日のこと思い出しました。
立山の入り口でケーブルカーに乗って美女平、
高原バスで室堂の「雪の大谷」、トロリーバスで大観峰、
ロープウェイで黒部平、ケーブルカーで黒部湖、
徒歩で黒部ダム、トロリーバスで扇沢・・・素晴らしい景観でした(*^^)v
このブルーマウンテンズ国立公園、
晴れていればもっと素晴らしい景色に巡り合えたかもですが、
日本の富山の黒部の方がはるかに素敵です(*^^*)
外国に行って、日本の良さがわかりました(^-^;

うちゅくぁさま

ブルーマウンテンズ国立公園のシーニック・ワールド、
雨が降っていなければ、もっと素敵な景色が楽しめたでしょう(^-^;
ほとんど濃霧の中だったので、景色がほとんど見えなかったのが残念です。

良い匂いの木、ず~と名前を思いだそうと頑張っているのですが、
出てこなくって、モヤモヤしています(^^;

スリーシスターズのアボリジニの伝説は、
「スリー・シスターズにはマイナー、ウィムラー、ガナドゥという
美しい3姉妹が、村の長老によって岩に変えられてしまったというものです。
3姉妹は種族の違う3兄弟に恋をしていましたが、
種族の掟でその他の結婚は禁じられていました。
3兄弟は3姉妹を村から無理やり連れ出そうとし、争いが起きた為、
長老は3姉妹を守ろうとして岩に変えてしまったのです。
長老は争いが終われば、3姉妹を元の人間の姿に戻そうと
思っていましたが、みずから命を絶ってしまいました。
3姉妹は元の美しい人の姿に戻ることなく、
争いの名ごりとして岩のまま残されました。」となっています。
900mもある奇岩だそうです(*_*;

記念写真、たくさんの嬉しいお言葉、ありがとうございます。
いただいたお言葉に負けないように、
いつも微笑んで暮らしていたいと思います(*^-^*)

sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle