FC2ブログ

シャコバサボテン その10

今日は、シャコバサボテン(莎木庭仙人掌)、デンマークカクタス(サボテン科)です。

この花は、2007年の誕生日に、主人からもらった花鉢の子孫です。
本家の方は、昨年は11月18日には咲いていたのに、今年はまだ咲きません。
子孫の方は、昨年は11月19日が咲き初めでしたが、今年は今日です(^^ゞ

2016.11.24 撮影 今年最初の花を横から。
1611242.jpg

1611241.jpg

1611243.jpg
               上から。
1611244.jpg
               花の蕊が見たくて、持ち上げて撮りました。
1611245.jpg
               下のが2番目に咲きそうなつぼみです。
1611246.jpg
              つぼみをアップで。
1611247.jpg

この鉢には、オレンジ色のつぼみもあります。
1611248.jpg

1611249.jpg

そして、こんな変わった花も。
1611250.jpg

1611251.jpg

1611252.jpg

1611253.jpg
              この花の蕊はアップにしても見えません(^^;
1611254.jpg

シャコバサボテン、『ヤサシイエンゲイ』には、
「典型的な短日植物(日中の日の長さが短くなると花芽を付ける性質の植物)です。
具体的には日の長さがおおよそ12時間を切って気温が20℃以下になり、
それが約1ヶ月続くと花芽が作られます。
関東平地なら10月の下旬頃になるでしょうか。
人工の明かり(水銀灯や蛍光灯など)にも反応します。
花芽が形成される時期、夜間でも光が当たる場所に置いていると、
いつまで経っても日の長さが短くならないと勘違いし、花芽がつきにくくなります。
そのような理由で一年中部屋の中で育てていると花芽が付きにくくなると思います。」
と書かれています。
そう、学習したので、人工の明かりのつかない部屋に置いていたら、
こうして、きちんと咲いてくれました。
本家の方は、移動が少し遅れたので、もうしばらく待たないと、花芽はつかないようです。
また、花を一度期に咲かせたり、株の姿をよくするために必要な「葉摘み」が
疎かになっているので、遅れてるのかも(^^ゞ
花が咲く時期になって、もっと大切に育てないとと反省しています。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家のシャコバサボテンはピンクの花と同じ位です。
昨日の寒さで外に出していたので被害が有ってかも
知れません。今年は寒暖の差が大きく感じます。
早目の軒下の取り込みをしないと駄目かも知れません。
風邪が良くなっても少しは注意しますね。

No title

おはようございます。
シャコバサボテン咲き始めましたね。
我が家でも二鉢持っていますが赤い花がようやく一輪咲きました。
ピンクはもう少し後かなと思っています。
二色揃って咲くとた楽しみが倍増です。

種蒔くんさま

風邪は万病のもとですし、
治りたてで無理をすると、またぶり返すかもしれないので、
充分に注意してくださいね。

シャコバサボテン、昨年より、1週間ぐらい遅い咲き始めです。
昨年は、つぼみから約1週間で、全開になりました。
今年も1週間後の全開を楽しみにしています。

急な寒波の被害がないといいですね。

ひげ爺さま

はい、日中も含めて、ほとんど人工の明かりのないところに置いていたので、
何とか花芽を付けてくれて、1輪でも開花してくれて、嬉しいです(*^^*)
うちも、あと1週間後には、ピンク系とオレンジ系の
両方が咲いてくれそうで、楽しみにしています(*^-^*)
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle