FC2ブログ

ベゴニア その9

今日は、ベゴニア・センパフローレンス、四季咲きベゴニア(シュウカイドウ科)です。

その前に、8月23日のブログに載せた秋海棠(シュウカイドウ)、
つぼみだったのが9月に綺麗に咲きました。

2016.09.14 撮影
1611001.jpg

1611002.jpg

1611003.jpg

1611004.jpg

本題のベゴニアは、2009年5月から育てています。
この花は、非耐寒性宿根草ですが、園芸上では一年草扱いです。
たぶん、こぼれ種から発芽してるのでしょう(^^ゞ
今年は、薄いピンクが咲いてくれました。

2016.10.18 撮影 初々しい花です。
1611005.jpg

2016.10.25 撮影 
1611006.jpg
同じ花茎に、つぼみがあり、実ができ始めたのもあります。
1611007.jpg

2016.11.01 撮影 もう、緑色の実になっています。
1611008.jpg
               綺麗な花を、次第にアップして、
1611009.jpg

1611010.jpg

1611011.jpg

ベゴニアは、強健で、春夏秋を咲き続けます。
10℃以上あれば、冬でも開花するそうです。
花期が長くて、優しい感じの花が綺麗に咲いてくれて、
嬉しい花ですね(*^-^*)
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ベゴニアの花はピン色と色々を植えています。
まだ花は満開状態でさいていますよ。
ピンク色は冬越しも可能でそのままでも残って
春先には出て来ます。白の花は今年買った物なので
冬越しは不明なんです。大きさもピンクの倍の大きさに
なっています。宿根してくれれば最高です。

No title

こんにちは~

秋海棠は寒さにも強いので冬越しは気になりませんが
よく似たベゴニアは低温に弱いのでちょっと冬が気がかりです。

ぼつぼつと仮設の温室などを組み立てようと準備にかかったところです。

種蒔くんさま

ベゴニア、非耐寒性なのに、宿根できていいですね。
うちは、同じ鉢の中に、種を落としておくので、
そこから新しく芽が出てくるようです。
でも、この薄ピンク色は、昨冬、葉牡丹の寄せ植えに植えたもので、
秋になって、咲き始めました。
今春、芽が出てきたのは、成長はしていますが、花はまだ(^^;
今年は、随分と遅い生長です。
もう、寒くなったので、咲けないかもしれません。
この種をまた、蒔いておこうと思います。

ひげ爺さま

ベゴニア、ひげ爺さまが、チェリーセージのコメントで、
「花期が長くていいですね」と書かれていたので、
そう言えばと思って、写真を撮りました。
春夏秋と咲き続けるはずですが、
うちのは、秋になってやっとです(^^;
冬越しできるのもあるし、春になって芽が出てくるのもあって、
色々な時期に花が楽しめるのもいいですね。

簡易温室の準備に取り掛かられたのですね。
こちらも、最低気温が、10℃を下回ってきたので、
室内に入れないといけないのがあるのですが、
まだ準備が整わなくて・・・(^^ゞ
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle