FC2ブログ

⑬サンクトペテルブルク その4

今日も、サンクトペテルブルク エルミタージュ美術館の芸術作品です。

1608066.jpg

1608068.jpg

1608070.jpg

1608071.jpg

1608072.jpg

1608074.jpg

1608075.jpg

レンブラント 「フローラに扮したサスキア」 1634年作
1608076.jpg

ゴヤ 「アントニア・サラテの肖像」 1810-1811年作
1608077.jpg

ルーベンス 「大地と水の結合」 1618年作
1608078.jpg

花の絵を(^^ゞ
1608079.jpg

1608081.jpg

1608082.jpg

1608083.jpg

1608084.jpg

1608085.jpg

1608086.jpg

1608087.jpg

1608088.jpg

1608089.jpg

ダウリーダのヴィーナス 紀元前3世紀ギリシャ製の像のローマ時代のコピー
1608090.jpg

エルミタージュ美術館の主な絵画の所蔵作品は、
イタリア・ルネサンス
・レオナルド・ダ・ビンチ 「聖母ブノア」「リッタの聖母」
・ラファエロ 「コネスタビレの聖母」「聖家族」
・ジョルジョーネ 「ユデイト」
・ティツィアーノ 「ダナエ」「懺悔するマグダラのマリア」
・カラヴァッジオ 「リュートを弾く若者」
スペイン
・エル・グレコ 「使徒ペテロとパウロ」
・ベラスケス 「昼食」
・ゴヤ 「アントニア・サラテの肖像」
フランドル・オランダ
・ルーベンス 「大地と水の結合」「ペルセウスとアンドロメダ」
・ヴァン・ダイク 「自画像」
・レンブラント 「フローラに扮したサスキア」「ダナエ」」放蕩息子の帰還」
印象派以降
・ルノワール 「ジャンヌ・サマリーの肖像」「扇子を持つ女」「小さな鞭を持った少年」
・セザンヌ 「ピアノを弾く少女」「タバコを吸う男」「カーテンのある静物」
・モネ 「庭の女」「ジヴァルニーの干草」「ウォータールー橋」
・ゴッホ「アルルの女たち」「ライラックの木」「夜の白い家」
・ゴーギャン 「果物を持つ女」
・ルソー 「虎のいる熱帯の嵐」
・アンリ・マティス 「赤い部屋」「会話」「ダンス」
とWikipediaに書かれていました。
みんな見たはずだけど、写真がなくて(^^;

次回は、また室内の装飾を載せて、エルミタージュ美術館を終わりにしたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

展示品の写真を撮ることができるのは嬉しいですね。
日を置いてみていろいろ思い出してみるのも良いものです。

No title

いやはや、なんとも絢爛豪華で・・・
私だったら、もう疲れてしまって、ごちそうさまでしたぁ~~
っていってしまいそう^^

本当にけたはずれですね・・・・
なんだか、考えさせられてしまいました。

No title

すべての「芸術作品」にただうっとりです。
言葉みあたらず、眺めて時を過ごすのみ。

「新しい朝が来た 希望の朝・・・」
近くの公園からラジオ体操の音楽が・・・希望の一日の始まり

遅寝早起きの日々、今宵も美の世界へと・・・。

「リオ五輪」開幕。眠れぬ夜が続きそう。

ひげ爺さま

エルミタージュ美術館の展示品は、300万点を超えるとか。
写真を撮っておかないと、思い出せないことも多いですが、
こうして、アルバムやブログに残しておくと、
思い起こすことができて、助かります(^^ゞ
時々は、眺めて楽しみたいと思います。

mimihaさま

エルミタージュ美術館、5時間も鑑賞時間を与えられたので、
1階から3階まで、じっくり鑑賞できました。
写真は、主人と二人で、色々な角度から撮っているので、たくさん(*^^*)
今思うと、5時間もよく歩き回ったものです(^^ゞ
間で、1階にあるカフェで、サンドイッチとコーヒーをいただきましたが、
それ以外は休むところもありませんでした。
元気でないと、広い場所は、大変です。

どうして、自分のためだけに、こんなに大きな建物にし、
大量の芸術作品を集めたのでしょう。
権力者の考え、理解に苦しみますね。

うちゅくぁさま

拙い写真ですが、少しは芸術作品の鑑賞ができましたか。
ものすごく広い場所に、ポツンポツンと置かれているのを、
説明を聞きながら、写真を撮っていました(^-^;
広々としているのと、湿度が低いので、
歩いても汗をかかなかったのが幸いでした。

日本の夏、ほんと高温多湿で、疲れますね。
私が流す汗を見て、「そんなに汗をかいたら、死んでしまう」って、
主人が言っていますが、当の本人はいたって、苦になりません。

「リオ五輪」、日本選手に期待ですね。
しっかり応援しようと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle