FC2ブログ

⑦スズダリ

今日は、2012年7月13日、「黄金の環」のスズダリ観光の様子です。

観光に行く前に、ホテルの花たちを撮りました(^^ゞ
花壇
1607385.jpg

何の実でしょうか?➡mimihaさまに、「ナナカマド」と教えていただきました。
1607386.jpg

この花は?➡mimihaさまに、この花も「チコリー」と教えていただきました。
1607387.jpg

1607388.jpg

この花も?
1607389.jpg

1607390.jpg

スズダリは、30の修道院、200以上の古い木造建築が残り、
まるで町全体が、屋外博物館のようです。

ホテルから「世界遺産 クレムリン」を目指します。
1607391.jpg

行く途中の教会や修道院
1607392.jpg

1607393.jpg

クレムリン南部の川を渡ったところにある木造建築博物館の建物
1607394.jpg

1607395.jpg

1607396.jpg

1607397.jpg

こちらも教会のようです。
1607398.jpg

1607399.jpg

1607400.jpg

「世界遺産 クレムリン」;11世紀に建設されたクレムリンで、
カーメンカ川のカーブを利用した約1.4kmの土塁が今も残る。
内部には、現存するスズダリで一番古い建築物で、
黄金の門が有名なラジヂェストヴェンスキー聖堂、鐘楼、
府主教宮殿などが、博物館として保存されています。

1607401.jpg

1607403.jpg

1607404.jpg

1607405.jpg

1607406.jpg

1607409.jpg

1607410.jpg

次回は、同じスズダリのスパソ・エフフィミエフ修道院の紹介です。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
異国情緒あふれる石造建築に混ざって木造建築も見えますが
デザインが同じなのが面白いですね。

異国にあって立葵などこちらでも見ることの出来る花が
あることにも驚きですね。

No title

実はナナカマドで、青い花はチコリでしょか?
ナナカマドは北海道では普通に見られる木です^^

ロシアの建物。玉ねぎ形のドームがやっぱり何といっても
楽しいし、きれいて゜すね^^
いったい誰が最初に玉ねぎドームをかんがえたのでしょうね^^
季節が夏で、本当によかったですね!!

ひげ爺さま

ほんとうに、異国情緒あふれる教会や修道院ですね。
ここスズダリには、200以上の木造建築が残されているとか。
11世紀からクレムリンが築かれていたのですから、
随分と古い建物がそのまま残っているのは、
日本の京都のようですね。

花は、世界共通のようです(*^-^*)
ほんと、異国で知っている花に出逢えると、なんだかうれしくなります。

mimihaさま

実と花の名前、教えていただいて、ありがとうございます。
赤い実はナナカマドなのですね。
同じ2012年5月に、「いいとこどり北海道旅行4日間」をした時に、
小樽や富良野で、真っ白い小花に出逢ったのを思い出しました。
あの花が、この実になって、秋には真っ赤になるのですね。
チコリーは、全く知らない花でした(・。・;
調べたら多年生野菜と書かれていました。
ハーブとして、活躍してる花なのですね。

玉ねぎドーム、ほんとうに、楽しいですね(*^^*)
いろいろな色の玉ねぎドームがあって、愉快でした(*^^)v
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle