FC2ブログ

④セルギエフ・ポサード

今日は、2012年7月12日に行った「世界遺産セルギエフ・ポサード」観光です。

この「世界遺産セルギエフ・ポサード」は、昔、ロシア聖教の総本山でした。

「トロイツェ・セルギエフ修道院」
16世紀に築かれた城壁の内側に、14~18世紀に建てられた教会群がある。
創建したのは、セールギー・ラードネシュスキー。

1607323.jpg
城壁の前まで来ると、中で写真を撮る許可書を購入しに行きます。
許可書売り場からの眺め。
1607324.jpg

1607325.jpg

この門から入って、見学です。
1607327.jpg

中の塔も通リ抜けて抜けて、(ここからは主人のカメラのみ撮影)
1607328.jpg

ウスペンスキー聖堂;1585年完成。
イワン雷帝の命により、モスクワのウスペンスキー聖堂を模して建てられた。
1607331.jpg

1607332.jpg

鐘楼
1607333.jpg

1607334.jpg

聖堂内部の様子です。
1607335.jpg

1607336.jpg

1607337.jpg

1607338.jpg
鐘楼
1607339.jpg

トロイツキー聖堂;1423年完成。
聖セルギーの墓所の上に建てられ、彼の棺が教会内に安置されている。
1607341.jpg

1607342.jpg

1607344.jpg

1607345.jpg

1607347.jpg

トロイツェ・セルギエフ修道院を後にして、対面の丘に移動、
そこで、昼食を食べて、振り返ると、トロイツェ・セルギエフ修道院が綺麗に見渡せます。

1607348.jpg

1607349.jpg

1607350.jpg

この後、中世の古都群「黄金の環」を巡ります。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日の建物は、白を基調にしながら、柔らかな色彩をシャーベットの
ように配色して、デリケートな美しさをかんじさせてくれますね^^
宗教と人との関わり、時々とっても理解に苦しむこともありますが、
人として、心の平安を求めるのは、みんな同じなのでしょうか。
そんな美しく優しい建物の色でした。素敵です^^

mimihaさま

美しく優しいロシアの修道院、そんな建物を満喫していただけて、
私もうれしいです。
中世ロシアの古都が、そのまま残されていて、観光できて、
楽しかったこと思い出しています。
この修道院の城壁の中は、外部とは違って、
たくさんの草花も植えられていて、素敵な空間でした。
ロシアで見た草花の写真も、また載せたいと思っています。
ここから先の中世の古都群「黄金の環」も素敵な建物が続きます。
楽しんでくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle