FC2ブログ

薔薇 その39

今日は、薔薇(バラ科)です。

まず最初に、娘の家の庭、先代さんが植えておられた真っ赤な薔薇です。

2016.05.18 撮影
1606026.jpg

2016.05.19 撮影
1606027.jpg

花壇に、地植えしているからか、ほとんど何もしていないのに、毎年開花するそうです。

次に、amocsさまから、昨年いただいたスイートチャリオット。

2016.05.22 撮影 つぼみです。
1606028.jpg

2016.05.23 撮影 つぼみが膨らんで。
1606029.jpg

2016.05.24 撮影 今年最初の花です。
1606030.jpg

2016.05.26 撮影 2輪咲いています。
1606031.jpg

2016.05.27 撮影 翌日には、萎れています。
1606032.jpg

3番目は、のぶり~んさまから、一昨年いただいた「安曇野」

2016.05.26 撮影
1606033.jpg

1606034.jpg
この写真、アップで見ると、つぼみに小さなアブラムシがぎっしり(^^;
もっと、前に取り込んでおけば、被害がなかったかも・・・・・

2016.06.02 撮影 それでも、2輪目も咲き始めました。
1606035.jpg

虫の被害と言えば、こちらも。
今年の母の日に、次女家族からもらったブルドゥネージュ。

2016.05.27 撮影 こちらにも、アブラムシがいっぱい(^^;
1606036.jpg
2016.06.02 撮影 つぼみが被害にあってます。
1606037.jpg

最初のつぼみは自然に落下して、新しくできたつぼみなのに、残念です。

その前の5月24日、ホームセンターに行ったら、残っていた薔薇苗が¥200に。
もちろん、連れて帰って、植え付けました。
1606038.jpg
ラベルです。
1606039.jpg

今年の花は無理かもしれませんが、上手く育ってくれたらと思います。

最後に、ドリフトローズの葉についていたこれ・・・
2016.06.03 撮影
1606040.jpg

なんだか小さなリンゴのようで、可愛い実のようですが、
葉っぱの途中に出来ているので、虫の卵かもと、調べました。
バラハタマバチが産んだ卵からコブができるそうです。
そして、このコブにも、名前が・・・バラハタマフシ(薔薇葉玉節)
しばしの間、自然の造形美を眺めていました(^^ゞ
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バラの花は害虫はつくし病気に弱いので
植えるのを遠慮していましたが、昨年買った
ツルバラがとてもいい具合に咲きました。
その写真が無かったですね。バラの写真は
苦手かも知れません。
ジューンペリーの後に植えています。

種蒔くんさま

薔薇、魅力的な花です(*^^*)
病気や、虫がたくさんで、大変だけど、
咲いた時の感動は大きいです。
剪定が苦手で、躊躇していた私に、
薔薇の挿し木苗を送ってくれたブロ友さんに、
今はすごく感謝しています。
難なく咲く花も嬉しいけど、
障害を克服して咲く花も愛おしいです(^-^;

種蒔くんさまのツルバラの写真、載せてくださいね。

No title

スイートチャリオット、咲きましたね!

蕾が落ちた理由、5.27の写真の花についてる小さな虫
バラゾウムシですね。
見つけたら、手デトールですね。
そして、蕾に卵を産むそうですから
黒い斑点がついた蕾は、ゴミで捨てないとダメだそうです。

¥200のバラ苗、ミニバラ並みのお値段ですね!
バラハタマバチ、うちは来たことないです。
このコブも写真で見たことはありますが、現物はないです。

虫にもバラ庭と認められちゃったようですね。

amocsさま

スイートチャリオット、おかげさまで、綺麗な花を見ることができました。
ありがとうございます。

蕾についてる虫、バラゾウムシなのですね。
私の肉眼で見てる時には、「蕾ができてきてよかったぁ」
「今度のは綺麗な蕾♡」って、喜んでいたのですが、
写真をとりこんで、アップしてみると、虫がいっぱい(;´Д`)
蕾は自然にとれてしまったので、落ちているのを拾って処分しました。
今度、蕾が出来たときは、すぐそばで見れるところに鉢移動して、
手デトールします(^^ゞ

虫にはバラ庭と認められたみたいですが、
肝心の花が少ないので、これからじっくり取り組んで、
立派な花が咲くバラ庭にしたいと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

とっくん


Author:とっくん
北九州で育ち、結婚して、 島根県に住んでいます。
34年間のフルタイムの仕事も 11年前にリタイアし、
3人の子育ても一段落した今、
ゆっくりとした時間の中で、庭の花を育てる楽しみと
つれあいと二人での旅を  満喫しています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle